海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >近畿 >和歌山 >ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生しました!アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)

ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生しました!アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)

2018年08月16日

体重わずか75グラムのジャイアントパンダの赤ちゃん

動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパーク、アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、2018年8月14日(火)に、ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生しました。ジャイアントパンダの赤ちゃんは、体重わずか75グラムで生まれ、現在、保育器の中で、スタッフによる懸命なサポートを受けています。

ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生!

「良浜(らうひん)」と赤ちゃん

和歌山県白浜町にあるテーマパーク、アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ「永明(えいめい)」(オス・25歳)と「良浜(らうひん)」(メス・17歳)の間に、2年ぶりとなる赤ちゃんが誕生しました。

ジャイアントパンダの赤ちゃんは、出生時の体重がわずか75グラムと、通常よりも小さく生まれました。体が小さく、そのため自力で母乳を吸うことができず、現在、保育器でスタッフが懸命に授乳のサポートを行い、赤ちゃんの健康状態を見守っています。

●ジャイアントパンダの赤ちゃん
・誕生日時:2018年8月14日(火)22:32
・性別:メス
・体重:75グラム
・全長:15.5センチメートル
※公開日は親子の様子を見ながら決定

アドベンチャーワールドと赤ちゃんパンダ

パンダファミリーの家系図

アドベンチャーワールドでは、これまでに15頭のジャイアントパンダの繁殖に成功しており、今回で16頭目となる赤ちゃんが誕生したことになります。ジャイアントパンダの「永明(えいめい)」(オス・25歳)は15頭の父親に、そして、「良浜(らうひん)」(メス・17歳)は9頭の母親になりました。

アドベンチャーワールドは、世界で初めてブリーディングローン制度でジャイアントパンダの繁殖研究を開始しました。現在、野生のジャイアントパンダは、約1,800頭といわれ、その保護と個体数を増加させるため、飼育下での繁殖研究が重要とされています。

アドベンチャーワールドでは、1994年より、中国成都ジャイアントパンダ繁育研究基地の日本支部として、世界で初めてブリーディングローン制度により、ジャイアントパンダの自然繁殖のための日中共同研究をスタートさせました。2000年、「梅梅(めいめい)」を迎えて、ジャイアントパンダをはじめ、関わるすべての人々のしあわせを願う「しあわせ計画」を始動させています。

■アドベンチャーワールド
・住所:〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
・URL:http://www.aws-s.com/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事