海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >イタリア >サンジミニャーノ >初心者必見! 世界遺産サン・ジミニャーノ歴史地区を100倍楽しむ完璧ガイド(イタリア・トスカーナ地方)

初心者必見! 世界遺産サン・ジミニャーノ歴史地区を100倍楽しむ完璧ガイド(イタリア・トスカーナ地方)

2019年08月10日

緑に囲まれる丘の頂に築かれた美しい景観を誇る街

サン・ジミニャーノは、イタリア中部のトスカーナ地方に位置するボルゴ(小都市)です。13世紀の城壁にぐるっと囲まれた街には、土色のレンガで統一された古い家々が寄り添うように並び、街の至る所に数々の高い塔がそびえます。無傷のまま保たれ、すぐれた文化的価値を持つこれらの史跡は、1990年、サン・ジミニャーノ歴史地区として世界遺産に登録されました。今回は、「中世の宝石」とも称される貴重な世界遺産の街、サン・ジミニャーノ歴史地区を100倍楽しむための方法を紹介します。

中世の塔の街、サン・ジミニャーノ

土色のレンガで統一された古い家々 ©iStock

サン・ジミニャーノは、塔の街ともいわれ、世界中から引きも切らず多くの人々が観光に訪れるイタリア屈指の観光地です。トスカーナ地方のなかでもとても人気の高い街で、フィレンツェやシエナから日帰りで訪れることができます。

街は、雄大な田園丘陵地帯に展開される広大なブドウ畑とオリーブの林に囲まれた丘の頂に築かれました。その景観は、独特の美しさを持ち、見る者の目を一瞬にしてくぎ付けにします。

13本の塔 ~今なお現存する街のシンボル~

中世の塔が「ようこそ!」と出迎えてくれる(メインストリート)

13世紀頃に建てられた城門をくぐると、高い石造りの塔が眼前に現れます。観光のためにサン・ジミニャーノを訪れる旅人を「ようこそ!」と出迎えてくれているようにも感じられる高い塔の数々。

これらの塔は、はるか昔の中世時代から変わらない、この街のシンボル的存在です。当初は、防衛上の物見の塔でしたが、13世紀から14世紀にかけて、有力貴族同士の威信をかけた競争が起こり、ほかの一族より高い塔を建てることに情熱が注がれました。その結果、最盛期には小さな街に塔が72本もあったといいます。

そのうち、13本の塔が、今なお昔の姿のまま現存します。おもな塔を取りあげてみましょう。

グロッサの塔(Torre Grossa)

グロッサの塔(Torre Grossa)は、高さ54メートルともっとも高い塔です。街の中心広場、ドゥオーモ広場にある人民の館(Palazzo del Popolo:現在は市役所)に寄り添うように建ちます。実際に登ることもできます。

双子の塔(Torri Gemelle)

双子の塔(Torri Gemelle)は、中世時代の有力貴族 、サルヴッチ家(Salvucci)の塔です。当時の行政局の塔だったロニョーサの塔(51メートル)より高い塔(52メートル)を建てようとしたところ、行政官がロニョーサの塔より高い塔を建てることを禁止する規則を定めたそうです。

この規則を受け、自らの権威と富の象徴を守るためにロニョーサの塔より1メートル 低くしたのですが、その代わり、二本建てることを思いつき「双子の塔」にしたといいます。通称「双子の塔」と呼ばれる所以は、そんなエピソードに由来するらしいです。

デビルの塔(Torre del Diavolo)

デビルの塔(Torre del Diavolo)は、三角形をした中世の広場、チステルナ広場にある白色の塔です。「デビルの塔」という不思議な名前と、ほかの塔とはどこか趣を異にする個性的な外観が印象的です。

伝説によれば、この塔の所有者が長旅を終えて帰り、塔を眺めたところ、出発前より高くなっていることに気づいたため、それをデビルの仕業と思い込みこの名が付けられたといいます。

2つの広場 ~中世期の繁栄を映す象徴の広場~

ドゥオーモ広場(Piazza del Duomo)

サン・ジミニャーノ歴史地区には、2つの広場があります。

ひとつは、ドゥオーモ広場です。多くの商人たちをはじめ、巡礼者の盛んな往来の影響を受けもっとも栄え、中世期から政治の中心地であった場所です。

歴史的モニュメントが建ち並ぶドゥオーモ広場の風景

ドゥオーモ広場には、人民の館(現在は市役所)、中心教会(コッレジャータ)をはじめ、中世時の行政庁だったポデスタの館などの重要なモニュメントと高い塔の数々が建ち並びます。

回廊からの眺め

まるで中世版の東京オフィス街のようです。

空を見上げて

このドゥオーモ広場に身を置き、空を見上げて、そこに刻み続けられている重厚な歴史をダイレクトに体感してみましょう。

三角形をした中世の広場、チステルナ広場

もうひとつは、三角形をした中世の広場、チステルナ広場です。中心にある井戸(チステルナ)と広場名が同一なので興味深いです。中世期の行政官であったポデスタの意向により造られ、当時の経済発展の中心地として重要な場所でした。

チステルナ広場の中心から望む眺め

なお、ドゥオーモ広場には、中心教会(コッレジャータ)があります。12世紀のロマネスク様式の教会で、広い内部にはシエナ派のフレスコ画や彫刻で溢れます。ぜひとも訪れてほしい場所ですが、神聖で厳かな教会であるため、特に夏季期間は服装に配慮しましょう(肌の露出を控えた服装等)。

かつては防衛上の要だった城塞の跡

展望台から見える中世の塔の眺め

サンジミニャーノの歴史地区の一角に、14世紀にフィレンツェ領下に置かれた後に築かれた防衛上の城塞(Rocca)の跡が残っています。敵のシエナ軍が攻めて来た際の避難場所や、応戦するために武器を構えたという場所の跡を観ることができます。

武器を構えた壁穴の跡
展望台へ続く階段

現在、この城塞の跡では、さまざまなイベントや品評会が開かれたりします。城壁のそばにある階段を昇ると展望台があり、とっておきの塔の街の風景や雄大なエルサ渓谷の大自然のパノラマを360度ぐるっと眺望することができます。

雄大なエルサ渓谷を遠望するパノラマ

この絶景を目の当たりにしたら、しばし、時を忘れて見つめていたくなるでしょう。

絶品!伝統の郷土グルメ・タリエーリ

サン・ジミニャーノのおすすめスペシャリタ、タリエーリ

見どころ満載の観光スポットを巡る楽しみに加えて、やはり欠かせないのが、地元郷土グルメの一品を本場で味わう楽しみではないでしょうか。トスカーナ料理が味わえる「Osteria Locanda di Sant’Agostino」を紹介します。

伝統的に受け継がれ、ていねいな手法で作られる生ハムやサラミ類、ペコリーノチーズ(羊の乳のチーズ)が特産のサン・ジミニャーノにおいて、とっておきな一品といえば、タリエーリです。

タリエーリとは、スライスした生ハムやサラミ類と切り分けたペコリーノチーズとのミックス盛り合わせです。シンプルですが、ポイントは木製の板のようなお皿に盛りつけられることとオーダーを受けてからその場でサラミ類をスライスすることです。

昔ながらの伝統スタイルを守るポリシーが感じられる料理ということに、なぜか惹かれてしまいます。サン・ジミニャーノのおすすめ地元グルメの一品を、ぜひ本場で味わってみてください。

■Osteria Locanda di Sant’Agostino ~トスカーナ料理~
・住所:Piazza Sant’Agostino, 15 53037 San Gimignano Si
・営業時間:11:00~23:00(夏季)
・休業日:水曜

中世の極上白ワイン・ヴェルナッチャ

明るい黄金色をしたヴェルナッチャ

タリエーリと合わせて楽しみたいのが、ヴェルナッチャです。ヴェルナッチャとは、サン・ジミニャーノの領域内にあるブドウ畑で収穫されたブドウのみを主原料としている白ワインです。

主原料のブドウが育つ広大なブドウ畑

ヴェルナッチャは、13世紀からすでに存在することが記録されている筋金入りの中世のワインです。明るい黄金色でフルーティーな味が特徴。サラミ類やチーズ、鶏肉料理に合います。

このワインの郷らしく、サン・ジミニャーノの街角には、ふらっと気軽に立ち寄れるワインバーが数々あります。ワインバーの「I Macchiaioli」で、ソムリエの資格を持つオーナーとおしゃべりをしつつ、注いでもらったグラスを片手に、中世の空気を感じてみませんか。五臓六腑に染み渡るような至福の喜びを感じることでしょう。

■I Macchiaioli
・住所:Via XX Settembre, 3 53037 San Gimignano Si

必ず食べたい! 世界チャンピオンのジェラート

世界一の味がする! 極上ジェラート

サン・ジミニャーノには、街のシンボルである塔のほかにも世界に誇れるスイーツがあります。それは、チステルナ広場で食べられるジェラートです。過去2回、世界チャンピオンに輝いたジェラート職人のセルジョ・ドンドリ氏のジェラートショップ「Gelateria Dondoli」は、連日多くの観光客でにぎわいます。

この看板が目印!

たとえお腹がいっぱいでも、食べずにはいられないジェラート。チステルナ広場の中心にある井戸まで続く長い行列が、そのおいしさを物語っています。とっておき極上のジェラートが40種類もあり、ここでしか味わえない斬新なオリジナルジェラートもありますので、ぜひお試しあれ。

好みのジェラートを手にした後は、井戸の階段に腰掛けて食べるか、イタリア人に習いそのジェラートを片手にぷらぷら街歩きするのも楽しいです。

■Gelateria Dondoli(Gelateria della Piazza)
・住所:Piazza della Cisterna, 4 53037 San Gimignano Si
・営業期間:9:00~23:00
・休業日:夏季シーズンは基本無休
・URL:https://www.gelateriadondoli.com/

サン・ジミニャーノ歴史地区へのアクセス方法

中世を彷彿させる石造りの街並み ©iStock

サン・ジミニャーノ歴史地区へ行くには、バス(Siena Mobilita社)を利用します。シエナから直行便のバス(130番)を使うと便利です。もしくは、フィレンツェからバス1310番(シエナ行き)に乗り、ポッジポンシ(Poggibonsi)で133番のバスに乗り代えてもアクセスできます。バスは城壁に隣接したバスターミナルに到着します。シエナからは約1時間30分ほど、フィレンツェからは約2時間30分ほどです(天候、交通事情による)。

■Siena Mobilita社
・URL:https://www.sienamobilita.it/

いかがでしたか。小さいながらも独自のブランドが息づき、観光に訪れる人々の心を魅了して止まないサン・ジミニャーノ。中世を体感するひとときを過ごしに、13世紀の城門をくぐってみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー