海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >埼玉 >幸手権現堂公園 満開のあじさい 白の「アナベル」鑑賞(埼玉県・幸手市)

幸手権現堂公園 満開のあじさい 白の「アナベル」鑑賞(埼玉県・幸手市)

2018年05月31日

幸手・権現堂 満開の白のあじさい「アナベル」

 東京・浅草駅から東武スカイツリーライン(東武日光線直通)で約50分。埼玉県幸手市にあり、関東屈指の桜の名所として知られる幸手権現堂公園は、園内の権現堂堤に100種16,000株の紫陽花(あじさい)が咲く人気の花スポットになっています。例年、6月中旬から7月上旬に見頃を迎える権現堂公園のあじさいと「幸手あじさいまつり」の概要やアクセス方法などについて紹介します。

斜面に咲き誇る白いあじさい「アナベル」の絶景!

満開の3,000株!あじさいの品種「アナベル」

 桜の名所として知られる幸手権現堂公園。梅雨の時期は、あじさいの名所としても知られています。幸手権現堂公園のあじさいで、注目の的になっているのが「アナベル」という白いあじさいです。

堤の斜面に咲き誇る「アナベル」

 長さ1kmにわたる園内の権現堂堤の中心部付近に、3,000株の「アナベル」が咲くエリアがあります。緩やかな堤の斜面に、白いモコモコとした花が咲き誇る姿は、圧巻です。

中央の木と「アナベル」を組み合わせて撮影したい
堤の上部付近からの眺め

 アナベルは、別名「アメリカノリノキ」という北米原産のあじさいです。真っ白で、大きな花房は、直径30cmに達するものも。あじさいといえば、梅雨の時期の雨に濡れた風情も美しいのですが、「アナベル」は晴れた日の鑑賞をおススメします。美しく白い花々が、陽の光でさらに純白に・・・。「アナベル」が群生している圧巻の風景は、一見の価値ありです。

紫や青のあじさいも美しい!

「峠の茶屋」付近のあじさい

 約100種16,000株以上のあじさいが咲く幸手権現堂公園では、「アナベル」だけではなく紫や青のあじさいも見ることができます。

 堤の中央部にある「峠の茶屋」は、地元の物産品やちょっとしたカフェスペースのある休憩スポットです。ソフトクリームや冷たい飲み物をなども販売されていますので、ゆったりとした気分であじさい観賞が出来るでしょう。また、「峠の茶屋」の日よけの赤い和傘が新緑やあじさいとマッチして、美しい光景となるでしょう。

淡いピンクの花びらが可憐
堤の上の桜並木の下に咲くあじさい

 長さ1kmにわたる堤に、約1,000本のソメイヨシノの桜並木が続きます。その桜並木の下に、あじさいが植えられています。あじさいを鑑賞しながら桜の木が作り出す天然の木陰をゆっくり歩けば、心がリフレッシュすることでしょう。

幸手権現堂公園は、四季折々の花が咲くスポット!

梅雨の時期のあじさいと桜並木
春は満開の桜が!

 幸手権現堂公園の最寄のバス停から約1kmで、堤は国道4号線にぶつかり、「明治天皇行幸の碑」で終点となります。この付近の堤にもあじさいが咲き誇ります。

堤の目の前には、約5haの菜の花畑が広がり・・・
春は菜の花と桜のコラボレーションが!
人懐っこいヤギが飼育されているエリアも

 堤の目の前には、約5haの菜の花畑が広がります。夏の時期は一面の緑ですが、春には菜の花と桜がコラボレーションする絶景が広がります。また、菜の花畑の端のポイントには、数頭のヤギが飼育されている小屋などがあります。柵越しに頭を近づけてくる人懐っこいヤギたちに、触れ合っていって下さい。

秋には、赤い「曼珠沙華」が咲き誇る
「曼珠沙華」の見頃は、例年9月中旬から10月上旬まで

 初秋には、赤い「曼珠沙華」が堤を埋め尽くします。冬には、水仙が咲きほこります。幸手権現堂公園は、東京から近い四季折々の花を楽しむことができるスポットとして、ぜひ覚えておいて欲しいところです。

2018年「第18回幸手あじさいまつり」の概要は!?

美しいあじさいは必見!

 2018年の「第18回幸手あじさいまつり」の概要です。開催期間は、2018年6月1日(金)~7月1日(日)となっていますが、開花情況により変動する可能性があるとのこと。あじさいの開花情報は、「あじさいまつり」の開催期間中の火・金曜日に幸手市観光協会のホームページで更新されますので、要チェックです。例年6月中旬から7月上旬に見頃を迎える幸手権現堂公園のあじさいを見に出かけませんか。

幸手権現堂公園へのアクセス方法は!?

幸手駅から権現堂公園へのアクセス(イラストマップ)

 権現堂公園への公共交通機関を使ったアクセス方法を紹介します。

 最寄の鉄道駅は、東武スカイツリーライン(東武日光線)の幸手駅です。幸手駅からは、路線バス(朝日バス、五霞町役場前行き)を利用します。「権現堂」バス停で下車すれば、堤の入口です。路線バスは、1時間に1本程度の運行本数のため、事前に確認しましょう。

 また、幸手駅からレンタサイクルの利用ができるようです(1回400円)。台数に限りがありますので、こちらも事前に確認しましょう。詳しくは、幸手市観光協会ホームページで。

■幸手権現堂公園
・住所: 〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門50

■幸手市観光協会
・URL: http://www.satte-k.com/


■朝日バス
・URL: http://www.asahibus.jp/html/station/st_satte.html

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事