海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >近畿 >滋賀 >リニューアルした滋賀県の「びわこ箱館山」。見頃のペチュニア、風鈴の小道など

リニューアルした滋賀県の「びわこ箱館山」。見頃のペチュニア、風鈴の小道など

2020年07月25日

色鮮やかなジニア

滋賀県高島市にある「箱館山ゆり園」は、名称を「びわこ箱館山」へ改め、リニューアル・オープンしました。園内で見頃を迎えた花々と膨大な数の風鈴が飾られた小道、旬のフルーツを使ったパフェ専門店などのおすすめスポットを紹介します。

見頃を迎えた花々

円錐形に生えるかわいらしい4000本のコキア

長年、ゆり園として親しまれてきた滋賀県高島市にある「箱館山ゆり園」は、名称を「びわこ箱館山」へ改称し、ペチュニアやコキアの花畑を中心として開業しました。

ゴンドラで標高630mの展望エリアへ上がると、さまざまな草花を植栽した花畑が広がります。見どころは百万輪のペチュニア。ゲレンデ一面をピンクの花の絨毯が彩ります。

一面に広がるペチュニア

ペチュニアは7月中旬から10月上旬に見頃を迎え、コキアは夏は緑の葉が目を楽しませ、10月頃には真っ赤に紅葉します。そのほかにもサルビアやジニア、ひまわりなど、色彩豊かな花々を楽しむことができます。

今季は山頂の展望台まで往復できるペアリフトも運行しており、山頂から見渡すピンクの花畑とその先に開けるびわ湖や伊吹山、竹生島の雄大な眺望を満喫することができます。

夏の風物詩、虹色の風鈴小道

色とりどりの風鈴が飾られます

展望エリアには「風鈴のよし小道」が新登場しています。虹がよく見られる高島にちなみ、びわ湖の葦で作った壁を、882個の虹色の風鈴が彩ります。

高島ちぢみを使った虹のカーテン

高原のさわやかな風が奏でる風鈴の小道は、高島ちぢみの織りなす虹のカーテンとびわ湖のみえる丘へと続いています。

びわこ箱館山

旬のフルーツをふんだんに使ったパフェ

山頂に位置するパフェ専門店「LAMP」では、季節ごとに変わるランプを模したさまざまなパフェが味わえます。また、日替わりのランチセット(1800円・税込、20食限定)やさまざまなドリンクなども用意しています。

子供が遊べる施設「Kid’s World 」もあり、1日楽しめます

■びわこ箱館山
・住所: 滋賀県高島市今津町日置前4201-5 びわこ箱館山
・営業期間: 営業中~2020年9月6日、9月12日~11月23日
・開園時間: 9:00~17:00
・ゴンドラ運行時間: 開始 9:00/上り最終16:30/下り最終17:00(乗車時間、片道約8分)
・入園料(ゴンドラ往復代含む): 大人 2000円、小学生以下 1000円、3歳以下無料、ペット 600円
・駐車場: 有(1100台)、乗用車 500円、バス 1000円、二輪車 300円、原付・自転車無料
・ペアリフト運行時間: 9:00~16:30(乗車時間、片道約6分)
・ペアリフト料金: (片道)大人 350円、小学生以下 200円、ペット150円/(往復)大人 700円、小学生以下 400円、ペット 300円
・アクセス: JR「近江今津」駅から湖国バスで約20分
・URL: https://www.hakodateyama.com/green/
※ 箱館山へは連絡用のゴンドラを利用しての入園のみ。悪天候などの理由で営業やイベントが休止になる場合があります、情報は公式ウェブサイトで確認してください

撮影スポットしても最適な、びわこ箱館山を訪れてみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において、短縮営業や休園の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年7月21日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース