海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >フィンランド >ヘルシンキ >ヘルシンキ在住者おすすめの穴場スポット3選!

ヘルシンキ在住者おすすめの穴場スポット3選!

2020年06月24日

ヘルシンキ市内を走行するトラム

日本からもたくさんの観光客が訪れる、フィンランド・ヘルシンキ。フィンランド最大の都市です。ヘルシンキは、徒歩でほとんどの観光地を回れてしまうほどコンパクト。市内はトラムやバスが行き交い、観光しやすいです。筆者がヘルシンキ在住の日本人から教わった穴場スポットを紹介します。

【はじめに】2020年6月24日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、2020年5月31日で「期間限定の電子書籍読み放題サービス」が終了したこともあり「近い将来に旅したい場所」として、世界の現地観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。

世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

1. ヒエタラハティ・マーケットホール(Hietalahti Market Hall)

レンガ造りが特徴の「ヒエタラハティ・マーケットホール」
「スオッパケイティオ」のサーモンスープは、€10ほど

ヘルシンキに来たらマーケットを訪れましょう。「ヒエタラハティ・マーケットホール」は、1903年にオープンした市場です。2003年から2012年までは、アンティークを中心としたマーケットでした。2013年にリニューアルし、食べ物を中心とするマーケットとなっています。

マーケット内に併設されているフードホールでは、世界中の料理を味わうことができます。おすすめは、さまざまなスープを提供する「スオッパケイティオ(Soppakeittiö)」と、フィンランドの若者が集まるラーメン店「ファット・ラーメン(Fat Ramen)」です。
筆者は「スオッパケイティオ」で、フィンランドの定番料理のサーモンスープに挑戦しました。価格は€10ほどで、おかわり自由なパンが付いてきます。ぷりっとしたサーモンとほくほくのジャガイモがたっぷり入ったスープは、濃厚なミルクの味わいが楽しめます。スープにたっぷりと入った、魚介料理に合うハーブのディルが味の決め手のようです。

「ファット・ラーメン(Fat Ramen)」のとんこつラーメンは、濃厚ながらもすっきりした味わいが日本人の口にも合うのではないでしょうか。値段は€13と日本のラーメン店と比べると割高ですが、日本食が恋しくなったらトライしてみてはいかがでしょう。

「ファット・ラーメン」の濃厚なスープがおいしい

■ヒエタラハティ・マーケットホール(Hietalahti Market Hall)
・住所: Lönnrotinkatu 34, 00180 Helsinki
・URL: https://www.hietalahdenkauppahalli.fi/

「スオッパケイティオ(Soppakeittiö)」
・URL: https://www.katijafille.fi/soppakeittio/

「ファット・ラーメン(Fat Ramen)」
・URL: https://fatramen.fi

2. 地元で愛されるレコード店「レヴィカウッパ・ケルテネン・イェンツェルキヤ(Levykauppa Keltainen Jäänsärkijä)」

アーティストのポスターがあちこちに貼られている

ヘルシンキにはたくさんのレコード屋があります。ヘルシンキのローカルが足繁く通うレコード店が「レヴィカウッパ・ケルテネン・イェンツェルキヤ」です。近くに「タヴァスティア(Tavastia)」といライブ・ハウスがあるため、国内外のアーティストがライブ前に訪れることも多いのだそう。店内には所狭しとレコードやCDが並び、フィンランドで人気のヘビィメタル・ミュージックのコーナーも品数豊富です。店内にはフィンランド国内外のアーティストのサインやポスターが飾ってあったり、さまざまなジャンルの音楽を見つけることができるので、音楽マニアでなくとも楽しめる店です。

店内にはアーティストのサインやポスターがずらり

■レヴィカウッパ・ケルテネン・イェンツェルキヤ(Levykauppa Keltainen Jäänsärkijä)
・住所: Urho Kekkosen katu 4-6, 00100 Helsinki
・URL: https://jaansarkija.fi

3. 地元のアーティストのコンサートを見るなら「バー・ルーズ(Bar Loose)」

ビールとともにフィンランドの音楽を楽しめる

ヘルシンキでは地元のインディー・ミュージックが盛り上がっています。「バー・ルーズ」は、ヘルシンキのダウンタウンの中心部にあるガレージロックンロールバーです。バーではビールやパブ料理を楽しみながら、フィンランドのインディペンデントな雰囲気を味わうことができます。ビールは€7から€10ほどで、チャージ料金はかかりません。バーの地下では、€10ほどで地元のインディーズ・アーティストのライブ演奏が鑑賞できます。

店内にはパンク・ロックの写真がずらりと並ぶ

■バー・ルーズ(Bar Loose)
・住所: Annankatu 21, 00100 Helsinki
・URL: https://barloose.com/?lang=en


ローカルな一面が垣間見られる、3ヵ所を紹介しました。ひと味違うヘルシンキの雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

フィンランド旅行に役立つ記事はこちら

※本記事の観光関連情報は2020年3月26日現在のものです。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設、店舗において、一部変更や中止の可能性があります。最新情報は、各公式Webサイト(URL)などで確認してください。

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2020年6月24日現在、フィンランドへの日本からの観光目的の渡航はできません。渡航についての最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL:  https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック A29 北欧 デンマーク ノルウェー スウェーデン フィンランド 2021年~2022年版

地球の歩き方 ガイドブック A29 北欧 デンマーク ノルウェー スウェーデン フィンランド 2021年~2022年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,700円+税
発行年月: 2020年08月
判型/造本:A5変並製
頁数:576
ISBN:978-4-478-82487-0

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

フィンランドの現地ツアー