海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >東京 >おすすめ桜・花見スポット 新宿御苑(東京都新宿区)

おすすめ桜・花見スポット 新宿御苑(東京都新宿区)

2018年03月21日

芝生の上では、お弁当を広げる姿も

 東京の新宿御苑は、広さ58.3ha、周囲3.5Kmの広大な庭園です。巨大ターミナルの新宿駅から徒歩圏内に、こんなところがあるのか!というぐらいの自然豊かな公園です。例年3月下旬から4月上旬に桜の見頃を迎える新宿御苑のお花見情報をお届けします。

新宿駅からのアクセスは、新宿門

新宿駅南口あるいは、地下鉄の新宿三丁目駅が最寄り駅

 東京メトロ丸の内線に、その名もズバリ「新宿御苑前」駅というのがあります。もちろん、その駅から徒歩数分と便利なところにあるのですが、JRだけではなく小田急・京王などの私鉄なども乗り入れる巨大ターミナルの新宿駅からも徒歩でアクセス可能です。また、地下鉄新宿三丁目駅も至近で、新宿駅と新宿三丁目駅からアクセスする場合に利用することになるのが、新宿御苑の「新宿門」です。

 新宿門でも桜が出迎えをしてくれ、期待が高まります。では、園内に入りましょう。

芝生にレジャーシートを広げてランチも!

小さな子供連れでも安心

 新宿御苑の園内は、レジャーシートを敷いて弁当を広げられる芝生広場、プラタナス並木が美しいフランス式庭園、日本庭園などがあり、さまざまな風景が楽しめるようになっています。筆者が訪問したのが、ちょうどお昼時。近隣のビジネスパーソンなども訪れ、ベンチに座ったり、レジャーシートを敷いてお弁当を広げている光景があちらこちらで。暖かな日差しと満開の桜のなかで、のどかな風景が広がっています。酒類の持ち込みが禁止となっていますので、ドンチャン騒ぎもなく、小さな子供連れのファミリーでも安心して花見を楽しむことができます。

「摩天楼」と桜の絶景!

NTTドコモ代々木ビルと桜のコラボレーション

 新宿御苑からもよく見え、ニューヨークの摩天楼を思わせるデザインが特徴の高層ビル「NTTドコモ代々木ビル」は、新宿のランドマークのひとつです。大変目立つ佇まいのビルですが、携帯電話大手のNTTドコモの自社業務用のビルとなっていて、関係者以外は立ち入ることができないのだとか。最上階に一般の人が入れる展望台もありません。ただ、新宿御苑からは、尖がった形状のビルと桜のコントラストが美しく見え、画になる光景が撮影できるでしょう。

日本庭園付近の桜も秀逸!

池の水面に映る桜

 こちらは、日本庭園です。水面に映る桜が大変美しいです。また、日本庭園付近には、「染井吉野(そめいよしの)」だけではなく、たくさんの品種の桜を楽しむことができます。園内には、約65品種、1,200本もの桜が植えられているといいます。

「一葉(いちよう)」という品種の桜

 また、桜だけではなく黄色い花が美しいレンギョウ、桃の花なども見られます。美しい花々の競演に、癒されることでしょう。

赤と白のゲンペイモモ
白から濃いピンクまで華やか

 新宿御苑の楽しみ方として、筆者のおススメは、地下鉄新宿三丁目駅直結のデパート「伊勢丹」地下1階の惣菜売り場で弁当などを購入して花見をすることです。新宿三丁目駅・伊勢丹から新宿御苑へは、徒歩10分程度と近いので、ちょっとリッチな惣菜や弁当を買い込むのにも最適です。新宿御苑でのお花見、いかがでしょうか。

■新宿御苑
・住所: 〒160-0014 東京都新宿区内藤町11
・最寄駅: 東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅など
・URL: http://fng.or.jp/shinjuku/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事