海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >近畿 >京都 >季節限定の御朱印が頂ける!夏の京都でとっておきの開運さんぽ

季節限定の御朱印が頂ける!夏の京都でとっておきの開運さんぽ

2020年06月25日

特別なパワーがみなぎる神社の鳥居

なかなか自由に遠出できない日々が続きますね。「ほっとしたい」「パワーが欲しい」「気分を変えたい」……そんなときは、おさんぽを兼ねて神社へ参拝に出かけませんか?神社は、神様のパワーが満ちている場所。境内へ一歩足を踏み入れるだけで背筋がぴんと伸びるものです。神社に祀られているのは、恋愛の神様、金運の神様、健康や長寿の神様、学業成就の神様など、実にさまざま。自分の願いごとにぴったりの神様を目指してお参りし、感謝の気持ちを忘れずに一生懸命思いを伝えれば、きっと運が開けるはずです。そして、参拝をしたら、神様とご縁を結んだしるしにぜひ御朱印を頂きましょう。力強い墨書、鮮やかで個性豊かな印、ひとつとして同じものはない特別な記念になります。この記事では、多くの神社仏閣を擁する京都から、夏ならではの限定御朱印を授与している神社をご紹介します。

【八大神社(京都市左京区)】今にも踊り出しそう!夏限定の「彩り御朱印」

縁結びの御利益で名高い八大神社

こちらの神社には、夫婦神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)と稲田姫命(いなだひめのみこと)、そしてその御子神である八王子命(はちおおじのみこと)、という仲のよい御祭神ファミリーが祀られています。この3柱にあやかろうと、恋愛成就や良縁を願って参拝に訪れる人があとを絶ちません。また、この境内地でかつて剣豪宮本武蔵が京都の名門兵法家吉岡一門との決闘を行ったことから、境内には立派なブロンズの武蔵像が立っています。決闘に勝利した武蔵のように、恋のライバル、あるいは臆病な自分に打ち勝ちたい!そんな願いにもこたえてくれそうです。

夏限定で授与されるブルーの「彩り御朱印」

八大神社では、通常御朱印のほか、季節ごとの祭礼の様子を表すイラストが描かれた期間限定の「彩り御朱印」(各300円)が頒布されています。夏の彩り御朱印は、毎年6~8月限定で授与されるもので、さわやかなブルーの地に、巫女さんが自分の身や参拝者に向かって熱湯を振りかける7月の「湯立祭」と、京都市無形文化財に指定されている8月のお祭り「鉄扇音頭」が描かれています。カラフルな上に迫力満点!まるで動き出しそうにいきいきとした御朱印ですね。ちなみに、春はピンク、秋はオレンジ、冬は純白と、それぞれ季節感たっぷりの彩り御朱印が用意されていますので、ぜひ一年を通してお参りしてみてください。

【宇治上神社(宇治市)】空と水がモチーフの夏限定御朱印

日本最古の神社建築で、国宝に指定されている本殿

宇治上神社も、八大神社と同じく親子3神をお祀りする神社です。主祭神の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)は頭脳明晰な人格者で、周囲から大きな期待を寄せられていた人物。その御神徳を得ようと、学業成就、試験合格、ビジネスの成功などを願ってあらゆる年代の人々が参拝に訪れます。境内には、国宝となっている本殿や拝殿をはじめ、清めの砂山、宇治七名水に数えられる湧き水「桐原水」、置いた小石が落ちなければ願いがかなうと言われる巨石「岩神さん」など、たくさんのパワースポットがあります。

思わず連れて帰りたくなるほどかわいい「人形(ひとがた)」

宇治上神社は授与品が多彩なことでも評判です。そのひとつが「人形(ひとがた)」というカラフルな紙。氏名と願いごとを書いて納めると、それがかなうよう神前に置いて祈願してもらうことができます(500円)。このほか、人形に負けないくらいカラフルな厄除けお守り(500円)や、主祭神の名にちなんだ「うさぎのおみくじ」(300円)もあります。

涼しげなブルーの御朱印

宇治上神社の季節限定御朱印(500円)は、なんと21種類!時期に合わせた色とりどりの和紙に、神社や主祭神の名前が映えるデザインになっています。夏限定の御朱印はそのうち4種類で、それぞれに少しずつ違う「青」の和紙がベース。何度も通って、全色制覇したくなりますね。さて、夏限定御朱印の授与が始まるのは何月何日なのでしょうか?宮司さん曰く、「それは季節を司る神様しかお答えできません」とのこと。なんともすてきな計らいですね。季節限定御朱印は1日の頒布数が限られているため、ぜひ早い時間に参拝を。

【須賀神社・交通神社(京都市左京区)】7月限定の貴重な御朱印

右に須賀神社、左に交通神社が配された本殿

京野菜などで有名な京都の聖護院エリアに鎮座する神社。ひとつの社殿にふたつの神社を配する、とても珍しい形式が採られています。「須賀神社」という名称は、祭神である素戔嗚尊が「わがこころすがすがし」と語り名付けたのが由来だと言われています。2社あわせて、夫婦和合、邪気祓い、疫病除け、美人祈願、縁結び・良縁、交通安全、旅行安全、旅館業守護などの幅広い御利益が頂けます。

懸想文(ラブレター)を売り歩く公家たち

その昔、文字を書けない庶民のために、公家たちがこっそり懸想文(ラブレター)を代筆してお小遣いを稼いでいたそうです。そんなアルバイトをしていることが周囲に知れるとマズイということで、烏帽子・覆面・水干姿で身なりを隠していたのだとか。そんな歴史にちなみ、こちらの神社では節分祭に当時と同じ格好をした「懸想文売り」が現れ、境内で懸想文を売り歩きます。頂いた懸想文はもちろん開けて読んでOK。人に見せず引き出しに入れておくと、美人度が上がり、衣装も増え、豊かになって良縁に恵まれると言われています。

7月限定で頂ける御朱印

須賀神社・交通神社には、7月の1ヵ月間限定で授与される特別な御朱印があります。境内社である稲荷社の印で、金色の稲がダイナミックに配され、右下には龍もしくはキツネの金色印が(毎年変わります)! 毎年、夏の始まりとともに頂きに行く、というファンも多いそうです。

いかがでしたか?
京都在住の方、あるいはお立ち寄りの機会がある方は、ぜひお気に入りの御朱印帳とともに参拝してみてくださいね。

■ 八大神社
・住所: 京都府京都市左京区一乗寺松原町1
・電話: 075-781-9076
・御朱印授与時間: 9:00〜17:00

■ 宇治上神社
・住所: 京都府宇治市宇治山田59
・電話: 0774-21-4634
・御朱印授与時間: 9:00〜16:30

■ 須賀神社・交通神社
・住所: 京都府京都市左京区聖護院円頓美町1
・電話: 075-771-1178
・御朱印授与時間: 9:00〜17:00

※新型コロナウイルスの感染拡大等により、神社の開門、社務所の開所、御朱印の授与等に影響が出ている場合がございます。最新情報は各神社へお問い合わせください。

aruco・御朱印編集部 保理江ゆり

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース