海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >オランダ >ユトレヒト >初心者必読、オランダ、ユトレヒトを最大限に楽しむ方法!(市内から郊外まで)

初心者必読、オランダ、ユトレヒトを最大限に楽しむ方法!(市内から郊外まで)

2020年01月20日

ユトレヒトのトレードマーク、有名なドムタワー! ©iStock

歴史的に日本と交流の深い国、オランダ。そのオランダの中心部に位置し、毎日多くの観光客が訪れる都市、ユトレヒト。歴史あるドムタワーがトレードマークで、市民の生活を見守っています。オランダを代表する都市、ユトレヒトを1~2日で存分に堪能できる見どころを紹介します。

オランダの中心部、ユトレヒト中央駅へようこそ!

オランダの中央に位置するモダンなユトレヒト中央駅 ©NSBeeldbank

多くの日本人観光客の方は、アムステルダムから電車でユトレヒトへ来る方が多いのではないでしょうか。その到着地がユトレヒト中央駅(Utrecht Centraal)です。

アムステルダム中央駅に負けず劣らずのこの巨大な駅は、数年前に改築工事が終わったばかりです。毎日多くの人々でにぎわい、オランダのほぼ中央ということもあって電車の乗換えがこの駅を拠点に行われることが多いです。お土産品店はもちろん、多くのカフェやレストラン、ブティックも駅に併設しているので乗換えの時間つぶしにはもってこいです。

ユトレヒト市内へレッツゴー!

市内に張り巡らされた運河 ©iStock

ユトレヒトもアムステルダム市内同様、運河が張り巡らされた都市です。市内中心部にあるおしゃれな店やカフェ、レストランの間を運河が悠々と流れています。運河沿いにはレストランが多く、ディナータイムには運河沿いのイルミネーションの中で食事ができます。

カップルにはピッタリのロマンチックな雰囲気で食事を! ©iStock

ユトレヒトに来たら絶対見逃せない市内スポット!

そびえ立つという言葉がぴったりの迫力あるドムタワー ©iStock

ユトレヒトで絶対見逃してはいけないスポットは、ドムタワーです。14世紀末に聖マルティン大聖堂の一部として建造され、オランダで一番高い教会の塔となっています(112.5m)。もちろん塔の上に訪れることも可能です。頂上への階段の途中にはタワーの鐘を見学できるスペースがあり、その巨大さに驚かされます。そしていよいよ頂上へ。筆者も一度訪れたことがありますが、びっくりするほど高かった!! 寒かった!! に尽きます。夏でも薄手のジャケットを持っていくことをおすすめします。また、頂上近くの階段はかなりの狭さと急斜面となっているため、ヒールのある靴は絶対におすすめしません。運動靴など動きやすい靴で訪問してください。

詳しい観光情報やチケット購入は以下で確認ください。

■ドムタワー(観光案内所)
・住所: Domplein 9 , 3512JJ , Utrecht
・URL: https://www.visit-utrecht.com/(観光情報)
・URL: https://www.domtoren.nl/en/visitor-information/contact
(ドムタワーチケット購入等)
※観光案内所は、ドムタワーの向かい側に位置

ドムタワー頂上から眺めたユトレヒト市内 ©iStock

また、ドムタワーの背後には聖マルティン大聖堂(Domkerk ドムケルク)が位置し、その庭園も厳かな雰囲気でおすすめスポットとなっています。ぜひ訪れてみてください。

聖堂内、庭園内は静かに見学したい ©iStock 

ミッフィーの故郷としても知られるユトレヒト!

ミッフィーの銅像があるナインチェプレインチェ ©iStock

ユトレヒトは日本でもおなじみのミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナのゆかりの地としても知られています。オランダ語でミッフィーは「ナインチェ(子ウサギ)」という意味です。

ミッフィーゆかりの地ということもあり、市内にはミッフィーミュージアム(Nijntje museum)があり、ミッフィーの本の下書きやさまざまな国の言葉に訳されたミッフィーの本や子供の遊び場、お土産品店などがあります。小さな子供と訪れたらとても面白いと思います。ただ残念ながら著作権の関係で、写真をここに載せることができないのが残念です。

■ミッフィーミュージアム
・住所: Agnietenstraat 2,3512 XB,Utrecht
・URL: https://nijntjemuseum.nl/

大都市ユトレヒトに隠れた郊外のおすすめスポット!(その1)

ユトレヒト郊外ののどかな牧草地帯 ©iStock 

ユトレヒト市内を訪れてドムタワーへ行き、あとはゆっくりショッピングというプランもありですが、もう少しほかのスポットも楽しみたいという方のために紹介したいのが、ユトレヒト郊外にあるオランダの城「デ・ハール城(De Haar)」。

おとぎの国の城のようなデ・ハール城 ©iStock

デ・ハール城はオランダで最大の城で、13世紀頃から存在するのではないかといわれています。現在では観光地となっているのと同時に結婚式場として、またクリスマス時期には劇場として利用されています。城内見学のほかにも庭園のみの見学もできます。

冬には荘厳で魅惑的な城となるデ・ハール城 ©iStock

■デ・ハール城
・住所: Kasteellaan 1、3455RR、Haarzuilens
・URL: http://www.kasteeldehaar.nl/english/ 

※アクセス方法詳細:
・URL: https://www.kasteeldehaar.nl/plan-je-bezoek/praktische-informatie/adres-en-route/

【ユトレヒト中央駅からのアクセス方法】
・月~金曜日: デンハーグ中央駅行きのスプリンター(各駅電車)でVleuten駅にて下車、127番バス(Breukelen行き)でBrink in Haarzuilensまで行き、下車後徒歩15分。水曜日にはVleuten駅より111番バス(Kasteel de Haar行き)でKasteel de Haar下車というルートもあります。
・土、日曜、夏休み、冬休み: ユトレヒト中央駅から9番バス、Kasteel de Haar行きがあります。

またそのほかの行き方を調べるには、以下のサイトがおすすめです。

■9292 travels with you
・URL: https://9292.nl/en

現在位置と行き先、時間を入力するとバスや電車の出発時刻やバスナンバー、出発プラットホーム番号などが表示されるため、多くのオランダ人が利用する便利なサイトです。オランダ旅行には欠かせません。バス・電車の遅延状況なども確認できます。

大都市ユトレヒトに隠れた郊外のおすすスポット!(その2)

子供達に大人気、鉄道博物館

オランダの子供たちに大人気の鉄道博物館! オランダの前々女王ユリアナの専用電車や第2次世界大戦中にユダヤ人を輸送した車両などが展示されており、娯楽と同時に歴史の重みを学ぶことができます。また電車を使ったアトラクションやショーなどがあり、一日を楽しく過ごすことができます。この鉄道博物館については筆者のブログでも以前ご紹介しましたのでご参考までに。
・URL: https://tokuhain.arukikata.co.jp/eindhoven/2016/08/_spoorwegmuseum.html

■鉄道博物館
・住所: Maliebaanstation , 3581XW , Utrecht
・URL: https://www.spoorwegmuseum.nl/en/

【アクセス方法】
日によって変更されることもあるため、上記の「9292 travels with you」で住所を入力して調べることをおすすめします。

いかがでしたか? 大人でも子供でも楽しめるユトレヒトとその周辺の見どころを紹介しました。ここでご紹介した内容であれば、2日間ほどの滞在時間を確保してください。

それでは皆様が安全で楽しい良い旅ができますように! Veel Plezier in Nederland !(オランダを楽しんでください!)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース