海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >東京 >小石川後楽園の桜!開花状況、見どころは?(東京都文京区)

小石川後楽園の桜!開花状況、見どころは?(東京都文京区)

2020年03月09日

日本庭園と桜と

小石川後楽園は現在の茨城県、水戸藩(徳川家)が江戸時代初期に江戸の上屋敷内につくった日本庭園がはじまりです。プロ野球、読売ジャイアンツの本拠地・東京ドームに近く、遊園地も隣接しています。都会のなかのオアシス、小石川後楽園の桜の見どころなどを紹介します。 

しだれ桜の開花は、3月中旬でやや早め

ソメイヨシノとしだれ桜の見頃が合致しない・・・

園内に入ると、すぐ目の前にしだれ桜が現れます。筆者が訪問した時は、枝垂桜は完全に散ってしまっていました。枝垂桜の見頃はソメイヨシノよりも早く、枝垂桜は例年3月中旬から3月下旬頃、ソメイヨシノは3月下旬から4月上旬と両桜の見頃のタイミングが合致しないのです。 
 
画像左が「文京シビックセンター(区役所)」で、右の白い屋根がプロ野球「読売ジャイアンツ」の本拠地・東京ドームです。

枝垂桜の見頃は終わっていましたが、その代わりにソメイヨシノは満開でした。

満開のソメイヨシノと日本庭園

桜には、和装が似合う・・・
日本庭園の池のほとりに満開の桜

小石川後楽園は、水戸2代藩主の徳川光圀(みつくに)の代に完成した庭園です。光圀公といえば「水戸黄門」として有名な人物です。光圀公の気分になって、美しい日本庭園を散策していきましょう。

園内を散策すると、「通天橋」という朱塗りの橋があります。11月の紅葉の季節は、さぞかし美しい光景となることでしょう。

東京ドームと桜のコラボレーション

東京ドームの白い屋根がインパクト大

伝統的な日本庭園と満開の桜に、東京ドームの白い屋根のコラボレーション。光圀公は新しい物好きだったといわれているので、この光景をどのように思われているでしょうか。良しとするか邪道ととるか、光圀公に聞いてみたいものです。

東京ドームシティに隣接する小石川後楽園

上の画像左は「文京シビックセンター(文京区役所)」と日帰り温泉施設が入る「ラクーア」、奥には東京ドームがみえる様子です。後楽園駅付近は地下鉄の東京メトロ丸の内線が地上を走る区間となっています。

小石川後楽園を訪問したら東京ドームシティのアトラクションで遊んだり、「ラクーア」の日帰り温泉に立ち寄ってみてもいいかもしれません。

■小石川後楽園
・最寄り駅: 東京メトロ後楽園駅あるいは、東京メトロ・JR飯田橋駅
・URL: http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介したイベントのすべて、あるいは一部が中止される可能性があります。最新情報は、各イベント・施設の公式ホームページなどで確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・


※初回掲載: 2018年03月18日

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース