海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >チェコ >チェコ その他の都市 >今、チェコで訪れるべきホットスポット5選

今、チェコで訪れるべきホットスポット5選

2018年09月04日

チェコ国内を流れるヴルタヴァ川

チェコ政府観光局・チェコツーリズムは、今、チェコで訪れるべき5つのホットスポットを発表しました。興味深いスポットが多数ある観光国家・チェコ。歴史と共に語り継がれてきたそれらのスポットは、どれもこれも見逃せないところばかりです。チェコ政府観光局・チェコツーリズムが発表した5つのホットスポットを参考に、チェコ旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

1.中世の居酒屋で盛りあがる「ディテニツェ城」

中世の居酒屋で宴を楽しみましょう

中世の騎士、道化師、伝統衣装を着た使用人に囲まれながら宴を楽しんでみたいなら、チェコで人気の城、ディテニツェ城を訪れてみましょう。城内の見学を終えたら、歴史的なセラー内に作られた中世の居酒屋で食事をすることができます。

このディテニツェ城では、18世紀のレシピに基づき醸造されたダークビールとライトビールを味わうことができます。踊り子、剣士に囲まれながら、かまどで作られた料理を手づかみで食べる、そんな体験が待っています。

■ディテニツェ城
・住所:Zámek Dětenice, 507 24 Dětenice, Czech
・URL:http://www.czechtourism.com/jp/c/detenice-chateau/

2.当時の流行がわかるブルノの「ユルコヴィッチ邸」

アール・ヌーヴォーとフォークロアのコンビネーションが美しい内装

世界遺産に登録されている建築やモニュメントは、言うまでもなくすばらしい価値があります。一方で、その陰に隠れたスポットが心に残る場所だったりすることも多いものです。その言葉をまさに体現するのがブルノのユルコヴィッチ邸。

アール・ヌーヴォーと豊かなフォークロアスタイルのコンビネーションがとても美しい邸宅は、スロバキア人建築家ドゥシャン・ユルコヴィッチによって1906年に建てられました。この邸宅は、建築家自身と家族の住まいとしてだけではなく、当時のヨーロッパにおける建築と住居文化の流行を表しています。

■ブルノのユルコヴィッチ邸
・住所:Lázeňské náměstí 109 763 26 Luhačovice, Czech
・URL:http://www.czechtourism.com/jp/n/dusan-jurkovic-footsteps-architecture/

3.完璧に再現された「ミニチュアパーク・ボヘミニウム」

ピルスナー・ウルケル醸造所の門も1:25サイズ

なかなか長期旅行ができないけれども、本当は数々のユニークな建築スタイルをいろいろ見て回りたい。そんな想いを叶えられる場所があったら行ってみたいと思いませんか。しかも豊かな自然に囲まれ、季節ごとに異なる景色を楽しめる静かな場所なら、なおさらではないでしょうか。

ミニチュアパーク・ボヘミニウムは、チェコ3大スパタウンのひとつとして知られるマリアーンスケー・ラーズニェにあるテーマパークです。チェコ国内の有名な建築や産業分野の名所(城郭、宮殿、物見台など)が、1:25サイズで完璧に再現されています。

■ミニチュアパーク・ボヘミニウム
・住所:Park Boheminium Mariánské Lázně areál Krakonoš 665, 353 01 Mariánské Lázně, Czech
・URL:http://www.czechtourism.com/jp/c/marienbad-boheminium/

4.砂岩のアーチがある「ボヘミアン・スイス国立公園」

プラフチツェ門 ©Václav Sojka

歴史的な建築物や芸術もよいですが、緑豊かな場所をもっと堪能したい、ナルニア国のような世界を堪能したいなら、チェコでもっとも観光客が訪れる国立公園のひとつ、ボヘミアン・スイス国立公園がおすすめです。

プラハから電車とバスを使って、わずか2時間足らずでたどり着くこの場所には、美しい景色と神秘的な世界が広がっています。観光客が目当てに訪れるのが、プラフチツェ門です。幅27メートル、高さ21メートルのヨーロッパでもっとも大きな砂岩のアーチ型モニュメントは、国立公園のいわばシンボルになっています。

真下から眺めるアーチは、溜息がでるほどの美しさです。もしも冒険好きなら、エドムンド峡谷とワイルド渓谷まで足を延ばしてみましょう。これらの場所は、手漕ぎボートのみでしかたどり着けない秘境です。道中は、両脇にそびえる150メートルもの石の壁の景色を楽しみながら、渡し守による興味深い話を聞いてみましょう。

■ボヘミアン・スイス国立公園
・住所:Dům Českého Švýcarska Křinické náměstí 1161/10 Krásná Lípa, Czech
・URL:http://www.czechtourism.com/jp/c/bohemian-switzerland-national-park/

5.小さな街、フルディムの「マリオネット博物館」

チェコ随一のマリオネット博物館

かわいらしいマリオネットと歴史を感じる美しい舞台がお好きなら、小さな街、フルディムを訪れてみましょう。街の中心の広場からすぐのところに建つマリオネット博物館は、1972年から多くの観光客を迎えています。劇場がない時代の巡回公演で使われていた人形から現代の人形まで、約50,000のコレクションから選ばれた人形を鑑賞しながら、チェコの人形劇の歴史を学べます。

常設展示では、イジー・トルンカやヨゼフ・ヴァルハラ、ヴォイタ・スハルダなど20世紀の有名な人形劇アーティストによる作品を堪能し、チェコスロバキア共和国の時代に社会的ブームとなった家庭用の人形劇場に注目してみましょう。

プレイルームでは、自身で人形劇の操作を体験することも可能です。また、人形のコレクション以外にも、博物館設立当初からある Mydlář House は、ルネッサンス建築の傑作としても知られています。

■マリオネット博物館
・住所:Muzeum loutkářských kultur v Chrudimi Břetislavova 74 537 60 Chrudim, Czech
・URL:http://www.czechtourism.com/jp/c/chrudim-puppet-museum/

いかがでしたか。チェコ政府観光局・チェコツーリズムが発表した、今、チェコで訪れるべき5つのホットスポットを紹介しました。5つのホットスポットを参考に、チェコ旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事