海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >ポルトガル >ポルト >ポルトガル第2の都市・ポルトで絶対行くべきおすすめ観光スポット5選(初心者編)

ポルトガル第2の都市・ポルトで絶対行くべきおすすめ観光スポット5選(初心者編)

2018年04月25日

ドン・ルイス一世橋から望むポルトの街並み

ポルトガル第2の都市で、歴史地区は世界遺産にも登録されているポルトの街。オレンジ色の屋根に青いアズレージョの教会、カラフルでかわいい家々が彩るポルトの街には魅力がたくさん! 日本でもじわじわと人気を博している観光地ポルトの見どころを5つ紹介します。ポルト旅行が初めての方は必見です。

ポルト市街を一望するドン・ルイス一世橋

ポルトの対岸の街から望むドン・ルイス一世橋とポルトの街並み

ドン・ルイス一世橋は、ドウロ川に架かるポルトと対岸の街ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアをつなぐ橋です。ポルトを象徴するもっとも有名な橋と言っていいでしょう。橋の上から望むポルトの街はまさに絶景。この景色を見ずしては帰れないポルト最大の見どころです。

橋の上段は歩行者とメトロが通り、橋の下段は歩行者と自動車が通ります。19世紀後半にギュスターヴ・エッフェルの弟子、テオフィロ・セイリグが設計し、建設されました。

夜になると、ポルトの街並みと橋がライトアップされ、きれいな夜景を見ることができます。おすすめは、橋の上段からポルトの街を眺めながら、対岸の街ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアの川辺へ降り、今度は下から橋とポルトの街並みを眺めるルートです。

このルートは、ポルトの街並みをさまざまな角度から楽しむことができます。橋の上段から川辺への降り方は、徒歩で階段や急坂を下って行く方法とケーブルカーで降りる方法があります。ドン・ルイス一世橋はポルトの玄関口サン・ベント駅より徒歩5分です。

■ドン・ルイス一世橋
・住所:PTE Luiz I, Porto, Portugal
・最寄駅:サン・ベント駅(São Bento)

ドン・ルイス一世橋の上から望むポルトの街並み

タイル装飾が美しいサン・ベント駅

サン・ベント駅の外観

サン・ベント駅は、ポルト歴史地区の中心に位置するポルトの玄関口となる駅です。ポルトの建築家マルケシュ・ダ・シルヴァが、フランスの建築様式の影響を受けデザインし、1916年に開業しました。サン・ベント駅では、リスボンやコインブラなどのポルトガル各地への長距離列車が発着しています。

駅構内には、20,000枚ものポルトガル特有のタイル「アズレージョ」が施され、ポルトガルの歴史にまつわる出来事が描かれています。見どころは、1415年、エンリケ航海王子が、アフリカ北岸の都市セウタを攻略した場面を描いた「アズレージョ」です。エンリケ航海王子は、ポルトガルの大航海時代を切り開いた人物であり、ポルトには彼の銅像や家があるほど、ポルトガルの歴史を語るうえで避けられない重要人物です。

サン・ベント駅の美しく豪華な駅舎は、ただの駅に留まらない、「アズレージョ」の美術館と言っても過言ではありません。「アズレージョ」の美しさにどっぷり浸れるおすすめスポットです。

■サン・ベント駅
・住所:Praça Almeida Garrett, Porto, 4000-069 Portugal
・最寄駅:サン・ベント駅(São Bento)
・URL:https://www.cp.pt/passageiros/pt/consultar-horarios/estacoes/porto-sao-bento

20,000枚もの「アズレージョ」が施されたサン・ベント駅構内
エンリケ航海王子のセウタ攻略の場面を描いた「アズレージョ」

ポルトでもっとも古い建築物ポルト大聖堂

ポルト大聖堂の外観

ポルト大聖堂は、12世紀に建てられたロマネスク様式の大聖堂です。ポルト市内でもっとも古い建築物と言われています。幾度かの改築が行われ、ゴシック様式の礼拝堂やバロック様式の回廊が増改築されました。

ポルト大聖堂の見どころは、何と言っても回廊を鮮やかに彩る「アズレージョ」と言えるでしょう。回廊への入場料は3ユーロです。ポルト大聖堂は、ドン・ルイス一世橋のすぐそばにあり、サン・ベント駅より徒歩5分です。

■ポルト大聖堂
・住所:Terreiro da Sé, Porto, 4050-573 Portugal
・最寄駅:サン・ベント駅(São Bento)
・URL:http://www.diocese-porto.pt/index.php?option=com_content&view=article&id=877&Itemid=60

「アズレージョ」が美しいバロック様式の回廊

ポルトでナンバー1の高さを誇るクレリゴスの塔

ポルトの街にそびえ立つクレリゴスの塔

クレリゴスの塔は、ポルトのシンボルと言えるクレリゴス教会に付随する鐘塔です。76メートルというポルトでナンバー1の高さを誇り、街のさまざまな場所から、その姿を見ることができます。18世紀にイタリア人芸術家ニッコロ・ナッソーニにより建てられました。

塔の上からはポルトの街とドウロ川を一望することができます。もし、時間があれば、夜景がきれいな夜に上るのもおすすめです。ただ、降りてくる人とすれ違うのが困難なほど、狭く、急な階段を上らなければならないのが、少し大変です。

なお、クレリゴスの塔を訪れた際は、同氏により建てられたバロック様式のクレリゴス教会にも、ぜひ一緒に立ち寄ってみてください。塔への入場料は5ユーロです。クレリゴスの塔は、サン・ベント駅から徒歩4分です。

クレリゴス塔はポルトのシンボル
塔の上から望むポルトの街とドウロ川

世界一美しい本屋レロ書店

赤い旗が目印のレロ書店

レロ書店は、世界一美しい本屋とうたわれるポルトが誇る書店です。1869年に創業、1906年に現在の場所へ移動し、美しい書店が建てられました。

店内は、いつまででも眺めていられそうなほど、細部まで細かな装飾がされており、見どころ充分です。特に、店内中央にある螺旋階段と天井のステンドグラスは必見。本を買う目的がなくても行く価値のある、豪華できらびやかな書店です。

現在は、ポルトの観光スポットとして人気があり、入るには行列に並ぶ覚悟が必要です。入場にはチケットが必要で、書店の2軒隣のショップにて4ユーロで購入します。店内の商品を購入すると、4ユーロの割引券として使うことができ、入場料は実質無料になります。ポルトガル語の書籍が中心ですが、英語、スペイン語、イタリア語などで書かれた書籍も取り扱っています。レロ書店は、サン・ベント駅より徒歩6分です。

■レロ書店
・住所:R. das Carmelitas 144, Porto, 4050-161 Portugal
・最寄駅:サン・ベント駅(São Bento)
・URL:https://www.livrarialello.pt/en-us/

書店に入ると目の前に現れる螺旋階段
ステンドグラスがきれいな書店の2階

いかがだったでしょうか? ポルトの歴史ある街並みや教会を楽しめるスポット5つを紹介しました。ぜひポルト旅行の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース