海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >神奈川 >関東近郊 おススメ「紫陽花(あじさい)」スポット 5選!

関東近郊 おススメ「紫陽花(あじさい)」スポット 5選!

2018年06月04日

梅雨の時期の風物詩、あじさいを見に行こう ©iStock

 例年6月から7月上旬に見頃を迎える関東近郊の「紫陽花(あじさい)」。関東近郊(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)のあじさいの見どころを5つ紹介します。その年の天候などによって、花の見頃の時期が異なってきますので、各「花スポット」のホームページなどで最新の状況を確認するようにしましょう。また、各「花スポット」や周辺観光スポット情報、アクセス方法などの詳細は、「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、「関連記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色いボタン「関連記事はこちら」からお楽しみいただけます。

約20,000株のあじさいが咲き誇る!横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県)

約20,000株のあじさいが咲く「第18回八景島あじさい祭」

 神奈川県横浜市の「八景島シーパラダイス」では、「八景島あじさい祭」が開催されます。会場一面に約20,000株のあじさいが咲き誇り、ここでしか観ることのできない八景島オリジナルあじさいを楽しむことができるとか。「神奈川県内最大級」という約20,000株のあじさいとは!?

約9,500株の花の乱舞!小田原城のあじさい(神奈川県)

6月上旬から7月上旬にかけて見ごろを迎えるあじさい

 神奈川県小田原市の「小田原城あじさい花菖蒲まつり」では、日本100名城に選定されている小田原城で、約2,500株のあじさいと約7,000株の花菖蒲を観賞することができるといいます。名城・小田原城と梅雨の時期に燦然と咲き誇るあじさいと花菖蒲のコラボレーションとは!?

約250種・10,000株以上!個人住宅の庭に咲くあじさい(千葉県)

一面に咲き誇るあじさいの絶景

 千葉県茂原市にある「服部農園あじさい屋敷」では、約27,000㎡の敷地に、約250種・10,000株以上のあじさいが咲き誇る光景を見ることができるのだとか。元々イチゴ農家をされていた個人が、自宅の庭にあじさいを植えたのが始まりとのことですが、そのスゴい規模とは!?

約26,000株!京王・井の頭線沿いに咲くあじさいとライトアップ(東京都)

ライトアップされた京王・井の頭線東松原駅のアジサイ

 東京の渋谷駅と吉祥寺駅を結ぶ京王電鉄井の頭線。その線路沿いに植栽されているあじさいの総数は、約26,000株にもなるそう。また、京王・井の頭線東松原駅では、構内に咲くあじさいのライトアップも!列車とあじさいのコラボレーションとは、いかに!?

約100種16,000株!純白のあじさい「アナベル」がつくる絶景(埼玉県)

約3,000株の「アナベル」がつくり出す、「白の世界」

 埼玉県幸手市の「幸手あじさいまつり」では、約100種16,000株のあじさいが咲き誇ります。まつり会場の幸手権現堂公園は、関東屈指の桜の名所としても知られています。紫や青色のあじさいだけではなく、白色の「アナベル」というあじさいの群落が見られるのだとか。約3,000株の「アナベル」がつくり出す、「白の世界」とは!?

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事