海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >オランダ >アムステルダム >オランダ・アムステルダム旅行~おすすめ観光スポット3選(美術館・博物館編)

オランダ・アムステルダム旅行~おすすめ観光スポット3選(美術館・博物館編)

2019年09月01日

アムステルダムで1、2位を争う人気の「ファン・ゴッホ美術館」 ©iStock

ゴッホ、フェルメール、レンブラントなど、誰もが一度は耳にしたことがある著名な芸術家を輩出してきたオランダ。オランダの首都・アムステルダムには、世界有数の美術品を所蔵する美術館や博物館がたくさんあります。押さえて欲しいおすすめの観光スポット(美術館・博物館)を3つ紹介します。

世界的有名画家の宝庫「アムステルダム国立美術館」

アムステルダム国立美術館の外観 ©iStock

オランダの美術館といえば、この「アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)」を最初に紹介しなければならないでしょう。ここには、世界的に有名なレンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』、『手紙を読む青衣の女』などが展示されており、それらの絵画の前には多くの人が集まります。

壮大な復元作業が垣間見れるのは意外と貴重な経験かも

残念ながら、2019年8月現在、『夜警』は復元作業が行われており、上の写真のようにほとんど見ることができません。X線を使った作業ですので周りがガラスで囲まれており、近くに行くことができません。遠方から来られた方にはちょっと残念な時期となっております。

■アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)
・住所:Museumstraat 1, 1071 XX Amsterdam
・URL:https://www.rijksmuseum.nl/

美術界の異端児の作品を集めた「ファン・ゴッホ美術館」

「ファン・ゴッホ美術館」の外観 ©iStock

つづいて、「アムステルダム国立美術館」裏の広場を挟んで反対側にある「ファン・ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)」を訪れてみてはいかがでしょうか。

こちらも毎日世界中から観光客が訪れる超人気の美術館。チケット購入について美術館に連絡してみたところ、入館者が比較的少ない場合は、その都度、当日券を券売機に設置しています。しかし、ほぼ毎日多くの人で溢れているため、確実に入場したい場合はやはりオンラインチケットを購入した方がよいとのこと。ぜひオンラインで予約してください。

観覧は時間指定制となっており、館内では日本語の音声ガイドの貸し出しも利用できます。

■ファン・ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)
・住所:Museumplein 6, 1071 DJ Amsterdam
・URL:https://www.vangoghmuseum.nl/

オランダ最大! 子供達に大人気の「ネモ科学博物館」

海に浮かぶ船のような外観 ©iStock

観光に飽きてしまった子供達を楽しませてくれるのが、この「ネモ科学博物館(NEMO Science Museum)」。

アムステルダム中央駅を市内側(トラム発着所の方向)に出て、ひたすら左にずっと歩き続けます。途中、スターバックスや図書館(建物の壁にbibliotheekと書かれています)を通り過ぎ、歩行者・自転車専用の白い桟橋が見えて来るでしょう。その桟橋を渡ると「ネモ科学博物館」が現れます。

ユニークな形をした博物館 ©iStock

館内に入るとすぐに、とても大きな水時計が出迎えてくれます。この博物館は、体験型博物館となっており、色々な実験を見せてくれたり、工作をしたりと子供達を楽しませてくれるアクティビティーがいっぱいです。

筆者の子供が一番喜んだのが、体全体が覆われるほどの大きなシャボン玉作りと自分で雨を作り出す機械や自分で動かすエレベーターでした。どのようなものかはぜひ訪れて実際に体験してみてください。

■ネモ科学博物館(NEMO Science Museum)
・住所:Oosterdok 2, 1011 VX Amsterdam
・URL:http://www.nemosciencemuseum.nl/nl/

アムステルダム観光上の注意事項!(必読)

レンブラント広場 ©iStock

アムステルダムには、さまざまな美術館、博物館が存在し、多くの観光客を惹きつけています。筆者が考えるアムステルダム観光上の注意事項も伝えておきましょう。

●注意(1)
美術館、博物館関係のチケットは事前にオンライン購入しておくと安心です。人気の美術館、博物館は当日券なしということもあります。また、入場が時間制になっている場合があり、時間に遅れないことも重要です。

●注意(2)
最近の動向として、美術館、博物館内では、リュックサックなどの大きなバッグの持ち込みが禁止されている場合が多いようです。先述した場所(ネモ科学博物館を除く)は、すべてクロークに預けなければなりません。

筆者が訪れた時はリュックサックだけでしたが、その中に貴重品も入っていたため持ち込みたいと頼んだところ、「それじゃ後ろではなく、前に抱えてください」と言われました。このことを知らないと、(せっかく長蛇の列に並んだのに)クロークに預けるように言われ、並び直しということになりかねません。

いかがでしたか。オランダ・アムステルダムのここを押さえておけば完璧というおすすめの観光スポット(美術館・博物館)を3つ紹介しました。今度のアムステルダム旅行の参考にしてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー