海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >埼玉 >埼玉・長瀞 花の里 ハナビシソウ「オレンジの絨毯」絶景の花散歩 長瀞観光とアクセス方法

埼玉・長瀞 花の里 ハナビシソウ「オレンジの絨毯」絶景の花散歩 長瀞観光とアクセス方法

2018年05月11日

満開のハナビシソウ(カリフォルニアポピー)

 「ラインくだり」や岩畳、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で一つ星を獲得した宝登山(ほどさん)神社などの観光スポットがある埼玉県長瀞町では、例年5月中旬から6月上旬にかけてハナビシソウ(カリフォルニアポピー)が見頃を迎えます。オレンジ色の花々と新緑のコラボレーションが生み出す絶景は、何ともフォトジェニックです。ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)の花畑「オレンジ色の絨毯」の見どころ・見頃情報と長瀞の観光情報、アクセス方法などについて徹底解説します。

長瀞町郷土資料館前の「ハナビシソウ園へ」

絶景の「オレンジの絨毯」

 ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)が咲き乱れる花スポットは、長瀞町郷土資料館前の「花の里」にあります。秩父鉄道の長瀞駅を背にして宝登山神社へ向けて歩いていくと、左側に目的地の看板が出ていますので、迷うことはないでしょう。

 花畑に出ると、目の前には絶景が広がります。一面の「オレンジの絨毯」と新緑の美しい風景が何ともフォトジェニックです。この「オレンジの絨毯」を生み出すハナビシソウは、ケシ科の多年草で、別名「カリフォルニアポピー」とも呼ばれています。

オレンジ色だけではなく、黄色のポピーも

 筆者が訪問した際は、南向き斜面のハナビシソウが満開で見頃を迎えていました。ハナビシソウの花びらは、太陽が出ていると開き、雨や曇りの時には閉じてしまうといいます。

 また、「オレンジの絨毯」を屈んでよくよく見てみると、白やピンクなどのかわいらしい花々が混じっているのに気がつくでしょう。

可憐な花々の競演
木々の間から見える建物が長瀞町郷土資料館・旧新井家住宅

 ハナビシソウと新緑とが作り出す絶景・見頃は、例年5月中旬から6月上旬頃となっています。

■長瀞ハナビシソウ園
・住所: 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1164

創建から1900年以上!歴史ある宝登山神社へ

大きな「ニの鳥居」を抜けて、階段を上っていくと・・・
新緑に囲まれた美しい本殿

 「オレンジの絨毯」を満喫したら宝登山神社に参拝していきましょう。「ハナビシソウ園」から徒歩数分のところにあります。

 宝登山神社は、秩父神社、三峯神社とともに秩父三社の一社をなし、長瀞を代表するスポットです。創建は西暦110年で、1900年以上の歴史があるとのこと。火災除、盗難除、諸難除の守護神として関東一円から多くの参拝者が訪れています。また、2011年5月に発行された『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で一つ星を獲得するなど、外国人観光客も魅了しているのです。

 色鮮やかな権現造りの本殿は、新緑に囲まれてさらに美しさを増します。本殿のほかには、「学問の神様」として知られる菅原道真公を祭る「天満天神社」、日本武尊が身を清めたとされる「みそぎの泉」などの見どころもたくさんあります。さらに、「ニの鳥居」から徒歩数分のところにあるロープウェーを使って登る宝登山山頂には、パワースポットの奥宮があります。標高497mの宝登山からの眺めも絶景です。

■宝登山神社
・住所: 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
・URL: http://www.hodosan-jinja.or.jp/


■宝登山ロープウェー
・URL: http://hodosan-ropeway.co.jp/

長瀞の岩畳とラインくだりへ!

荒川を船でくだる「長瀞ラインくだり」
「岩畳」は、大規模な地殻変動で生まれた独特の景観

 長瀞駅の周辺には、土産・飲食店のある昔ながらの風情が残る小路、「長瀞ラインくだり」の発着場や「岩畳」といった景勝地があります。新緑の美しい季節の中で、爽やかな風を感じながら荒川の激流を船でくだる「長瀞ラインくだり」は、長瀞の人気アトラクションです。また、高さ数十メートルを誇る「秩父赤壁」といわれる岩壁をはじめとする独特の景観が見どころで、長瀞を代表する観光スポットです。新緑の季節だけではなく、秋の紅葉シーズンなども美しい光景が人気となっています。

 なお、「長瀞ラインくだり」には、岩畳付近の乗降場を境に「Aコース」と「Bコース」の2つのコースがあります。「Aコース」は、岩畳の上流、親鼻橋から岩畳までの3kmを船でくだるもので、激流部分が多く、秩父鉄道の鉄橋をくぐるなどの見どころがあります。「Aコース」は、土・日・祝日などは早々に満席になるケースが多いようです。「Bコース」は、岩畳から下流の高砂橋までの3kmまでの運航となります。「長瀞ラインくだり」は、早めの予約をおススメします。

■長瀞ラインくだり
・URL: http://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/

長瀞へのアクセス方法は!?

「関東の駅百選」に選ばれた長瀞駅舎

 長瀞の玄関口、秩父鉄道・長瀞駅へのアクセス方法です。東京方面からの列車でのアクセスは、西武鉄道の利用が一般的です。

 西武鉄道の特急レッドアロー号で西武秩父駅まで乗車(約80分)し、秩父鉄道に乗り換えます。西武秩父駅から徒歩数分のところに御花畑(おはなばたけ)駅がありますので、長瀞・熊谷駅方面の列車に乗って長瀞駅まで行きましょう(約20分)。さらに、土・日・祝日には、池袋駅から乗り換えなしで長瀞駅へ行く方法もあります。

 池袋駅を7:05あるいは、8:05発の「快速急行 長瀞行(※)」を利用するのです。長瀞駅には、9:19あるいは、10:17に到着します。復路は15:22あるいは、16:25発の「急行 池袋行」があります。

(※)池袋駅7番ホーム発。8両編成(白色の列車)で、前4両が「長瀞」行、後4両が「三峰口」行です(途中の横瀬駅で、前後4両の切り離しを行います)。車内に和式トイレがあります。また、ボックスシート車両ですので、お弁当を食べてもOKです。乗車券のみで利用できます。

 また、秩父鉄道では、土・日・祝日を中心に蒸気機関車(SLパレオエクスプレス)を運行しています。秩父鉄道とJR上越新幹線・高崎線との接続駅、熊谷駅から長瀞駅を経て、三峰口駅までを1往復しています。SLを利用しての訪問も人気があります。

長瀞駅周辺マップ

・A=長瀞駅
・B=旧新井家住宅・長瀞町郷土資料館
・C=「花の里」ハナビシソウ園(オレンジの絨毯)
・D=宝登山ロープウェー
・E=宝登山神社
・F=阿左美冷蔵寶登山道店
 秩父の天然水を冬の寒さで自然に凍らせたカキ氷の有名店
・G=長瀞ライン下り案内所
・H=岩畳通り
 名物のソバ、土産、旅館などが建ち並ぶエリア
・I=長瀞ライン下り乗降場
・J=岩畳


 新緑の秩父・長瀞へ出かけてみませんか。なお、長瀞「ハナビシソウ園」の開花情報、さらに詳しい観光案内は、長瀞町観光協会公式サイトをチェック。

■長瀞町観光協会
・URL: https://www.nagatoro.gr.jp/

「真っ赤な絨毯」と「オレンジの絨毯」を巡る欲張りルートとおススメきっぷとは!?

秩父高原牧場のシャーレーポピーも同時期に見頃を迎える

 この時期の長瀞観光とセットにすることが出来るおススメ花スポットも紹介します。約1,500万本もの真っ赤なシャーレーポピーが咲く「秩父高原牧場」です。「秩父高原牧場」へは、皆野駅(長瀞駅から秩父鉄道の列車で10分ほど)からバスを利用してアクセスできます。「秩父高原牧場」のシャーレーポピーは、例年5月中旬から5月下旬頃に見頃を迎えます。

「真っ赤な絨毯」の絶景とは!?

 約1,500万本もの真っ赤なシャーレーポピーが咲く「秩父高原牧場」と長瀞の両方を満喫できる「日帰り」モデルルートは、以下の通りです(土・日・祝日の場合)。

●7:05発 池袋駅
 ↓ 西武池袋・秩父線(秩父鉄道直通)快速急行 長瀞行
●9:12着 皆野駅
 ↓ バス
●10:00頃~11:30頃 秩父高原牧場「天空のポピー」
 ↓ バス
●12:09発 皆野駅
 ↓ 秩父鉄道普通 羽生行
●12:17着 長瀞駅 
 (長瀞観光)
●16:25発 長瀞駅
 ↓ 秩父鉄道(西武秩父・池袋線直通)急行 池袋行
●18:33着 池袋駅

 なお、このモデルコースで旅をする場合は、西武鉄道が発売している「秩父フリーきっぷ」の利用がおススメです。池袋発着の場合、大人2,320円(子供1,180円)となっていますが、今回のコースを切符を乗車時ごとに買うと2,650円となります。列車代金だけで、330円おトクになるのです。さらに・・・。

 このきっぷは、連続する2日間が有効となりますので、秩父・長瀞での1泊旅も可能です。池袋と芦ヶ久保・西武秩父駅の往復と秩父鉄道の三峰口・長瀞・野上駅間が乗り放題です。「長瀞ラインくだり」「宝登山ロープウェー」が割引になったり、加盟店舗での優待特典が受けられるおトクなきっぷです。

■西武鉄道「秩父フリーきっぷ」
・URL: https://www.seiburailway.jp/ticket/otoku/chichibu-free-kippu/index.html

 「秩父高原牧場」のシャーレーポピーの見どころ、アクセス情報の詳細は、「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、「関連記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色いボタン「関連記事はこちら」からお楽しみいただけます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事