海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >埼玉 >45万株!所沢「ゆり園」/ 10万本!東村山・北山公園「菖蒲まつり」

45万株!所沢「ゆり園」/ 10万本!東村山・北山公園「菖蒲まつり」

2018年06月01日

45万株!ところざわのゆり園

 プロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地「メットライフドーム」付近では、例年6月中旬頃に、ふたつの花が見頃を迎えます。ひとつ目は、「メットライフドーム」の最寄り駅、西武狭山線の西武球場前駅から至近にある「ところざわのゆり園」のユリです。約3万㎡の自然林の敷地に50種・約45万株のユリが咲き誇ります。ふたつ目は、西武新宿線の東村山駅が最寄り駅となる北山公園の花菖蒲です。約6,300㎡の敷地に300種、8,000株(約10万本)の花菖蒲が咲き誇ります。ふたつの花スポットの魅力を紹介します。

50種・約45万株!「ところざわのゆり園」

埼玉西武ライオンズの本拠地「メットライフドーム」と満開のユリ

 池袋駅から西武池袋線・狭山線で約50分(野球開催日などに運行される特急列車なら約30分)。プロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地「メットライフドーム」の最寄り駅、西武球場前駅から徒歩約3分のところに「ところざわゆり園」があります。西武球場前駅の改札口を出て右方向へ進みましょう。

斜面に咲き誇る圧巻のユリ

 埼玉県所沢市の「ところざわのゆり園」は、ユリの開花時期に多くの観光客が訪れる花スポットです。約3万㎡の自然林の敷地に50種・約45万株のユリが咲き誇る園内に入りますと、森の中に咲く、カラフルなユリの花々が出迎えてくれます。入口付近で、ユリのイイ香りが漂っています。

 丘陵地帯の斜面に赤、オレンジ、黄などのカラフルなユリが咲いていて、何ともフォトジェニックな光景です。斜面の下から見上げたユリの群落の風景もいいのですが・・・。

黄色のユリの群落と森の緑のコントラスト!

 斜面の上の見晴らしのよいところは、絶好のフォトスポットになっています。一面に咲き並ぶ黄色のユリの群落やカラフルなユリが咲き乱れるエリアなどさまざまで、その華麗なる光景に息をのむことでしょう。森の中に「ユリの絨毯」が広がるような華やかな光景のなか、ゆっくりと園内を巡ってみましょう。

美しいユリを撮影する人々・・・

 園内のユリは、「早咲き」と「遅咲き」の種類に大別されるとのこと。「早咲き」の時期は、「スカシユリ」の系統となります。大きな花びらで、鮮やかな色彩が特長なのだとか。また、「遅咲き」の時期は「ハイブリッド種」が中心とのこと。甘い香りが強く、目と鼻でユリを楽しめるのだといいます。

華やかで豪華!オレンジのユリの群落
森の木々の陰に咲くユリは、太陽を目指して・・・
華やかな紅いユリ「タイニーホープ」

 丘陵地帯に華麗なる花畑を形成する「ところざわのゆり園」。園内は、整備された遊歩道を散策できますが、アップダウンの激しいところもありますので、履き慣れた歩きやすい靴で来園するようにしましょう。

 なお、2018年は、6月2日(土)から7月8日(日)まで開園予定とのこと(ユリの開花状況などによって変動可能性あり)。営業時間は、9:00~17:00(最終入園16:30)です。また、園内には「ドッグラン広場」が設けられ、犬と同伴で来園することも可能です。

 「ところざわのゆり園」は、「メットライフドーム」からも近いので、野球観戦とセットで訪問するのもいいかもしれません。

 森林浴を楽しみながらの花散歩が出来る「ところざわのゆり園」、おススメです。

■ところざわのゆり園
・住所: 〒359-1153 埼玉県所沢市上山口2227
・最寄駅: 西武狭山線西武球場前駅
・URL: https://www.seiburailway.jp/guide/rec/yurien/

300種、約10万本! 北山公園「東村山菖蒲まつり」

紫や白色の花菖蒲と背後の「八国山緑地」のコントラスト

 「ところざわのゆり園」から西武球場前駅へ戻り、ゴムタイヤで走る新交通システム「西武山口線」に乗って西武遊園地駅へ。次の花スポットは、西武遊園地駅にも近い北山公園です。

 北山公園は、東京都東村山市にあり、昭和57年に東京都が選定した「新東京百景」にも選ばれているとのこと。また、映画『となりのトトロ』の参考にもなったという「八国山緑地」が背後に控えている自然豊かな公園です。園内に入って、花菖蒲を鑑賞しましょう。

しっとりと上品な佇まいの花菖蒲

 「八国山緑地」と西武西武園線(東村山・西武園間)に沿って東西に細長い北山公園には、約6,300㎡の敷地に300種、8,000株(約10万本)の花菖蒲が咲き誇ります。園内の花菖蒲田に咲き誇る紫や白色の花菖蒲は、圧巻の光景をつくり出しています。

 園内の花菖蒲田の中には、整備された木道があります。木道に沿って、ゆっくりと花散歩を楽しみましょう。

水辺に映る花菖蒲
多くの観光客が訪れる「東村山菖蒲まつり」

 花菖蒲は、江戸時代に品種改良が盛んに行われたのだとか。江戸系、肥後系、伊勢系などの系統がある花菖蒲は、品種ごとに花の形や色などが異なっています。遠目では、紫と白色の2種類だけかと思いがちですが、花々を間近で見てみると異なる表情を見せてくれます。品種名を確かめ、じっくり鑑賞していきましょう。

大振りで華やかな佇まいの花菖蒲も

 北山公園の菖蒲田の北側には、レジャーシートを敷いてお弁当を広げられるようなスペースもあります。家族連れでゆっくり楽しめる花スポットです。

 なお、2018年「第30回東村山菖蒲まつり」は、6月2日(土)から6月17日(日)まで開催予定とのこと。開園時間は、10:00から16:00です。また、期間中には、東村山市内の名産品や地場野菜の販売が行われます。週末を中心に琴の演奏イベントなども行われるほか、6月9日(土)と10日(日)には「ライトアップ」イベントも(19:00から21:00)。夜の花菖蒲というのも一興です。

 多彩なイベントも行われる「東村山菖蒲まつり」、おススメです。

■北山公園「東村山菖蒲まつり」
・住所: 〒189-0022 東京都東村山市野口町4-50
・最寄駅: 西武新宿線東村山駅、西武園線西武園駅など
・URL: http://www.shoukoukai.or.jp/shoubu.kaika.html

「ところざわのゆり園」と「東村山菖蒲まつり」両方を楽しむには!?

北山公園へのアクセス方法を要確認

 「ところざわのゆり園」と「東村山菖蒲まつり」は、花の見頃の時期と両スポットの位置も近く、同日中に両方を楽しめます。ふたつの花スポットを効率的に「はしご」する方法(モデルコース)を紹介します。

 午前中から午後早めまでに「ところざわのゆり園」で、ユリを鑑賞します。その後、最寄り駅の西武球場前駅へ戻ります。西武球場前駅と西武遊園地駅とを結び、ゴムタイヤで走る新交通システム「西武山口線」に乗って西武遊園地駅へ向かいます。

 西武遊園地駅の北口改札を出て、道路に出たら右へ。西武遊園地に沿って少し歩くと、西武園競輪の下車駅「西武園」駅北口に差し掛かります(西武遊園地駅と西武園駅は別の駅ですが、至近距離にあります)。さらに、西武園線の線路に沿って東村山駅方向に歩くと、目的地の北山公園に到着します(西武遊園地駅から北山公園へは、徒歩で約10分です)。

 北山公園は、西武新宿線東村山駅と西武園線西武園駅の中間地点付近に位置しています。東村山駅西口からは、徒歩約20分の距離です。東村山駅と北山公園の中間地点付近には、都内で唯一、かつ関東でも数えるほどしかないという国宝の建造物である地蔵堂が建つ「正福寺」などのスポットもありますので、散策がてら歩けば苦にならないでしょう。なお、「東村山菖蒲まつり」の期間中の土・日曜日には、東村山駅西口と北山公園とを結ぶ「シャトルタクシー(150円/人)」の運行もあります。

おトクなきっぷ「ゆり散策きっぷ」を利用しよう!

「ところざわのゆり園」へのおトクなアクセス方法とは!?

 「ところざわのゆり園」や北山公園へのアクセスに西武鉄道を利用する場合のおトクなきっぷを紹介します。西武線の往復割引乗車券と「ところざわのゆり園」の入園券(割引)がセットになった「ゆり散策きっぷ」です。2018年6月2日(土)から7月上旬の期間限定で発売されています。

 例えば、池袋駅からの利用の場合、「ゆり散策きっぷ」では、往復の乗車券・「ところざわのゆり園」の入園券込みで1,500円(大人1人、子供料金もあり)ですが、「正規料金」ですと、
・池袋駅-西武球場前駅(往復): 740円
・「ところざわのゆり園」入園券: 1,100円
の合計1,840円となりますので、「ゆり散策きっぷ」を利用した方が340円もおトクになります。

 さらに、「ゆり散策きっぷ」のおススメポイントは、上記の「モデルコース」でも利用できる点です。有効区間が、出発駅から西武球場前駅までの往復1回限りに加え、復路で西武球場前駅・遊園地西駅・西武遊園地駅・西武園駅・東村山駅が乗り降り自由となっているからです。

 「モデルコース」の大人1人当たりの「正規料金」は、以下のようになります。
・池袋駅-西武球場前駅(片道): 370円
・「ところざわのゆり園」入園券: 1,100円
・西武球場前駅-西武遊園地駅(片道): 144円
・東村山駅-池袋駅(片道): 340円
の合計1,954円となりますので、454円もおトクになります。池袋駅以外の駅からの設定もありますので、「ゆり散策きっぷ」は要チェックです。

 西武鉄道を使って、ふたつの花スポットへ出かけてみませんか。

■花さんぽ -西武鉄道で行く、沿線の季節の花々情報ガイド-
・URL: https://www.seiburailway.jp/railways/hanasanpo/


■「ゆり散策きっぷ」
・URL: https://www.seiburailway.jp/ticket/otoku/yuri/index.html

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事