海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >台湾 >台湾 その他の都市 >初冬の今が旬!台北から約1時間の龜吼へ「萬里蟹」を食べに行こう!

初冬の今が旬!台北から約1時間の龜吼へ「萬里蟹」を食べに行こう!

2016年12月01日

11月~12月が萬里蟹のシーズン

台北から車で約1時間ほどの場所にある台湾北海岸の「萬里」エリアでは、11月~12月にかけておいしい「萬里蟹」が獲れることで有名です。

萬里エリアの龜吼は蟹の産地
萬里エリアの「龜吼」という場所は、海沿いの漁港エリアで萬里蟹の産地として有名です。蟹が旬の時期になると台湾中からおいしい萬里蟹を求めて多くの人が訪れます。



龜吼の漁港
龜吼漁夫市集

漁港には「龜吼漁夫市集」というマーケットがあり、問屋から直接、萬里蟹や新鮮な魚介類を購入することができます。

たくさん並ぶ萬里蟹
獲れたての萬里蟹

萬里蟹が旬の時期にマーケットを訪れると、一面に広がる蟹の水槽に驚くこと間違いなしです!色々な蟹が水槽に入って販売されています。
実は、「萬里蟹」とは萬里エリアで収穫される蟹の総称で、「花蟹」「三點蟹」「石蟳」といった種類のこのあたりで獲れる蟹のことを指しています。

マーケットの奥の屋台エリア

龜吼のマーケットを奥に進むと、屋台料理のお店が並び、ここで新鮮な魚介類の料理を味わうこともできます。

周辺レストラン前に並ぶ蟹の水槽

龜吼のマーケット周辺には特産の魚介類を味わえるレストランもたくさんあります。店先には新鮮な萬里蟹がずらりと並び、その光景は圧巻です。

龜吼の三明美食海鮮餐廳
「龜吼漁夫市集」近くにある「三明美食海鮮餐廳」は、この辺りでも特に人気のレストランです。


水槽から新鮮な萬里蟹を調理してくれます

特にメニューはない、台湾スタイルの食堂で、1階の水槽前でお店の人と相談しながら好きな魚介類の調理方法を決めていきます。萬里蟹は重さで値段が決まります。

沙母(稱沙蟳)
美しい「花蟹」

蟹は主に蒸し蟹にします。「沙母(稱沙蟳)」という赤一色の蟹は、大きくて味噌もたっぷりです。1杯1000元ほどで萬里蟹の中でもおいしいと人気です。赤と白の模様の美しい「花蟹」は、1杯600元ほどです。身がしまり、甘くておいしいです。

萬里エリアでは、蟹の産地とあって、台北市内で食べるよりもうんとリーズナブルにおいしい蟹が味わえると人気です。野柳地質公園にも近いエリアなので、観光と合わせて立ち寄るのもよいですね!地元色が強いので、しっかり楽しみたいときにはガイドさんの案内の元訪れるのがオススメです。

蟹が旬な今の時期に、ぜひ萬里エリアを訪れておいしい蟹を味わってみてください!

【データ】
店名:三明美食海鮮餐廳(サンミンメイスー)
住所:新北市萬里區龜吼村漁澳路64-5號
Tel: 02-2492-4932
営業時間: 11:00-21:00
URL:http://tour.ntpc.gov.tw/page.aspx?wtp=1&wnd=140&id=13758918279000005bcf



お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事