海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >フィンランド >ヘルシンキ >初心者必見! フィンランド・ヘルシンキ大聖堂を100倍楽しむ完璧ガイド

初心者必見! フィンランド・ヘルシンキ大聖堂を100倍楽しむ完璧ガイド

2019年08月18日

ヘルシンキのシンボル、ヘルシンキ大聖堂と元老院広場

フィンランドの首都ヘルシンキのシンボル、ヘルシンキ大聖堂と元老院広場を紹介します。どちらも観光名所としても外せない人気の場所ですが、1年を通してさまざまな行事で地元の人々が集う大事な場所でもあります。観光客はもちろんのこと、地元の人々に絶え間なく愛され続けているヘルシンキ大聖堂と元老院広場の歩き方、見どころ、アクセス方法などを紹介します。

白亜のヘルシンキ大聖堂とは!?

夏は大階段にたくさんの人が休憩する光景が見られる

ヘルシンキ大聖堂は、真っ白い外壁と5つのドームが美しい福音ルーテル派の総本山です。フィンランド語で「Helsingin Tuomiokirkko」、英語で「Helsinki Cathedral」といいます。ヘルシンキ大学キャンパス、国立図書館、市役所、政府機関が密集するヘルシンキの中心部にあり、目の前の元老院広場とともに街のランドマークとなっています。

サイドの入り口からヘルシンキ大聖堂の中へ

どこから見ても同じ様相のヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大聖堂の建築スタイルは、新古典様式(Neoclassic)といわれています。ドイツ人のカール・ルートヴィッヒ・エンゲル氏により設計され、1852年の完成当時はニコライ教会と呼ばれていましたが、1959年にヘルシンキ大聖堂と改称されました。

ヘルシンキ大聖堂は、上から見ると「ギリシャ十字」のデザインになっており、建物が四角形の広場の中央に置かれています。四角形の4つの辺に当たる面には、コリント式の6本の柱列と三角形の屋根が施されています。そのため、ヘルシンキ大聖堂は、どの方面から見ても同じように見えます。また、屋根に装飾されている世界最大の12使徒の彫刻も見どころです。

シンメトリーの造形美が魅力的な外観を充分に堪能したら、ヘルシンキ大聖堂の中へ入ってみましょう。入場は、サイドにある入り口から行います。

歴史あるパイプオルガンを見つけよう

1963年に改装されたパイプオルガン
キリストを抱く聖母マリアの聖壇画にも注目

ぐるりと中を見渡すと、壁も柱も白色で統一されたシンプルな内観に黄金のシャンデリアが印象的です。ヘルシンキ大聖堂の中へ入ると、すぐに見どころが現れます。入り口の上に1963年に改装されたパイプオルガンを発見するでしょう。5,614本のパイプを使った重厚で荘厳な造りのパイプオルガンは必見です。

ヘルシンキ大聖堂は、通常は教会として利用されていますが、結婚式や展示会、コンサートなど特別なイベントに使われることもあり、年中を通してさまざまな行事が行われます。

ミニショップでおみやげを選ぼう

こじんまりとしたミニショップ
日本語のパンフレット

ヘルシンキ大聖堂の内部を充分に堪能したら、入り口の近くにあるミニショップでおみやげを選びましょう。ポストカードやキーホルダーなど定番のおみやげを購入することができます。ヘルシンキ大聖堂を紹介する日本語のパンフレットが、1ユーロで売られています。旅の記念にもぴったり!

大階段からヘルシンキ市街を眺めよう

大階段からの眺め

ヘルシンキ大聖堂を出たら、ヘルシンキ大聖堂と元老院広場を繋ぐ大階段を訪れてみましょう。最上段から望むヘルシンキの街並みは、北欧を旅している気分をさらに盛りあげてくれます。太陽の光が燦々と降り注ぐなか、元老院広場とその向こうにはバルト海が見えます。多くの人が腰を下ろして休憩している姿に誰もがほっこりするでしょう。

元老院広場の銅像とカモメをチェックしよう

ロシア皇帝アレクサンドル2世の像が建つ元老院広場

ヘルシンキ大聖堂の前に広がる元老院広場は、ヘルシンキ市民の憩いの場として親しまれています。御影石が敷き詰められたフィンランド最大の市民広場で、広場中央にはロシアの皇帝アレクサンドル2世の像が建立されています。

スウェーデンやロシアの支配下にあった壮絶な歴史の変遷を彷彿させる銅像とはうらはらに、なぜか、アレクサンドル2世の頭の上には、大きなカモメがちょんっとかわいらしく乗っていました。

元老院広場でカフェ・ブレイクをしよう

カフェ・エンゲル(Cafe Engel)の外観
ベリー系のタルトやケーキが人気

ヘルシンキ大聖堂と元老院広場を見学した後は、元老院広場にあるカフェ・エンゲル(Cafe Engel)でゆったりとお茶をしましょう。店内はクラシックな内装で、ヘルシンキ大聖堂を見渡せる窓際席が人気です。

カフェ・エンゲル(Cafe Engel)は、ベリー系のタルトやケーキが豊富で、特にコケモモやブルーベリーのタルトがおいしいのでおすすめ! カフェ利用の場合は、トイレを無料で利用できますが、トイレのみの利用の場合は2ユーロの費用がかかります。

なお、トイレは、ヘルシンキ大聖堂からすぐのエスプラナーディ公園沿いにあるヘルシンキ市役所の地下1階のトイレが無料で使えます。

■カフェ・エンゲル(Cafe Engel)
・住所:Aleksanterinkatu 26, 00170 Helsinki
・URL:https://www.cafeengel.fi/

マーケット広場からヘルシンキ大聖堂を眺めよう

街路地から眺めるヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大聖堂から徒歩圏内に観光客に人気のマーケット広場があります。このマーケット広場からヘルシンキ大聖堂を眺めてみましょう。実は、ヘルシンキ市街中心部のどこから見ても、ヘルシンキ大聖堂がきれいに映るように街が設計されています。街歩きをしながら、シンボルであるヘルシンキ大聖堂を見つけるのも楽しみのひとつです。

ヘルシンキ大聖堂へのアクセス方法

市内を走るトラムとヘルシンキ大聖堂 ©iStock

ヘルシンキ大聖堂は、ヘルシンキ市内のほぼ中央に位置しています。そのため、ヘルシンキ市内の主要な場所からなら、いずれも徒歩でアクセスすること可能です。

最寄り駅は、トラム2、4、5、7番のセナーティントリ(Senaatintori)駅です。駅からは徒歩約2分。エスプラナーディ公園からは徒歩約5分。ヘルシンキ中央駅からは徒歩約10分です。

■ヘルシンキ大聖堂
・住所:Unioninkatu 29, 00170 Helsinki
・URL:https://www.helsinginseurakunnat.fi/

いかがでしたか。ヘルシンキのシンボル、ヘルシンキ大聖堂と元老院広場を紹介しました。夏のみならず、冬は元老院広場でクリスマスマーケットが出るのでこちらも必見です。グロッギ(ホットワイン)を飲みながら、かわいいマーケットショップ巡りも楽しいでしょう。

楽しいヘルシンキの旅になりますように!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース