海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >埼玉 >ラグビー日本代表を世界最大の「田んぼアート」で応援(埼玉県行田市)

ラグビー日本代表を世界最大の「田んぼアート」で応援(埼玉県行田市)

2019年06月24日

ラグビー日本代表を応援する「田んぼアート」

ラグビー日本代表を応援する世界最大の「田んぼアート」を紹介します。世界最大と呼ばれる埼玉県行田市の「田んぼアート」は、ラグビー日本代表を応援するために、ボランティアら約900人と田植えイベントを行いました。「田んぼアート」の絵柄には、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手、姫野和樹選手、田中史朗選手が採用されています。世界最大の「田んぼアート」を観に、埼玉県行田市へでかけてみませんか。

世界最大の「田んぼアート」とは!?

田植えをする「よしもとラグビー芸人」

埼玉県行田市は、2019年6月15日(土)、大正製薬株式会社の協賛のもと、ラグビー日本代表を応援する一環として、「よしもとラグビー芸人」と共に「田んぼアート田植え体験イベント」を古代蓮の里(こだいはすのさと)にて開催しました。

雨天のなか、「田んぼアート田植え体験イベント」には、「よしもとラグビー芸人」の4名と田植え体験参加希望者約400名が県内外から集まり、田んぼアートの田植え体験を通して、ラグビー日本代表を熱く応援しました。さらに、翌6月16日(日)は、晴天に恵まれ、一般募集で参加した約500人が田植えを手伝いました。

稲穂が成長する7月中旬から8月中旬ごろにかけて、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手、姫野和樹選手、田中史朗選手をデザインした「田んぼアート」が浮かびあがる予定です。

イベントを盛りあげる「よしもとラグビー芸人」

「よしもとラグビー芸人」の4名

「田んぼアート田植え体験イベント」のオープニングセレモニーでは、まず、田んぼアート米づくり体験事業推進協議会会長・吉田悦生氏があいさつを述べました。

その後、2019年の絵柄に採用された田中史朗選手に扮するアントニーさん(マテンロウ)をはじめ、大トニーさん(マテンロウ)、植野さん(デニス)、リロイ太郎さん(コロナクラウン)の「よしもとラグビー芸人」4名が日本代表選手に扮して登壇しました。

「ファイト!一発」の掛け声で記念撮影

掛け声を合図に記念撮影

大トニーさん(マテンロウ)以外の3人は、意外にも田植え経験があり、「今日植えたものは、もしかしたら外国米になってしまうかもしれない」と、植野さん(デニス)はハーフ芸人ならではのギャグで会場を盛りあげました。

また、「田んぼアート」の絵柄に採用されている田中史朗選手に扮するアントニーさん(マテンロウ)の姿にも触れ、「全く似てない! アントニーを見ながら田植えをしたら初めての大失敗になる可能性がある」といじりました。

一方、松島幸太朗選手に扮するリロイ太郎さん(コロナクラウン)は、「唯一めちゃくちゃ似てる!」と自ら自慢げに話しました。さらに稲垣啓太選手に扮する大トニーさん(マテンロウ)は、「自分は全然似てない。稲垣さんは笑わない男と言われていて最近すごく人気があるが、自分はめちゃくちゃ笑ってしまう!笑う稲垣選手で頑張っていきます。」と意気込みを語りました。

セレモニーの最後には、「ファイト!一発」の掛け声で記念撮影が行われ、会場が一丸となってラグビー日本代表にエールを送りました。

「田んぼアート」の見ごろは!?

田植えをするボランティアの人々

「田んぼアート」の見ごろは、7月中旬から8月中旬ごろだそうです。稲穂が成長すると、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手、姫野和樹選手、田中史朗選手をデザインした「田んぼアート」が浮かびあがる予定です。古代蓮の里展望タワーから、屈強な選手たちのダイナミックな風景を観ることができます。

■古代蓮の里展望タワー
・住所:〒361-0024 埼玉県行田市小針2375-1
・URL:http://tower-fan.nishimitsu.com/hasunosato.htm

いかがでしたか。ラグビー日本代表を応援する世界最大の「田んぼアート」を紹介しました。世界最大「田んぼアート」を観に、埼玉県行田市へでかけてみませんか。

「古代蓮の里」に咲く花々と展望タワー

なお、古代蓮の里展望タワー付近では、例年6月中旬から8月上旬に「古代蓮」が見頃を迎えます。「古代蓮の里」の花の見頃、行田のオススメ観光スポット情報、アクセス情報を以下の詳細記事で紹介します。

詳細は、「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、「詳細記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色いボタン「詳細記事はこちら」からお楽しみいただけます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー