海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >フランス >ストラスブール >2019年版 ストラスブール大聖堂を100倍楽しむ完璧ガイド(フランス・ストラスブール)

2019年版 ストラスブール大聖堂を100倍楽しむ完璧ガイド(フランス・ストラスブール)

2019年08月16日

正面からのストラスブール大聖堂 ©iStock

フランスのアルザス地方、ストラスブールの王道の観光スポットといえば、ストラスブール大聖堂の名がまず挙がるでしょう。ストラスブール大聖堂は、またの名をノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂(フランス語:Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg)といいます。アルザスの地に威風堂々と佇み、年間400万人の観光客が訪れるともいわれるストラスブール大聖堂を100倍楽しむ方法を紹介します。

ストラスブール大聖堂とは!?

ゴシック建築の傑作、ストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂は、カトリックの大聖堂です。ヴォージュ産の砂岩を建材として使っており、建物全体が独特なピンク色をしています。その大部分はロマネスク建築ですが、時代を超え改築を繰り返したことから一般的にゴシック建築の傑作として数えられています。その姿を見たヴィクトル・ユーゴーは、「巨大で繊細な驚異」と評したといわれています。

創建は11世紀といわれ、高さ142メートルの尖塔が完成したのは1439年です。1647年から1874年まで世界一の高層建築だったのですが、1874年にハンブルクの聖ニコライ教会に高さを追い抜かれてしまい、現在は教会として世界第6位の高さです。

ストラスブール大聖堂の天文時計

計算機でもある世界最大の天文時計

ストラスブール大聖堂には、南袖廊に高さ18メートルの天文時計があります。毎日12時30分にからくり人形が動きだす世界最大の天文時計として有名です。この天文時計は、天文学的に非常に正確で、閏年や分点などさまざまな天文現象を計算でき、単なる時計ではなく一種の複雑な計算機になっています。

ストラスブール大聖堂のステンドグラス

精巧なステンドグラス

高さ142メートル、全長112メートルを誇るストラスブール大聖堂の見どころは、1484年に作られた説教壇『最後の審判』を描いた南袖廊の天使の柱や12~15世紀のステンドグラスの数々です。色鮮やかで精巧な造りのステンドグラスに誰もがうっとりするでしょう。

ストラスブール大聖堂のカテドラル側面

ライトアップされたストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂の外側、正面右手の入り口から332段の石段を登ると、高さ66メートルの屋上展望台からストラスブール市街のパノラマが開けます。

ストラスブール大聖堂のミニチュア模型

正面左側にあるミニチュア模型

知る人ぞ知る、ストラスブール大聖堂の名スポットを紹介しましょう。ストラスブール大聖堂の正面左側には、ストラスブール大聖堂のミニチュア模型があります。こちらのミニチュア模型で全体像を把握してから観光すると、ストラスブール大聖堂をより楽しむことができます。

ストラスブール大聖堂のライトアップ

幻想的な雰囲気のストラスブール大聖堂

ストラスブールに宿泊の際には、ぜひ夜のストラスブール大聖堂を楽しみましょう。ライトアップされたストラスブール大聖堂もまたおすすめです。

夜間、ライトアップされたストラスブール大聖堂は、黄金色に輝きます。間近にその壁面の精巧さを見ると、昼間とはまた違った印象を覚えます。陰影によって浮かびあがる一つひとつの彫刻に、歴代の名工の腕が映えます。

ライトアップの開催日、時間などは、ストラスブール大聖堂の公式サイトで確認を。

ストラスブール大聖堂前のアイスクリーム

アイスクリームとストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂の前の通りには、おいしいアイスクリーム屋が2軒あります。夏になると、正面左側にはイタリアジェラートのチェーン店「AMORINO」、右側には老舗パティスリー「CHRISTIAN」のアイスクリーム屋台が出店します。夏にアルザス地方を訪れた際には、カテドラルの前のアイスクリームをぜひお試しあれ!

ストラスブール大聖堂の夏のイルミネーション

夜のビデオマッピングでひと味違ったストラスブール大聖堂

ストラスブールの夏の恒例イベント、夜のビデオマッピングは、ストラスブール大聖堂に違った演出を加えます。毎年開催場所が変わる(以前は正面だったり、側面だったり)のですが、2019年はカテドラル周辺とロアン宮殿で開催されます。2019年8月は、午後10時15分から20分おきくらいでビデオマッピングが上映されます。

ストラスブール大聖堂へのアクセス方法

煌びやかに輝くストラスブール大聖堂

ストラスブールは、ドイツとの国境に位置する都市です。フランス・パリからは、フランス国鉄のTGVを使えば、パリ東駅からストラスブール駅まで乗り換えなし、約2時間30分でアクセスできます。ストラス大聖堂は、ストラスブール駅から徒歩約20分です。ストラスブールの中心地に聳え、かつて世界一の高さを誇った巨大な大聖堂なので、迷うことはないでしょう。

■ストラスブール大聖堂(Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg)
・住所:Place de la Cathedrale, 67082 Strasbourg
・入場料:無料(天文時計4.40ユーロ、展望台3.00ユーロ)
・URL:http://www.cathedrale-strasbourg.fr/

いかがでしたか。アルザスの地に威風堂々と佇む、ストラスブール大聖堂を100倍楽しむ方法を紹介しました。歴代の名工が造りあげた荘厳なストラスブール大聖堂を観に、ストラスブールへでかけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース