海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >ベルギー >ブリュッセル >【2021年11月 ベルギー 旅の最新情報】観光客の受け入れ、フライト、主要都市の様子

【2021年11月 ベルギー 旅の最新情報】観光客の受け入れ、フライト、主要都市の様子

2021年11月09日

クリスマスのもみの木が立つブリュッセルのグラン・プラス

ワクチンの接種が進み、感染状況が段々と落ち着いてきたベルギー 。ワクチン接種完了という条件付きで、多くの国から制限なく入国することができます。9月1日~規制が緩和されたため、行動制限が少なくなり、観光スポットやショップ、レストランなどは、通常に近い営業になってきています。

観光客の受け入れ状況

ブリュッセルのカフェ

<ベルギー国内のコロナ感染状況>
感染者が非常に多かった時期に比べて、だいぶ落ち着いてきましたが、10月中旬から感染者数が増えています。ベルギー国立公衆衛生研究所の発表によると、10/19~10/25の感染者数は平均6,096人で、前週と比較して68%増加しました。

ベルギーでは全人口の70%近くがワクチン接種済みですが、ブリュッセルやワロン地方の一部でワクチン接種が進んでいない地域もあります。こうした地域での対策が課題となっているようです。


<そもそも入国できるか?>
ワクチン接種証明書(原本)があれば、日本人観光客でもベルギーに入国できますが、ワクチンを必要回数接種した後、2週間以上経過している必要があります。また、ベルギーに48時間以上滞在する場合には、渡航者位置特定フォーム Passenger Locator Formの提出が必須です。

渡航者位置特定フォーム
・URL: https://travel.info-coronavirus.be/public-health-passenger-locator-form


<隔離などの条件>
ワクチン接種証明書を提出して入国した場合、初日または2日目に行ったPCR検査で陰性であれば、自己隔離を終了することができます。

※最新情報については、下記サイトなどで確認してください。
ベルギー公衆衛生省新型コロナ特設サイト
・URL: https://www.info-coronavirus.be/en/
在日ベルギー大使館
・URL: https://japan.diplomatie.belgium.be/en
在ベルギー日本国大使館 
・URL: https://www.be.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

航空便・空港の状況

ベルギーへの玄関口 ブリュッセル空港

<ANA直行便の運行予定>
2021年10月までは週1便でしたが、11月以降は週2便に増えています。

2021年11月1日〜2022年1月11日
東京⇔ブリュッセル 週2便(水、土)
※入国規制などの影響により、スケジュールは調整される可能性がありますので、事前に確認してください。

<空港の様子>
ブリュッセル空港内や飛行機ではマスクの着用が義務付けられています。各所に消毒液もあり、利用が推奨されています。「セーフステーション」と呼ばれるエリアには、マスクの自動販売機も設置されています。

主要都市の街なかの様子

ブリュッセルのギャルリー・サン・チュベール

<マスク着用義務について>
以下の場所では、12歳以上であればマスク着用が義務付けられています(後述のコロナセーフチケットを使用する場合は除く)。

店舗やショッピングセンター。劇場、コンサート会場、映画館、博物館、屋根付き遊園地やテーマパーク、文化・祭事・スポーツおよびレクリエーション活動を目的とする建物。医療施設、企業、図書館や宗教施設など公共の建物、司法関連の建物など、一般人が入館できる場所。

9月1日以降、ベルギーではさまざまな規制が緩和されており、レストランやカフェの営業時間や店内の人数、人と人との距離といった規制がなくなっています。

<レストランなどの利用にあたって>
コロナセーフチケットCovid Safe Ticket(ワクチン接種証明、回復証明、または陰性証明)が導入されています。使用必須の条件は地域によって異なっていましたが、感染の拡大を受け、11月1日よりベルギー全土の飲食店、フィットネス施設、イベント(屋内200名以上、屋外400名以上)などで必要になりました。

コロナセーフチケット
・URL: https://covidsafe.be/en/

TEXT: 『地球の歩き方 ガイドブック A19 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2021年~2022年版』編集担当 カース 平林加奈子 
PHOTO: iStock

旅のバイブル「地球の歩き方」ガイドブック

地球の歩き方 ガイドブック A19 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2021年~2022年版

絵本のようなかわいらしい町並みで訪れる人を魅了するベネルクスの国々。チューリップやベゴニアなど、花の絶景スポットから、ゴッホ、フェルメール、レンブラント、ルーベンスといった人気画家ゆかりの地まで、各国の見どころをたっぷり紹介。「ミッフィー」や「タンタン」など人気キャラにも会える!

■地球の歩き方 ガイドブック A19 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2021年~2022年版
URL: https://hon.gakken.jp/book/2080128400

※当記事は、2021年11月1日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年11月1日現在、ベルギーへの日本からの観光目的の渡航はできません。渡航についての最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

≫≫≫(関連記事)各国の海外旅行最新事情はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック A19 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2021年~2022年版

地球の歩き方 ガイドブック A19 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2021年~2022年版

地球の歩き方編集室
定価:1,870円(税込)
発行年月: 2020年08月
判型/造本:A5変並製
頁数:448
ISBN:978-4-05-801284-0

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース