海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >近畿 >和歌山 >和歌山市に「道の駅 四季の郷公園FOOD HUNTER PARK」誕生。BBQが楽しめる!

和歌山市に「道の駅 四季の郷公園FOOD HUNTER PARK」誕生。BBQが楽しめる!

2020年07月15日

水辺に建つ農産物直売所「水の市場」

和歌山県和歌山市に「道の駅 四季の郷公園FOOD HUNTER PARK」が、2020年7月18日にオープンします。豊かな自然が残る農業公園跡地を活用し、地元食材を使ったBBQなどが楽しめる新スポットを紹介します。

自然を体感する道の駅

四季の郷公園エントランス(イメージ図)

1991年に農業公園として誕生し、長い間和歌山市民に親しまれてきた四季の郷公園が、2020年7月18日に「道の駅 四季の郷公園FOOD HUNTER PARK」として生まれ変わります。
“Be Wild. 野生を楽しもう。”をコンセプトに、縄文時代の自然とのつき合い方にならい、自然のなかで“食を学び、穫(狩)り、食べる”持続可能な自然共生型の「道の駅」を目指します。

直径3mの大きな囲炉裏があるBBQエリア「炎の囲炉裏」

FOOD HUNTER PARKは「火の食堂」「水の市場」「炎の囲炉裏」「木の庭」「土の農園」と呼ばれる5つのエリアで構成されます。それぞれのエリアをひととおり巡ると、豊かな自然とさまざまな生き物が息づく四季の郷公園の地を大切に守りながら道の駅が造られたことがわかります。

地域食材レストラン「火の食堂」

地域の食材が購入できる産直「水の市場」は、時おり亀が顔をのぞかせる池に沿って建っています。かまどごはんや焙煎コーヒー、石窯パンなど、火を近くに感じるレストラン「火の食堂」の中央にそびえる約5mもの大木は、地元和歌山の山中で倒れていたものを大切に運搬し再活用したものです。

プラントハンターが選んだシンボルツリー

シンボルツリー「アコウの木(イメージ)」がそびえる「木の庭」

道の駅のエントランス広場で出迎えてくれるシンボルツリーは、世界的に活躍するプラントハンター西畠清順さんが選定したもの。選ばれたシンボルツリー「アコウの木」は、イチジクの仲間で、日本の亜熱帯植物の代表的な樹木です。沖縄や鹿児島、そしてその周辺の島々では非常になじみのある植物ですが、不思議なことに和歌山に隔離分布しているといいます。

西畠さんは、「鳥がその実を食べ遠くに運び、そこからフンと共にタネが落ちて芽吹き、樹木として成長し、また鳥が実を食べて運ぶ……という、“食べる”という行為から自然の循環をわかりやすく伝えてくれる植物。そこがFOOD HUNTER PARKの“Be Wild. 野生を楽しもう”というテーマにぴったりだと感じた」と選定理由を語っています。

そら植物園の代表・西畠清順さん

西畠清順さんは日本各地、世界各国を旅してさまざまな植物を収集し、依頼に応じてコンセプトに見合う植物を届けるプラントハンター。2012年、“ひとの心に植物を植える”活動を行う、「そら植物園」を設立しました。ジャンルにとらわれないボーダーレスな活動が数々のメディアに取り上げられ、植物業界に革命を起こし続けています。年間約250トンもの植物の国際取引を行い、植物に関するイベントや緑化事業、コンサルティング業務など、植物の可能性を届けるプロジェクトを世界中で進行中です。

地元食材を楽しめるエリア

ジビエや旬の食材を豪快に!

BBQエリア「炎の囲炉裏」では、薪火で豪快に焼いたジビエサルシッチャや熊野牛のステーキが楽しめます。旬の食材をその場で焼いて食べられるBBQセットや、ダッチオーブンを使い調理できるジビエカレー、ポトフなども用意。10人がゆっくりと過ごせるTIPI(野営用のテント)が設えられた場所や、木々の合間にタープをはってゆったりとくつろげるエリアがあり、好きな場所でゆったり過ごせます。
タープやBBQの備品は、すべてレンタルが可能(食事を注文した場合は無料で貸出)。薪割りの体験などもでき、手ぶらで来場してもキャンプ体感を存分に楽しむことができます。

四季の定食 1800円(税別)

レストラン「火の食堂」では、地域の食材と素材にこだわったメニューを提供しています。「四季の定食」をはじめとする定食類や単品メニューのほか、焼きたてパンの販売やスイーツなどカフェメニューも充実。メニュー開発には料理研究家の飯島奈美さんが協力しており、醤油や梅干し、金山寺味噌など豊富な食材を楽しめます。

道の駅へのアクセス

アクセスマップ

■道の駅 四季の郷公園 FOOD HUNTER PARK
・住所: 和歌山市明王寺479-1
・営業時間: 9:00〜17:00
・定休日: なし(12月30日〜1月3日は休み)
・アクセス: 阪和自動車道和歌山インターチェンジより、県道岩出海南線、矢田トンネル経由15分、阪和自動車道和歌山南スマートインターチェンジより5分/JR和歌山駅より和歌山電鐵伊太祈曽駅下車徒歩約20分(伊太祈曽駅からレンタサイクルが便利)
・URL: https://fh-park.jp/

和歌山市の新しい道の駅で、自然を満喫してみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において、オープン日時の変更や短縮営業、休館の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年7月14日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース