海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >群馬 >今年の夏、群馬でお出かけしたい!おすすめ観光スポット5選

今年の夏、群馬でお出かけしたい!おすすめ観光スポット5選

2018年08月15日

真夏の夜の遊園地で、大人も子どものように思いっきり遊べる!

暑い夏、群馬県で思い出作りにおすすめな観光スポットを5つ紹介します。 比較的気温が上昇する前の午前中、もしくは室内、気温が下がる夕方頃などにお出かけするとよい観光スポットを選びました。家族と、友人と、または一人でふらっと、気軽に足を運んでほしい場所ばかりです。体調管理や準備などをしっかりと整えて、夏ならではの楽しみを満喫してみてはいかがでしょうか。

大人も楽しめる、夏の夜の遊園地「るなぱDEないと」

夜風を浴びながら楽しむアルコールは、大人の至福
昼間と違う魅力を楽しめる、豆汽車の夜間運行

日本一安く楽しめると評判の前橋市の遊園地「るなぱあく」にて、夏限定の恒例のイベント「るなぱDEないと」が、今年も開催されています。

普段はお子様向け遊具などで子ども中心に楽しめるこちらの遊園地ですが、キャッチコピーが「こどもにもどりたい、おとなたちのために」ということで、本イベントでは特別に夜間開園をしており、大人も子どものように楽しめる内容となっています。

通常、夏期の営業は17:00までで、アルコールの販売はしていません。「るなぱDEないと」では、飛行塔や豆汽車などの大型遊具の夜間運行やアルコール販売などが行われます。

また、体験型謎解きゲームや大道芸人によるナイトパフォーマンスなど、日中とは違う夏の夜のワクワクが盛りだくさんです。夜風を浴びながら、子どもの頃に戻ったように遊び、屋外で格別のお酒を楽しむのがおすすめです。

■るなぱあく(前橋市中央児童遊園)
・住所:〒371-0026 群馬県前橋市大手町 3-16-3
・日程:2018年8月17日(金)、24日(金)※雨天中止
・時間:18:00~21:00(雨天中止、L.O.20:45)
・URL:http://www.lunapark-maebashi.com/

旬の味覚を存分に満喫する、ブルーベリー狩り「はなぶさ有機農園」

有機農法で大切に育てられたブルーベリーの実
ブルーベリーが食べ放題!(ブラックベリーは小坂子園のみ)
極上のおいしさ!自家製ブルーベリーアイス♡

有機JASの認証を受けている「はなぶさ有機農園」のブルーベリーは、農薬は一切使用せず、有機農法で大切に育てられています。そのため、お子様からご年配の方まで安心してブルーベリー狩りを楽しめます。

採ったその場で食べるブルーベリーは、甘酸っぱくてとってもおいしいです! 筆者も何度か訪れていますが、つい毎回食べ過ぎてしまうほど。9:30から営業していますので、来園は比較的涼しい午前中がおすすめです。帽子をどうぞお忘れなく!

ブルーベリーは毎年9月中旬頃まで楽しめますが、今年は猛暑のため8月下旬頃で終了するかもしれないそうです。お出かけ前に、電話にて確認してください(現在は嶺園での営業です)。

■はなぶさ有機農園
・住所:〒371-0125 群馬県前橋市嶺町 1097-4(嶺園)
・URL:http://www.hanabusa-farm.com/

道の駅「ららん藤岡」にて、テンションが上がる水遊び!

噴水で思いっきり遊ぼう!
観覧車やメリーゴーランドなどのミニ遊園地もあります
メリーゴーランドの中には、コーヒーカップも! 結構回ります

夏といえば、水遊び!
群馬県内で人気の道の駅「ららん藤岡」の中心にある広場には、噴水や小川があり、初夏から初秋にかけて水遊びができます。以前、筆者の子どもたちも水遊びを体験しました。

こちらのおすすめポイントは、噴水のすぐ近くに椅子とテーブル付きのパラソルがあることです。水遊びをする子どもたちを大人が近くで見守れるので、安心です。水に濡れてもよい服や水着などで、ぜひ思いっきり遊んでください。

ただ、更衣室などはありませんので、各自でラップタオルなどを用意してください。着替えの持参をお忘れなく! パラソルは数に限りがありますので、午前中の早めの時間に行くとよいかもしれません。

時間は9:00〜18:00頃まで、今年は9月中旬まで実施する予定だそうです。なお、天候によって、噴水は中止となる場合があります。

■道の駅「ららん藤岡」
・住所:〒375-0005 群馬県 藤岡市中1131-8
・URL:http://www.laranfujioka.com/

お花屋さんの夏季限定・絶品かき氷♡「風花家」

ボリューム満点のふわふわかき氷(写真はミックスナッツ)
キッズサイズのかき氷(写真はチョコレート)

SNSや口コミで話題の「風花家(ふうがや)」は、花屋のイートスペースで食べられる夏季限定のかき氷専門店です。いつも多くの人でにぎわっていて、行列ができる日も。先日訪れたのは平日の昼間でしたが、90分待ちでした。現在は予約も受け付けており、スムーズに入店できるのでおすすめです。

素材や削り方にこだわるかき氷は、ふわふわの食感がたまりません。今回食べた「ミックスナッツ」は、ナッツの食感と風味をぜいたくに味わえる逸品でした! 最初のひと口が、何とも言えない至福で思わず笑顔になります。

ほかにも、オリジナリティ溢れるかき氷は必見。小学生以下のお子様には、キッズサイズが人気です。キッズサイズといっても、かなり大きいのでたっぷり味わえます。かき氷は9月下旬まで販売されますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

■風花家
・住所:〒371-0804 群馬県前橋市六供町98-4

涼しい室内で楽しむミニワークショップ「群馬県立近代美術館」

モリスの布でつくる“くるみボタン” ©群馬県立近代美術館
館内のキッズスペース。絵本なども用意されています

今年の夏は暑すぎて、室内で過ごしたい……。
そんな方におすすめなのが、こちら。「群馬県立近代美術館」で、ミニワークショップを無料で楽しむことができます。

「こども+おとな+夏の美術館」というイベントで、夏休みの期間中、企画展の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」に関連したアート体験が開催されています。そのなかのひとつ、「モリスの布でつくる“くるみボタン”」では、ウィリアム・モリスがデザインした布を使って、くるみボタンを作れます。また、壁紙を厚紙に貼って、オリジナルのコースターを作る「壁紙でコースターをつくろう」も楽しめます。

事前申し込みは不要です。思い立った際にぜひお出かけしてみてください(ミニワークショップの開催日などは、事前に公式サイトで確認してください)。

■群馬県立近代美術館
・住所:〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
・URL:http://mmag.pref.gunma.jp/

以上、夏に行きたい群馬のお出かけスポット5選をお届けしました。いかがでしたでしょうか。熱中症などの対策をしっかりとして、ひと夏の素敵な思い出をたくさん作ってください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー