海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >近畿 >京都 >「関西道の駅ソフトクリーム総選挙2018」で第1位獲得の牛乳使用!京都・美山で作られるこだわりの石鹸

「関西道の駅ソフトクリーム総選挙2018」で第1位獲得の牛乳使用!京都・美山で作られるこだわりの石鹸

2019年03月15日

2018年11月に発表された「関西道の駅ソフトクリーム総選挙2018」で、栄えある1位を獲得した美山牛乳ソフトクリーム。多い日には、1日で1000個売れた日もあるそうです。そんな美山牛乳ソフトクリームの元となる、希少な美山牛乳と乳清を使用した石鹸が発売開始となりました。生産者のこだわりを感じることができる、「京都美山牛乳物語・乳清と塩の洗顔せっけん」を紹介します。

南丹波市美山町の紹介

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている美山町

美山牛乳ソフトクリームの元となる美山牛乳は、京都市の市街部から車で1時間程の場所にある、美山町で生産されています。豊かな緑に囲まれ、近くには清流の由良川も流れている美山町は、特に北集落の民家でかやぶき屋根が多く残っているため、「かやぶきの里」として知られています。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された、風光明媚な農山村地域です。

町内には酪農を営んでいる家が3軒あり、こだわりの製造方法で美山牛乳を生産しています。美山牛乳を使用したソフトクリームやジェラートなどのスイーツも販売しているので、旅行の際は美山の味を楽しむこともできます。

美山牛乳のおいしさの秘密

こだわりの製法で作られた美山牛乳はとっても希少です

おいしい空気ときれいな水、静かな環境で育てられた乳牛は町内で100頭余りが飼育されています。牛乳の生産量は1日3トンと決して多くはありませんが、だからこそ手作り感にあふれ、自然の恵みが凝縮されたおいしい牛乳になります。

殺菌方法にもこだわりがあり、現在スーパーで多く見かける牛乳は高温で短時間加熱する、「超高温殺菌」と呼ばれる方法で殺菌された牛乳がほとんどですが、美山牛乳は85度と低温で長時間時間をかけて殺菌します。そのため大量生産をすることができず、美山牛乳はとても希少な牛乳です。

美山牛乳から作る石鹸

洗顔の様子(イメージ) © iStock

「京都美山牛乳物語・乳清と塩の洗顔せっけん」は、主に美山牛乳とチーズを製造する過程でできる「乳清(ホエイ)」と、福岡県芦屋町の玄界灘の海塩「うまか芦屋塩」を使用して作られています。

仕込みの際は、水を1滴も使用せず美山牛乳のみを使用するというこだわりよう。さらに熟成には30日以上の時間をかけるなど、手間隙をかけた商品です。

洗顔後はさっぱりしているのにつっぱらない、敏感肌の人でも使えるなど、使用した人からの評判も上々だそうです。


■京都美山牛乳物語・乳清と塩の洗顔せっけん
・URL:http://suppinsan-kyoto.com/

いかがでしたか?こだわりの製法で作られた「京都美山牛乳物語・乳清と塩の洗顔せっけん」を紹介しました。自然に囲まれ景観にも恵まれている美山。ぜひおいしい美山牛乳に味わいに出かけてみてはいかがでしょうか。


■京都美山ナビ(美山町の見どころやアクセス情報)
・URL:https://kyotomiyama.jp/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事