海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >神奈川 >小田急・新型ロマンスカー「GSE」で行く!箱根と絶景の富士山を望む「三島スカイウォーク」を巡る旅

小田急・新型ロマンスカー「GSE」で行く!箱根と絶景の富士山を望む「三島スカイウォーク」を巡る旅

2018年03月17日

2018年3月17日運行開始の新型ロマンスカー「GSE」

 小田急電鉄の新型ロマンスカー70000形「GSE」が本日、2018年3月17日に運行を開始しました。「GSE」とは、「Graceful Super Express」の略称で、「Graceful」という名にふさわしい「優雅な」新型特急列車として、運行開始前から注目を集めていました。「GSE」は、運転手気分に浸れるダイナミックな前面展望を楽しめる「展望席」が先頭車両に設けられた7両編成の列車です。バラの色を基調とした「ローズバーミリオン」の赤い外観は、その姿だけでも「優雅な」という名に相応しい佇まいではないでしょうか。10年ぶりとなる新型ロマンスカーの登場で注目の集まる春の箱根路と、箱根から少し足を伸ばして富士山の絶景が楽しめる日本最長400mの歩行者専用吊橋「三島スカイウォーク」へ。「GSEの旅」に、皆様をご案内します。

新型ロマンスカー「GSE」の特長は!?

運転席が2階部分にあるので、前面の眺望が抜群

 東京の新宿駅から神奈川県の温泉地・箱根湯本駅を結ぶ小田急電鉄の特急ロマンスカーに、新型の70000形「GSE」が登場し、本日デビューしました。その一番列車は、新宿駅9:00発の「スーパーはこね5号」で、7両1編成で運行を開始しました。また、2018年3月17日は、小田急電鉄の運行ダイヤが「大改正」される日でもあります。代々木上原駅から登戸駅間の複々線の完成で、列車本数が大幅に増えるとともに、スピードアップも図られています。新宿駅と箱根湯本駅間の特急ロマンスカーは、最速73分で両駅を結び、 これまでより9分速く到着するようになりました。さらに、 土休日の箱根湯本駅発の特急列車の最終便の時刻が 19:47から22:07に繰り下がり、 箱根の観光をより長く楽しめるようになりました。

「GSE」の展望車は、過去最高水準の眺望
展望席は人気の「プラチナシート」

 小田急のロマンスカーには、「GSE」の登場前までは4種類の列車がありました。2005年に登場した白い外観が美しく、先頭展望車もある50000形「VSE *」は人気の車両で、特に展望車両はなかなか席が取れない「プラチナシート」となっています。
*Vault Super Expressの略、「V」は、Vault=ドーム型の天井、天空、空間の意。
 
 今回登場した「GSE」は、先頭車のフロントガラスが1枚の大型曲面ガラスを採用し、VSEより高さ方向で30㎝ほど広げただけではなく、柱の位置を工夫することによって、遮るものがない前面展望を楽しめるようになっています。先頭の前面展望席は16席で、こちらも「プラチナシート」になること間違いなしです。なお、全車指定席の特急ロマンスカーの乗車には、乗車券のほかに特急券が必要です。ただし、先頭展望車の利用に対し、さらなる特別料金は不要で、「早い者勝ち」となっています。特急券の予約・発売は、乗車日の1ヶ月前の10時からとなっていますので、早めに予約するようにしたいものです。また、「GSE」で運行される列車は毎月変更となりますので、予約前に確認して下さい。

車内では、無料のWi-Fiも利用可能

 「GSE」は、先頭の展望車だけではなく、通常の座席も快適性などが向上しています。各座席には電源コンセントが備えられたほか、車内専用の無料Wi-Fiも整備されています。自分のスマートフォンをロマンスカー・GSE車内限定エンターテイメント「Romancecar Link」に接続すれば、「GSE」独自のコンテンツも見ることができます。箱根の観光案内などのほか、「前面展望」のライブ映像が見られる「目玉」機能に注目です。16席の先頭展望座席でなくても、手元のスマートフォンで前面展望が楽しめるのは、うれしいサービスです。また、車両側面の窓がVSEよりも30㎝高い100㎝に拡大されましたので、こちらの眺望も抜群です。四季折々の風景を楽しみながら箱根へ行くことができます。

■小田急ロマンスカー「GSE特設サイト」
・URL: https://www.odakyu.jp/gse/

箱根湯本駅から芦ノ湖方面へのアクセスがさらに便利に!

箱根神社の赤い鳥居と芦ノ湖と富士山

 特急ロマンスカーで箱根湯本駅に着いたらどこへ行くか・・・。箱根の名所、観光スポットなどを訪れ、最終的には芦ノ湖方面へ行かれる方が多いのではないでしょうか。箱根湯本駅から芦ノ湖方面へ行く場合、おもに以下のルートとなります。
1)箱根湯本駅 ⇒ 箱根登山鉄道 ⇒ 強羅駅 ⇒ ケーブルカー ⇒ ロープウェー ⇒ 海賊船 ⇒ 箱根町港・元箱根港
2)箱根湯本駅 ⇒ 箱根登山鉄道 ⇒ 小涌谷駅 ⇒ 路線バス ⇒ 元箱根港・箱根町港
3)箱根湯本駅 ⇒ 路線バス ⇒ 箱根町港・元箱根港

 このうち3番目の箱根町港・元箱根港への路線バス(急行バス)「箱根新道線」も2018年3月17日から大増便となります。これまで土休日に各3本の便が、 平日各10本、 土休日各11本と大幅に増便されます。 箱根湯本駅から箱根町港までノンストップで運行し、 終点・元箱根港まで30分で到着、 芦ノ湖へのアクセスが飛躍的に向上することになりました。

■箱根登山バス
・URL: https://www.hakone-tozanbus.co.jp/

大幅増便の急行バス「箱根新道線」

芦ノ湖・元箱根港周辺のおススメスポット(1)「箱根神社」

パワースポット、箱根神社

 アクセスがさらに便利になった芦ノ湖の元箱根港周辺のおススメスポットを紹介します。まずは、御鎮座1250年を超える箱根神社です。元箱根港から芦ノ湖に沿って、しばらく歩いて行くと山側に鳥居が見えてきます。 「パワースポット」として脚光を浴びる箱根神社に参拝して行きましょう。

 箱根神社は、757年に、箱根大神の御神託により万巻上人が創建したといわれています。関東の総鎮守として、古来から信仰を集めてきました。 室町時代の世阿弥の作品で「箱根神社には男女のご利益がある」と書かれ、新宮「九頭竜神社」は、 縁結びのご利益があるといわれています。「縁結び」のスポットとして、女性が多く訪れるといいます。また、「縁結び」だけではなく、「勝負の神」として、古来より数多くの武将が参拝した神社でもあります。源頼朝や徳川家康も参拝したといいますから、運開きとしても参拝したいところです。

■箱根神社
・住所: 〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
・URL: http://hakonejinja.or.jp/

芦ノ湖・元箱根港周辺のおススメスポット(2)「サロン・ド・テ ロザージュ」

芦ノ湖に隣接するカフェ
テラス席もあって、芦ノ湖を見ながらの優雅なティータイム

 箱根神社への参拝を終えたら神社から芦ノ湖沿いを数分歩いたところにあるカフェ「サロン・ド・テ ロザージュ」でティーブレイクにしましょう。

 「小田急 山のホテル」の入口の前にあり、1階からも入店できますが、2階から入って、1階のカフェに降りることもできる構造になっています。1階のカフェにはテラス席があって、芦ノ湖を眺めながらのティータイムは優雅で特別なひとときを演出してくれるでしょう。

 まるで芦ノ湖に浮かぶように建つ「サロン・ド・テ ロザージュ」で外せないのが、「ロザージュ伝統のあつあつりんごパイ 〜バニラアイス添え〜」です。

ティーセット(ポットサービス)で2,317円(税・サ込)

 「ロザージュ伝統のあつあつりんごパイ 〜バニラアイス添え〜」は、サーブされる時の「イベント」が必見です。各テーブルで、オレンジソースなどで皿に花の絵を描くデモンストレーションが行われ、バニラアイスが添えられて、りんごパイが目の前で完成するのです。どんなデモンストレーションかは、店舗の公式ホームページ内の動画でも見ることができます。優雅で特別なティータイムとなることでしょう。

■サロン・ド・テ ロザージュ
・住所: 〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
・URL: http://www.hakone-hoteldeyama.jp/restaurant/rosage/

さらに足を伸ばして、富士山の絶景スポットへ!

全長400mの日本一長い歩行者専用吊橋「三島スカイウォーク」

 今回は、さらに元箱根港付近から足を伸ばして、富士山の絶景が見られる「インスタ映え」スポットの「三島スカイウォーク」へ行ってみましょう。元箱根港から「三島スカイウォーク」へは、JR三島駅南口行きの路線バス(東海バス)で約20分です。

■東海バス
・URL: https://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=7602


 「三島スカイウォーク」は、2015年12月にオープンした全長400mの日本一長い歩行者専用吊橋です。 春は「絶好の富士ビュー・シーズン」で、 5月末頃までは冠雪した富士山を吊橋の上から楽しむことができます。 橋の高さは70mでスリル満点。富士山だけでなく、駿河湾や伊豆・箱根の山々などを見ることができる絶景スポットです。

シバザクラが咲く「三島スカイウォーク」
花々に囲まれた「スカイガーデン」館内

 「三島スカイウォーク」敷地内の「スカイガーデン」は、全面ガラス張りとなっているショップです。天井を埋め尽くす花々のシャンデリアは、圧巻です。花々を眺めながらドリンクや地元産の食材を使った軽食を楽しめるので、優雅な気分に浸れるでしょう。また、「伊豆」「箱根」を代表する土産物なども購入できます。なお、「三島スカイウォーク」からJR東海道新幹線三島駅へは、路線バス(東海バス)で約20~25分です。

■三島スカイウォーク
・住所: 〒411-0012 静岡県三島市笹原新田313
・URL: http://mishima-skywalk.jp/


 「Graceful」を冠した新型特急ロマンスカー「GSE」で、春の箱根路へ、優雅な旅に出かけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事