海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >台湾 >タイペイ(台北) >台湾・台北で絶対行くべきおすすめ観光スポット5選(初心者編)

台湾・台北で絶対行くべきおすすめ観光スポット5選(初心者編)

2018年06月27日

台湾一高い建物「台北101」の全貌

日本からの海外旅行先として大きな注目を浴びている台湾の一大都市台北。日本からも飛行機で約3時間で到着でき、文化や食事も日本人によく合うので、一度訪れたら台北の魅力にハマってしまう人も続出中です。今回は、これから台北旅行を計画しているという人に向けて、台北初心者にぜひおすすめしたい台北の観光スポットを5つ紹介します。

台北を訪れたら絶対行きたい「中正紀念堂」

毎日外国人観光客でにぎわう「中正紀念堂」

「中正紀念堂」は、故・蒋介石に対して哀悼の意を込めて建てられた記念堂です。台湾の「青天白日満地紅旗」から取った青と白で彩られ、「忠、孝、仁、愛、信、義、和、平」の八德を示す八角形のデザインとなっています。記念堂へと続く階段は84段、そして入口手前の5段を合計すると全部で89段となり、89は蒋介石の亡くなった年齢を示しています。

広大な敷地をのんびり散歩もよし!

約25ヘクタールの広大な敷地には、國家音楽廰と國家戲劇院もあります。音楽廳と歌劇場の下には、雑貨店やカフェなどが入っていますので、観光中の休憩にもおすすめです。「中正紀念堂」では、毎時ちょうどの時間に衛兵交代があり、記念堂散策と合わせてぜひ見学してみてください。

■中正紀念堂
・住所:台北市中正區中山南路21號 台湾
・最寄駅:MRT中正紀念堂駅
・開館時間:9:00~18:00
 衛兵交代 毎時0分、最終17:00
 夏季:4月1日~9月30日 掲揚6:00、降納18:10
 冬季:10月1日~3月31日 掲揚6:30、降納17:10
・URL:https://www.cksmh.gov.tw/jp/

台北のランドマーク「台北101」

台湾一高い建物「台北101」

2004年に完成した台湾の新世代のランドマークともいえる「台北101」は、高さ約508メートル、地上101階建て、地下5階まである超高層ビルです。完成当時は世界一高い建造物として認定され、2007年にドバイのブルジュ・ハリファに抜かれるまでその記録を誇っていました。伝統的な宝塔と竹の節をイメージした8つの節があるデザインは、中華圏で縁起のよい「八」という数字を取り入れています。

展望台からは台北の街を一望

「台北101」は、5階までがショッピングセンターとなっています。5階のチケットセンターで入場券を購入し、専用高速エレベーターで89階の展望台に行くことができます。台湾一高い建物から眺める台北の街の眺めは、きっと忘れられない旅行の思い出になること間違いなし。初めて台北を訪れたら、ぜひとも行きたい定番観光スポットです。

■「台北101」展望台
・住所:台北市信義路五段七号89階 台湾
・最寄駅:MRT台北101/世貿駅
・営業時間:9:00~22:00(最終入場21:15)
・展望台入場料:大人チケット NT$600
・URL:https://www.taipei-101.com.tw/jp/

おみやげ探し&恋愛の神様にお参り「迪化街」

赤レンガの街並みが続く「迪化街」

台北の西の端に位置する「廸化街」は、乾物やお茶などの問屋街が続いています。赤レンガでできたバロック調の建物が立ち並ぶ様子は、台湾らしい雰囲気をたっぷりと味わうことができます。台湾茶やからすみなど、台湾みやげを取り扱う店が多く、ショッピングにも最適なエリアです。通り沿いにある永樂市場の2階は、布問屋が揃っており、クラフト好きな人にもたまらない場所です。

「月下老人」が祭られる「台北霞海城隍廟」

恋のパワースポットとして有名な恋愛の神様「月下老人」が祭られる廟「霞海城隍廟」も迪化街にあります。台湾全土から「月下老人」のパワーをもらいに、毎日多くの参拝者が訪れます。恋愛運をアップさせたい人はお供えセットを購入し、ていねいにお参りをして、赤い糸のお守りを手に入れてみてください。

■迪化街エリア
・住所:台北市大同區迪化街 台湾
・最寄駅:MRT北門駅

水辺の街「淡水」でロマンチックなひとときを

紅毛城・前清英國領事官邸

台北近郊の観光スポット「淡水」は、台北中心部からMRT(地下鉄)利用で約50分の場所にあります。MRT淡水・信義線(レッドライン)を終点まで乗って行くと到着し、気軽に行ける近郊の観光地でもあります。

「淡水」は、オランダ・スペインに統治されていた歴史があります。その時代に建てられた西洋風の建築物、また日本統治時代に建てられた和風建築の文化財など、貴重な歴史建築が多く残り、それぞれが放つ異国情緒を感じられる街でもあります。

■紅毛城・前清英國領事官邸
・住所:新北市淡水區中正路 28 巷 1 號 台湾
・開館時間:月~金曜9:30~17:00、土・日曜9:30~18:00(夏季は20:00まで)
・入園料:80元
・URL:http://www.tshs.ntpc.gov.tw/xmdoc/cont?xsmsid=0G245655848901208901&sid=0G256572147454082193

「淡水」の漁人碼頭

「淡水」のメインエリアから遊覧船に乗って約15分ほどで到着する「漁人碼頭(Tamsui Fisherman's Wharf)」は、台北きってのデートスポットとして知られています。「情人橋(バレンタインブリッジ)」という「淡水」のシンボルでもある白い橋から見る夕日は、台湾が誇る絶景ともいわれています。旅先でロマンチックなひとときを過ごしてみたいという人におすすめのエリアです。

■淡水 漁人碼頭(Tamsui Fisherman's Wharf)
・住所:新北市淡水區沙崙里第二漁港 台湾
・URL:http://tour.ntpc.gov.tw/page.aspx?wtp=1&wnd=136&id=124719663c600000a2d8

台湾グルメの宝庫「士林夜市」

「士林夜市」のメインエリア士林市場

台北旅行では、おいしい台湾グルメを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。ローカルな台湾グルメを味わうならぜひ「夜市」に行ってみましょう。台北最大の夜市と言えば「士林夜市」です。MRT劍潭駅の1番出口を出て、大通りを渡った辺りから広がる一帯に、さまざまな屋台が所せましと並んでいます。

台湾名物牡蠣オムレツ「蚵仔煎」

士林市場は、リーズナブルでおいしい台湾の屋台グルメが一同に勢ぞろいし、B級グルメ好きにはたまらない場所です。夜市では、いろいろな食べ物を買って、食べ歩きをするのが醍醐味です。

世界中から多くの観光客が訪れる「士林夜市」は、実はスリ被害が頻発している場所でもあります。夜市散策の際には、絶対に貴重品からは目を離さないでください。楽しく安全に台北の夜市を満喫してください。

■士林夜市
・住所:台湾台北文林路・基河路周辺 台湾
・最寄駅:MRT劍潭駅
・URL:http://www.shilin-night-market.com/

いかがでしたか。TV番組や雑誌などで台湾特集がよく組まれていますので、台湾に行ってみたいと思っている人も増えているのではないでしょうか。今回紹介したスポットは台北のMRT(地下鉄)駅から近く、台湾初心者の方でも気軽にまわる場所ばかりです。ぜひこれらのおすすめスポットを参考に、楽しい台北旅行を堪能してみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事