海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >スペイン >バルセロナ >死ぬまでに絶対に行きたいスペインのフォトジェニックスポット4選

死ぬまでに絶対に行きたいスペインのフォトジェニックスポット4選

2019年05月04日

スペイン・ガリシアのプラヤ・デ・ラス・カテドラレス

地域によって、歴史や文化、気候も異なるスペインでは、各地で思わず写真に収めたくなるような、さまざまな景色が広がっています。今回は、スペインの東・西・南・北の各エリアから、そこでしか見られない、SNS映え間違いなしの4スポットを紹介します。フォトジェニックスポットを巡りながら、スペイン一周をしてみませんか。

カタルーニャ音楽堂【バルセロナ】

カタルーニャ音楽堂の外観

スペインの東の都市バルセロナで、サンパウ病院とセットで世界遺産に登録されているのが、カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)です。ガウディの作品と同じモデルニスモ様式の世界でもっとも特別なコンサートホールのひとつといわれています。

ホール内は、多くのステンドグラスやさまざまな色で装飾されていて、観客を一気にファンタジーの世界に誘い込みます。柱や天井のレリーフや彫像は、どれも細かいこだわりが見られ、すべてのディテールを写真に収めたくなる豪華さです。

カラフルなモザイク装飾の柱

この音楽堂で一番フォトジェニックな場所は、ホールの正面にある、Sala Lluís Millet と呼ばれる休憩室から出ることができるテラスです。カラフルなモザイク装飾の柱が何本も並んでいて、まさにSNSに映える写真が保証されているような場所です。

音楽堂ではもちろん、夜の時間帯に音楽やフラメンコのコンサートも行われていますが、ステンドグラスから差し込む明かりやテラスを写真に撮るには、日中の見学をおすすめします。スペイン語や英語で音楽堂の細部まで説明してもらえるガイドツアーや、日によっては自由見学が予約できることもあります。

■カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)
・住所:C/ Palau de la Música, 4-6
・URL:https://www.palaumusica.cat/ca

ひまわり畑【コルドバ・セビーリャ】

実は採油のために栽培されているひまわり

スペインの南部、アンダルシア地方で見ることができる期間限定のフォトジェニックスポットが、コルドバやセビーリャ郊外をメインに広がるひまわり畑です。

このひまわり畑は、観賞用ではなく採油のために栽培されているものです。大きな畑では、地平線まで黄色い花を咲かせるひまわりで埋め尽くされている様子を見ることができます。毎年満開を迎える時期は少しずれますが、6月が見ごろとなることが多いです。

畑一面に黄色い花を咲かせるひまわり

SNS映えする写真が撮れるひまわり畑に行くには、現地個人ツアーに参加することがおすすめです。毎年ひまわりが植えられる畑が変わったり、お花の状態が一日ですぐに変わったりするので、その年の、その地域のひまわり事情に詳しいガイドに連れて行ってもらうのが安心です。

運よく満開のひまわり畑に出会えたら、SNS映えする写真が撮れるだけでなく、一生思い出に残る景色がみられること間違いなしです。ぜひ挑戦してみてください。

■セビーリャ観光案内所(Oficina de Turismo de Sevilla Constitucion)
・住所:Av. Constitucion 21B Sevilla
・URL:http://www.andalucia.org/en/

サンティリャーナ・デル・マル【カンタブリア】

中世の雰囲気そのまま! 石畳の通りと民家

スペインには、とってもかわいい石畳の村がたくさんありますが、今回はそのなかでも、スペインでもっとも美しい村に選ばれたサンティリャーナ・デル・マル(Santillana del Mar)を紹介します。

この村があるのは、スペイン北部のカンタブリアという州で、海と山に恵まれた緑がいっぱいの素敵な景色があふれる地域です。この村ができたのは中世で、その時代から残る石畳の通りや、民家が建ち並んでいます。

絵ハガキになるようなフォトジェニックな村

村はとてもよく手入れされていて、カラフルなお花や植木で飾られていたり、かわいいおみやげ屋や雑貨屋、カフェやレストランなどもたくさんあります。どの街角も絵になる、まるでおとぎ話に出てきそうなフォトジェニックな村です。

村の雰囲気をゆっくり味わえる、SNS映えするホテルやホステルもいくつかありますので、時間を取ってまったりするのもおすすめです。

プラヤ・デ・ラス・カテドラレス【ガリシア】

波と風で削られた大きな岩

スペインの一番西に位置する州が、ガリシアです。ガリシアのリバデオという街の近くにある、日本ではまだまだ知られていないフォトジェニックなビーチを紹介します。

スペインのビーチというと、地中海を思い浮かべる方も多いと思いますが、プラヤ・デ・ラス・カテドラレス(Playa de Las Catedrales)は、スペイン最高のビーチにも上位ランクインしたおすすめビーチのひとつです。

このビーチの何が特別かというと、海岸に波と風で削られてできた、不思議な形の大きな岩が並んでいることです。カテドラルとは、スペイン語で大聖堂を意味しますが、連なる岩が造り出す景観ははまさに大聖堂の内部のようです。

アーチや小さな洞窟がいっぱい

SNS映えする写真を撮るチャンスは、干潮の間です。1,300メートルにもおよぶ白い砂の海岸を歩いていきましょう。アーチや小さな洞窟など、形を変えて次々と現れる岩の様子は、何枚写真を撮っても飽きることはありません。

7月1日から9月30日までの夏の時期は、海岸の保護のために一日の入場者数が制限されるため、事前予約が必要となります。予約は訪れたい日の45日前から、下記の公式サイトから可能です。ガイド付きツアーも開催されています。また、満潮の時間帯は、波が強くなり危険です。海の様子に注意を払いながら、決まりを守って撮影や海水浴を楽しんでください。

■プラヤ・デ・ラス・カテドラレス(Playa de Las Catedrales)
・URL:http://playa-catedrales.com/

スペイン各地のさまざまなフォトジェニックスポットを紹介しましたが、行ってみたい場所はありましたか。4ヵ所に絞るのが難しいくらい、素敵な場所がたくさんあるスペインです。ぜひお気に入りに登録して、スペイン旅行の計画に役立てください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー