海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >神奈川 >横浜・本牧の三溪園が紅葉に彩られた重要文化財2棟を期間限定公開。菊花の展示も

横浜・本牧の三溪園が紅葉に彩られた重要文化財2棟を期間限定公開。菊花の展示も

2020年11月20日

本牧の高台にそびえ立つ三渓園の三重塔

横浜市中区本牧の三渓園は、11月21日(土)から重要文化財2棟、聴秋閣(ちょうしゅうかく)、春草蘆(しゅんそうろ)の公開を開始します。いずれも江戸時代初期の建造物で、デザイン性に富み、色づく紅葉のなかでは一層の情趣を楽しめます。同園の秋の催事情報とともに詳細を紹介します。

11月21日から聴秋閣、春草蘆の公開を開始

聴秋閣

横浜の三渓園はこの秋、鮮やかな紅葉が周辺を彩る重要文化財建造物2棟と、三重塔の絶景を望む聴秋閣奥の遊歩道を公開します。
「聴秋閣」は二条城内にあったとされ、江戸幕府の第三代将軍、家光が自らの乳母である春日局に下賜したとされる楼閣建築です。「春草廬」は、織田信長の弟、有楽(うらく)の作といわれる三畳台目の茶室。いずれも樹々に囲まれ、紅葉の季節は一層美しく潚洒なたたずまいを見せます。

●聴秋閣
建築は江戸時代初期の元和9(1623)年。三溪園への移築は大正11(1922)年。徳川3代将軍家光が将軍宣下を受けるにあたり上洛した際、京都の二条城内に建てられたと伝えられ、のちに乳母の春日局(かすがのつぼね)に与えたと伝えられる楼閣建築です。

春草廬

●春草廬
建築されたのは、小間が江戸時代、広間は三溪園に移築後に増設。移築は大正11(1922)年。京都宇治の三室戸寺金蔵院(みむろとじこんぞういん)にあった茶室で、古くは“九窓亭(くそうてい)”と呼ばれ、織田信長の弟で茶人として知られる織田有楽の作といわれる茶室。

・公開期間: 2020年11月21日(土)~12月6日(日)
・公開時間: 9:00~16:30
※三重塔を望む絶景が楽しめる聴秋閣奥の遊歩道も同期間開放します。建物は小規模であるため、間近での見学となります。内部に立ち入ることはできません。

紅葉と黄葉のコントラストが美しい


三渓園とは

京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物を巧みに配置

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家、原三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。17万5000平方メートルにおよぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています(現在、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)。
東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる広大な土地は、三溪の手により1902年(明治35)頃から造成が始められ、1914年(大正3)に外苑、1922年(大正11)に内苑が完成するにいたりました。

三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「神輿振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。その後、戦災により大きな被害を受け、1953年(昭和28年)、原家から横浜市に譲渡・寄贈されたのを機に、財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在にいたります(公式ホームページより引用)。

■三渓園
・住所: 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
・アクセス: 
電車=JR根岸駅から 市バス58・99・101系統で約10分 本牧下車徒歩10分/横浜駅から 市バス8・148系統で約35分 三溪園入口下車徒歩5分/ぶらり三溪園BUS(土・日曜日・祝日限定運行)約35分 三溪園下車/桜木町駅、元町・中華街駅からもバスでアクセス可能 
車=本牧ふ頭IC、新山下IC、三渓園IC利用(駐車場が限られるため公共交通機関の利用を推奨)
・電話: 045-621-0634
・URL: https://www.sankeien.or.jp/

三渓園の今秋の催事

菊花展は11月23日まで

・菊花展: 10月26日(月)~11月23日(月・祝)
日本の秋を代表する菊花500点を展示。大菊や懸崖、小菊盆栽など、バラエティ豊かな菊花の世界が楽しめます。特に、江戸時代から各地で改良され伝えられてきた古典菊は珍しく、必見です。

・菊の生け込み: 11月7日(土)~11月23日(月・祝)
横浜を拠点に活躍するフラワーデザイナー五十嵐道子氏が、山里の雰囲気が漂う合掌造りの古民家・旧矢篦原家住宅(きゅうやのはらけじゅうたく)に菊を生け込み、室内を優しく彩ります。

・フォトコンテスト: 2021年1月1日(金・祝)~3月8日(月)
2020年10月31日(土)まで受付の応募作品の中から選ばれた46点を展示します。四季それぞれに表情を変える三溪園の魅力が、展示された作品をとおして味わえます。

紅葉の中、風情たっぷりのひとときを横浜の三溪園で過ごしてみませんか。

≫≫≫(関連記事)神奈川観光に役立つ記事はこちら

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において、短縮営業や休園の可能性があります。最新情報は、公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年11月17日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 御朱印シリーズ  御朱印でめぐる神奈川のお寺

地球の歩き方 御朱印シリーズ 御朱印でめぐる神奈川のお寺

地球の歩き方編集室
定価:本体1,500円+税
発行年月: 2020年05月
判型/造本:A5変並製
頁数:144
ISBN:978-4-478-82488-7

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース