海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >群馬 >【2019年】「吹割の滝」の紅葉、見頃時期は? アクセス情報徹底解説!

【2019年】「吹割の滝」の紅葉、見頃時期は? アクセス情報徹底解説!

2019年10月11日

紅葉の「吹割の滝」と吊り橋のコラボレーション

 群馬県沼田市にある吹割の滝は、「東洋のナイアガラ」と呼ばれ、紅葉の名所でもあります。幅30m、高さ7mの滝、その背後の吊り橋と紅葉のコラボレーションは見事です。1936年に天然記念物・名勝に指定された吹割の滝の紅葉の見頃・アクセス情報などを徹底紹介します。

【絶景】吹割の滝の背後に広がる紅葉! 吊り橋と轟音の滝のコラボレーション

川の水が滝つぼへ流れる瞬間に虹が!

 日本の滝100選、国の天然記念物にも指定されている名勝、吹割の滝です。上の画像は、紅葉が見頃を迎えた晴天の日の13:30の光景です。

 JR沼田駅方面からの路線バスを利用し、「吹割の滝」バス停で下車。看板に沿って歩くこと10分程度で、絶景が目の前に。陽に照らされて薄っすらと虹の出る滝、赤や黄色に染まる山々と背後の吊り橋(浮島橋)。すばらしい光景に息をのみます。この位置が、ベストフォトポイントではないでしょうか。

遊歩道に沿って上流へ

 ベストフォトポイントから、吊り橋方向へ向かって遊歩道を進みましょう。滝から遊歩道を少し進むと、片品川の中央の浮島に掛かる浮島橋(画像右側)に加えて、吹割橋(画像左側)も見えてきます。

遊歩道の途中から振り返ると・・・・・・
水しぶきのあがる吹割の滝

 遊歩道から吹割の滝方向へ振り返ると、水しぶきが美しく舞っています。「東洋のナイアガラ」の面目躍如です。

吊り橋(浮島橋)からの眺めも絶景!

浮島橋からの眺望は!?
片品川の流れで浸食されたV字谷と紅葉

 ベストフォトスポットから見えていた吊り橋、浮島橋まで来ました。吊り橋の中央まで進むと、上流側も絶景です。片品川の流れで浸食され、ゴツゴツした岩山と紅葉のコントラストが美しい光景を創り出していました。

吊り橋の上から下流方向の眺め

 浮島橋から滝方向(下流)の画です。 この時間(13:40頃)、吊り橋の上から下流方向の撮影は、逆光になってしまいます。また、滝周辺は、昼から午後早めぐらいまでが光線的にベストのようです。 14:00頃になると太陽が山に隠れてしまい、山の陰が滝周辺に覆いかぶさってしまうからです。

 吹割の滝のバス停から散策をはじめた観光客の大半は、この吊り橋あたりで引き返していきます。さらに山道を上って「第三観瀑台」まで歩を進めますが、体力に自信のない方は、この吊り橋付近で引き返しましょう。

吹割の滝を上空から!?

山を登った観瀑台からの眺め

 吊り橋から山道を上ったところに観瀑台があります。その観瀑台から眼下の滝を見下ろすと、周囲の木々が邪魔をしてしまい、滝を撮影するのに苦労しました。何とか木々の隙間を見つけて、滝の様子を上空から収めることができました。

 14:00。もう、滝つぼの半分を山影が覆っています。 山奥の秋の夕暮れは、早く迫ってくるものです。ベストフォトポイントで、美しい紅葉と吹割の滝の光景を撮影したいなら、昼から午後早めに訪れるようにしましょう。

吹割の滝・周辺観光スポット案内

吹割の滝に近い老神温泉郷 ©Booking.com

 吹割の滝近くには、老神温泉郷があり、吹割の滝と沼田駅方面を結ぶ路線バスの一部が停車します。片品川に沿った斜面に旅館やホテルが建ち並ぶ山の温泉地で、宿泊だけではなく、日帰り入浴も可能です。

沼田公園内の「旧生方家住宅・生方記念資料館」

 また、吹割の滝への玄関口、JR沼田駅付近では、沼田城跡などの歴史スポットが点在しています。2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の舞台となった沼田城跡には、沼田公園があります。ドラマの主人公の真田信繁(堺雅人さん)の兄・真田信之(大泉洋さん)と小松姫(吉田羊さん)が暮らした沼田城は、現在は紅葉が美しい公園として市民に親しまれています。春は桜の名所としても知られています。さらに、沼田公園から徒歩5分ほどのところに小松姫の墓(正覚寺)もあります。

吹割の滝の紅葉の見頃時期、アクセス方法は?

JR上毛高原駅や沼田駅からバスでアクセス

 群馬県沼田市にある吹割の滝へのアクセス方法や紅葉の見頃時期について紹介します。

 自家用車利用の場合は、関越道沼田ICから国道120号線を尾瀬方面へ20分ほどです。公共交通機関利用の場合は、JR上越新幹線の上毛高原駅あるいは、JR上越線の沼田駅から路線バスを利用することになります。JR沼田駅からは、1時間に1本程度のバスが運行されています。以下のバス時刻表を参考に、吹割の滝へ出かけてみませんか。紅葉と滝の絶景があなたを待っています。

■関越交通
・URL: https://kan-etsu.net/publics/index/21/

JR沼田駅バスロータリーの目の前には「山」が!?

 ところで、JR上越線の沼田駅を降りると、バスロータリーの目の前に「山」がそびえています。 沼田といえば、利根川、片品川、薄根川の3つの川に囲まれた「河岸段丘」の町としても有名です。高低差70m、ビルの高さ25階分に相当する「山(段丘)」の上に平野が広がっていて、そこに沼田市街地の中心部があるのです。上の画像奥の「山」の上方向へ、吹割の滝方面のバスが上りながら走っていきます。また、この「山(段丘)」の上にある平野部分に沼田公園や小松姫の墓(正覚寺)があります。

 また、沼田駅からJR上越線に乗って、谷川岳や水上温泉、宝川温泉などへ足を伸ばしてもいいでしょう。宝川温泉は、渓流を眺めながら入れる混浴の大露天風呂が有名です。

 吹割の滝の紅葉の見頃は、例年10月下旬から11月上旬となっています。絶景の紅葉狩りに、吹割の滝へ出かけてみませんか。

■沼田市観光まるわかりガイド
・URL: http://www.numata-kankou.jp/index.html


※初回掲載: 2018年10月20日

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー