海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >神奈川 >【2020年】小田原・曽我梅林「曽我別所梅まつり」見どころ、開花状況とアクセス情報

【2020年】小田原・曽我梅林「曽我別所梅まつり」見どころ、開花状況とアクセス情報

2020年02月03日

満開の梅と富士山のコラボレーション!

約3万5000本! 神奈川県小田原市の曽我別所梅林は、梅林から富士山が見えるスポットがあって、フォトジェニックです。祭りの会期は、2020年2月1日から3月1日まで。絶景の梅林を見に出かけてみませんか。さらに、小田原城や「まつだ桜まつり」など周辺散策情報も。

「曽我みのり館」周辺の様子

「梅の里センター分館 曽我みのり館」付近のビュースポット

晴天で梅が満開の情報により、「曽我別所梅林(曽我梅林)」へやってきました。最寄り駅はJR御殿場線の下曽我駅。駅前にある「梅の里センター」でレンタサイクルを申し込み、いざ梅林へ。「梅の里センター」の係員の方に、「富士山と梅林のコラボを見るならどこが良いですか?」と聞きました。すると、「電線などの障害物が少ない『曽我みのり館』近くがよいのでは?」とのことで急行します。

電動のレンタサイクルでスイスイ。小高い丘のようなところに、ちょっとした公園が整備されていました。梅農家が栽培する一面の梅林と富士山、菜の花のコラボレーションです。

菜の花畑は、それほどの規模がなく、至近に柵がありますので、上のような画像となりました。防霜ファンや柵などの障害物がありますが、雪をかぶった富士山と梅林のコラボを楽しめました。

このビュースポットは、こちら(Google MAP)。

「梅の里センター分館 曽我みのり館」周辺に広がる梅林と富士山
「農協踏切」からJR御殿場線の御殿場駅方向の風景

「梅の里センター分館 曽我みのり館」付近には、JR御殿場線の単線の線路が走っています。その線路を横断する小さな「農協踏切(Google MAP)」を渡ると、ちょうど列車が。

梅と列車と富士山と・・・・・・

線路に対して、もう少し道路が斜めに交わってくれていると撮影しやすかったのですが、JR東海の313系電車に梅と富士山のコラボレーションが撮影できました。

梅が満開の瑞雲寺を参拝

瑞雲寺の入口付近では、ピンクと白の梅が満開に

梅と富士山のコラボレーションを無事撮影できましたので、曽我梅林をゆっくりレンタサイクルで回ります。

開創500年以上という古刹、曹洞宗龍珠山瑞雲寺は曽我丘陵の中腹に建っています。筆者が訪問したときは、ちょうどピンクや白色の梅が満開を迎えていました。

■曹洞宗龍珠山瑞雲寺
・URL: http://ryuzyuzan-zuiunzi.jp/

宗我神社に参拝

境内の入口には、ケヤキの大木が!
曽我の人々の崇拝を集める神社

続いて、宗我神社に参拝します。こちらも曽我丘陵の中腹に建っています。1028年の建立で、曽我の里の総鎮守となっています。

境内の入口に立つ巨木は、ケヤキです。「小田原市指定保存樹林」にも指定されているのだとか。なお、木の上にある丸い「ポンポン」のようなものは、樹木に寄生する「ヤドリギ」という植物とのこと。ケヤキの葉が落ちているので、「ヤドリギ」が目をひきます。

■宗我神社
・住所: 〒250-0204 神奈川県小田原市曽我谷津386

曽我丘陵の中腹に梅林と絶景が!

丘陵地に咲き誇る梅林へ!

曽我丘陵の中腹側の古刹を回り、曽我梅林の「別所会場」方向へ進みます。すると、丘陵地の斜面一面に梅林が広がるエリアがありました。やや急な坂ですが、電動レンタサイクルでのアシストを受けながら登ってみました。

中央に富士山が見えるはずが・・・・・・
眼下に広がる梅林と富士山・・・・・・

丘陵地の上のほうまでやってきました。眼下には、白色の梅を中心とした梅林が広がっていました。遠くに富士山がうっすら見えているのですが、正午近くになって霞がかかってきたため写真に収めることはできませんでした。午前中の早めに来るべきところでした。このビュースポットは、こちら(Google MAP)。

二宮尊徳と曽我の関係、遺髪塚

孫の奥三郎が1938(昭和13)年に建てた遺髪塚

江戸時代後期に600以上もの荒廃した村々を立て直したことなどで知られる二宮尊徳。その母の実家が旧曽我別所村にありました。傾きかけていた母の実家の川久保家を再興し、その際に恩を受けた川久保民次郎の遺言によって、孫の奥三郎が1938(昭和13)年に建てた二宮尊徳遺髪塚があります。

昭和時代の小学校などには、上の画像のような二宮尊徳の銅像があちこちにありました。ところが、最近では「歩きスマホ」を連想させるということで撤去されることが多いのだといいます。「歩きスマホ」と同列にされてしまうことに猛烈な違和感を覚えます(筆者の個人的な感想です)。

このスポットは、こちら(Google MAP)。

最初にココに来るべき!小田原牧場アイス工房の駐車場

小田原牧場アイス工房の駐車場が絶景撮影スポットだった!

路線バスが通る県道72号線に出ました。その県道は、曽我梅林の別所会場などに行く自動車などで渋滞が起きていました。その県道72号線沿いで、別所会場の至近にあるのが「小田原牧場アイス工房」です。

観光バスなどが止まる大きめの駐車場ですが、別所会場の梅林を見下ろせる位置にあります。その駐車場の「ヘリ」が絶景撮影ポイントでした。

それが上の画像です。ピンク色のしだれ梅の間に富士山・・・・・・。ちょうど昼の12時頃の様子です。うっすらと富士山が見えていますが、写真にとらえることは・・・・・・(目を凝らすと見えます)。午前中の富士山が美しく見える段階で、ココに来ていたら・・・・・・。まず、(午前中の早い段階で)この場所に訪問されることを強くおすすめします。

■小田原牧場アイス工房
・URL: http://www.pcm777.com/ice/

個人宅の玄関の巨大「しだれ梅」が見事!
「しだれ梅」を下からのぞき込むとシャンデリアのよう

小田原牧場アイス工房前の県道近くの個人宅の玄関前で、立派なしだれ梅が満開を迎えていました。多くの観光客がカメラを構えています。あくまでも個人宅の玄関のため、静かに、敷地内に入ることなく楽しませていただきましょう。

曽我梅林「別所会場」

やや高いところから梅林の全景がみられる

曽我梅林のメイン会場の「原地区」と「別所会場」へやってきました。まずは、「別所会場」を見学です。なお、2020年2月11日には「流鏑馬(やぶさめ)」が開催されます。

会場の敷地内に小川が流れていて、その堤防が展望台のように高くなっています。そこから梅林の全景を望むことができるようになっているのです。筆者は日曜日の訪問だったので、BGMやアナウンスなどがあって騒がしい部分もありましたが、絶景でした。

ピンク色のしだれ梅が美しい
白色のしだれ梅も満開に
白梅もほぼ満開に
敷地内を流れる小川の両岸にも梅が
小川の岸に1本だけ河津桜も

「別所会場」では、イベントステージや屋台などの出店もあります。ベンチなどが少ないので、レジャーシート持参で梅林の中でランチというのもよいでしょう。

最後に、「別所会場」から下曽我駅方向へ進んでいくと曽我梅林「原地区」に入ります。「別所会場」と「原地区」は隣接しています。

必見!「原地区」の一角にあるカラフルなエリア

紅梅、ピンク色、白色など彩り豊かに

住宅街と田んぼに隣接する「原地区」の一角に、何ともカラフルなエリアがありました。紅、ピンク、白色などの彩り豊かに咲き誇る梅たちを見て、下曽我駅へ戻りました。

曽我梅林へのアクセス方法

美しい曽我梅林の紅梅

曽我梅林へのアクセス方法です。曽我梅林の最寄り駅は、JR御殿場線の下曽我駅です。そのJR御殿場線は、JR東海道線の神奈川県・国府津(こうづ)駅と静岡県・御殿場駅を経て静岡県の沼津駅にいたる路線です。国府津駅の次の駅が下曽我駅となります。

なお、JR御殿場線は全線がJR東海の管轄路線となっています。JR東日本エリアで「Suica」や「PASMO」などのIC乗車券で入場した場合、JR東海の「TOICA(トイカ)」エリアの下曽我駅にてIC乗車券で下車することができません。これは、「Suica」エリアから「TOICA」エリアへの「エリアまたぎ」ができないためです。そのため、JR東日本エリアから乗車してきたであろう乗客が下曽我駅の改札口で引っかかってしまい、(ひとつしかない)窓口での精算で長蛇の列ができていました。JR東日本エリアの駅から下曽我駅までは「Suica」などのIC乗車券の利用ではなく、紙の乗車券を購入するようにしましょう。

また、下曽我駅発着や「別所会場」近くを通る路線バスが複数の駅から出ています。JR国府津駅から小田急電鉄の新松田駅を結ぶ路線と小田原駅と下曽我駅を結ぶ路線です。ただし、筆者が訪問した際は、道路の渋滞で遅れが発生していました(14:00の段階で、予定時刻の1時間遅れでした)。

往路は、JR下曽我駅までJR御殿場線の列車で来るのがよいのではないでしょうか。自家用車も駐車場への入場待ちと渋滞がありますので、列車を利用してアクセスすることを強くおすすめします。

富士山と梅のコラボは、午前中の早めに!

曽我別所梅林の「梅まつり」は、2020年2月1日から2020年3月1日までの予定です。曽我梅林の梅の多くは農家の梅の実の生産用のため、「梅まつり」が終了すると剪定が行われるようです。「梅まつり」期間中に訪問するようにしましょう。

本記事の各エリアの詳細情報、梅の開花状況などは、「小田原梅まつり・曽我別所梅林」公式ページで確認ください。

■小田原梅まつり・曽我別所梅林
・URL: https://soganosato.com/

※撮影日: 2019年2月24日

曽我梅林の歩き方

富士山とのコラボポイントは、午前早めに行くべし

曽我梅林の魅力は、美しい梅の花々と雪をかぶった富士山とのコラボレーションの光景が見られることでしょう。ただし、富士山がきれいに見られる条件は快晴であることだけではなく、午前中の早い時間であることも必須なようです。筆者が訪問した時のように、昼頃になると霞がかかって富士山が見えにくくなったり、雲がかかってしまうことが多いからです。

このため、曽我梅林で美しい梅の花々と雪をかぶった富士山のコラボ写真を撮影する場合には、梅の見どころを巡る順番が大切です。筆者の経験から以下の順番で巡ることをおすすめします。なお、徒歩ではかなりの距離となるので、電動レンタサイクルの利用が必須です。

【1】JR下曽我駅(午前早め)
※駅前にある「梅の里センター」で(電動)レンタサイクル利用
【2】小田原牧場アイス工房の駐車場
【3】曽我丘陵の中腹の梅林エリア(富士山の状況次第で省略してもよい)
【4】「曽我みのり館」周辺エリア

上記【2】~【4】をできれば10:30前後までに訪問し終えておくのがベターです。その後は、ゆっくり瑞雲寺や曽我梅林の「別所会場」などを巡りましょう。

【オプション1】小田原城散策へ!

場内には、1本だけ満開の河津桜が
河津桜と小田原城のコラボレーション

小田原といえば、戦国武将・北条氏の城下町です。曽我梅林の最寄り駅・下曽我駅から路線バスで1本(約40分の乗車)か、列車の乗り継ぎ(乗換え1回)で小田原駅へ行くオプションプランもおすすめです。

筆者が訪問した際は、小田原城内の梅は見頃を過ぎていました。また、小田原城とコラボレーションできる梅の木を見つけられなかったのですが、その代わりに河津桜が1本だけありました。濃いピンク色の河津桜と小田原城のコラボレーション、美しいです。

城の堀沿いには、桜(ソメイヨシノなど)並木がある
天守閣最上階からの眺め
小田原城は駅から徒歩約10分と至近に

小田原城の天守閣の最上階からは、相模湾や豊臣秀吉が作った「一夜城」跡などを遠くに見ることができます。また、高速で通過する東海道新幹線や小田急ロマンスカーなどを眼下に、小田原駅の全景も見渡せます。

なお、小田原城は桜の時期の訪問もおすすめです。

■小田原城
・URL: https://odawaracastle.com/

小田原城に隣接する報徳二宮神社

小田原城に隣接して、二宮尊徳をお祀りした報徳二宮神社があります。境内には、二宮尊徳の像がありました。その説明立て札の二宮尊徳の言葉です。

「経済なき道徳は戯言であり 道徳なき経済は犯罪である」

■報徳二宮神社
・URL: https://www.ninomiya.or.jp/

【オプション2】「まつだ桜まつり」へ!

ピンクの河津桜と黄色の菜の花の競演
河津桜の間からの絶景

曽我梅林の最寄り駅・下曽我駅からJR御殿場線で約10分のJR松田駅に近いところにも花の絶景スポットがあります。ピンク色の河津桜、黄色の菜の花と富士山の競演が楽しめる「まつだ桜まつり」への訪問もおすすめです。曽我梅林の梅とほぼ同時期に河津桜は見頃を迎えるので、花見の「はしご」はいかがでしょうか。

「まつだ桜まつり」の詳しい情報は、「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、以下の各「詳細記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色い各ボタン「詳細記事はこちら」で確認ください。

※初回掲載: 2019年2月26日

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース