海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >神奈川 >【日帰り旅】GWオススメ!横浜・横須賀のグルメと見どころを堪能!はとバスで行く『ヨコよこストーリー』

【日帰り旅】GWオススメ!横浜・横須賀のグルメと見どころを堪能!はとバスで行く『ヨコよこストーリー』

2018年04月23日

東京駅丸の内南口発のはとバス

東京都内や神奈川県を訪れた方は、一度は見かけたことがある観光バス「はとバス」。オープントップバスの二階席からの景観に魅了されてカメラを構える方々や、その土地の知見に長けたバスガイドさんの軽快なトークとともに楽しそうに移動する観光客をみかける度に興味が尽きません。今回は、そんな知られざる「はとバス」の魅力に迫るべく、株式会社はとバス全面協力のもと、ゴールデンウィークにおすすめの『ヨコよこストーリー(横須賀&横浜のグルメと観光をいいとこどり!)』ツアーを、バスガイド藤原さんご案内のもと、ご紹介します。

迫力の戦艦を見学!記念艦「三笠」

ド迫力の30センチ砲!

東京丸の内を出発したはとバス、最初の目的地は神奈川県横須賀市の「記念艦 三笠」。旧日本海軍の戦艦がそのままの姿で保存されている圧巻の様子を、実際に乗船して体験することができます。ツアー参加者は艦内の上映室で三笠紹介ビデオを鑑賞できます。また、艦内ではバルチック艦隊との戦闘の様子をVR体験することもでき、歴史の勉強のみならず、体験型のエンタメとしても楽しめます。

「普段、家族だけで訪れてもじっくり見ることのないビデオですが、はとバスのツアーだからこそ最後まで見たい気分にさせてくれました」

艦内での自由時間の前にビデオ鑑賞があるため、理解を深めた上での三笠見学は普段とは違ったものになりそうです。また、見学は甲板だけではなく、操舵室や無線電信室など、内部も貴重な設備も見学可能です。

■世界三大記念艦 三笠
住所:〒238-0003 神奈川県横須賀市稲岡町82-19
電話:046-822-5225(公益財団法人 三笠保存会)
URL:http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

横須賀が誇るネイビーバーガー&海軍カレーランチ「TSUNAMI」

これが噂の横須賀ネイビーバーガー
「ボリュームたっぷりでおいしい」と参加者も大満足

昼食の会場は、ミリタリーショップ、スカジャンの発祥地として有名な"どぶ板通り商店街"の老舗バーガー屋「TSUNAMI」。ここでは、アメリカ海軍伝統のレシピに基づいて作られている本場の横須賀ネイビーバーガーを食べられます。このお店の特徴は、繋ぎのないステーキのようなパティ。ビーフの重厚な食感とレタスのシャキシャキした歯ごたえが層になり食べ応え抜群です。塩胡椒のシンプルな味付けで食べるもよし、お好みでケチャップやマスタードをかけてアメリカンな味付けにするもよし、あなた好みにカスタマイズしてみてください。

「はとバスツアーのお客様にはバーガーと一緒に、海軍カレーも味わってほしいので、ハーフセットを特別に提供しています」

そう、ここ横須賀ではもう一つの名物「海軍カレー」があります。
ツアー参加者は、ネイビーバーガーとともに海軍カレーも味わうことができるので、お得ですね!

【メニュー】ハーフネイビーバーガー、ハーフ海軍カレー、チェリーチーズケーキ、牛乳
※ハーフとはいえ、ボリューム満点です。

■TSUNAMI/津波
住所: 〒238-0041 神奈川県横須賀市本町2-1-9
電話:046-827-1949
URL:http://navyburger.com/

戦艦や巡洋艦が目の前に!横須賀軍港めぐりクルーズ

トーク内容もおもしろい!?軍港めぐりクルーズ
大迫力の戦艦や巡洋艦が目の前に!

昼食後に訪れたのは、日米の艦船を見ることのできる日本唯一のクルーズ「YOKOSUKA 軍港めぐり」へ。横須賀港は約160年前にペリー率いる艦隊が上陸して以来、日本随一の海軍港として発展してきました。アメリカ海軍施設(横須賀本港)と、海上自衛隊の司令部(長浦港)が置かれた港として知られるこの港を、クルーズ船に乗船して実際の艦船を間近に見ながら、MCの愉快で博識なトークとともに楽しむことができます。

■YOKOSUKA軍港めぐり【TRYANGLE WEB】
住所:神奈川県横須賀市本町2-1-12
電話:046-825-7144
URL:https://www.tryangle-web.com/naval-port.html

地上273mの高さから横浜の街を一望!「スカイガーデン」

69階の展望フロア「スカイガーデン」

横須賀から横浜に移動したはとバス、次の目的地は横浜が誇る超高層ビル"横浜ランドマークタワー"にある「スカイガーデン」へ。69階にある展望フロア「スカイガーデン」では、地上からの高さが273mで、ビルの展望台としては日本で2番目の高所です。ポスターやテレビドラマなどにもよく使われる横浜の町を上から見下ろしてみませんか?

■スカイガーデン
住所:〒220-8169 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー
電話:045-222-5030
URL:https://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/

締めは飲茶食べ放題!中華街の「重慶茶樓」

飲茶のオーダーバイキング
はとバスツアーにご参加のイッシーさんご一行

ランドマークタワーを後にしたはとバスは、『ヨコよこストーリー』ツアー最終目的地の横浜中華街へ。横浜中華街は首都圏随一のチャイナタウンとして有名な、約0.2平方キロのエリア内に500店以上のあらゆる店舗が並ぶ日本最大の中華街。お土産や食べ歩き目的の観光客で連日賑わい、時間を忘れてしまいます。はとバスツアーでは、この中華街入口近くにある「重慶茶樓 横浜中華街本店」で、オーダーバイキングを楽しむことができます。横須賀・横浜の歴史とグルメを堪能してきたツアー参加者同士も打ち解けて、一緒に食事を楽しむ光景が広がっていました。

「東京に単身赴任している仲間同士で参加しました、移動の快適さに加え、おいしい食事や各地のスポットもリーズナブルに楽しめるので最高でした!家族を呼んだ時にもまた利用したいです!」

「はとバスならでは、といった普段の個人旅行では立ち寄らないような場所にもしっかり寄ってくれたり、バスガイドさんの丁寧な解説がわかりやすくて寝る暇もないほどに楽しめました!」

お手軽に楽しめる東京発の日帰りはとバス旅、このゴールデンウィークの選択肢に加えてみてはいかがでしょうか!

■重慶茶樓 横浜中華街本店
住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町185
電話:045-681-0807
URL:http://www.jukeihanten.com/sarouhonten/

今回、数あるツアーから『ヨコよこストーリー』へいざなってくれたはとバス。都内でよく見かける身近な存在ですが、「はとバス」とい名称の由来はあまり知られていません。「はとバス」の由来は、平和、安全、快速のシンボルとされた「鳩」をモチーフに、そして伝書鳩は、飛び立った場所から目的地に着き、そして出発したところへ必ず安全に戻ってくることから、ダブルミーニングで「鳩」が選ばれ、以来、「はとバス」として愛されています。

■ご協力いただいた方々:
株式会社はとバス
広報室 峰岸 智美様/広報室 杉田 真佑子様/バスガイド 藤原美波様ほか

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事