海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >甲信越 >新潟 >苗場スキー場が日本最長5,481メートルの「ドラゴンドラ」を運行(新潟県湯沢町)

苗場スキー場が日本最長5,481メートルの「ドラゴンドラ」を運行(新潟県湯沢町)

2019年04月04日

空中観覧車として活躍する「ドラゴンドラ」

新潟県湯沢町の苗場スキー場で運行される「ドラゴンドラ」を紹介します。「ドラゴンドラ」は、全長5,481メートルと日本一の長さを誇るゴンドラです。ウインタースポーツの時期にはリフトとして使用されていた「ドラゴンドラ」が、春には空中観覧車として活躍します。残雪の峰々と新緑の渓谷を観に、苗場スキー場を訪れてみてはいかがでしょうか。

苗場スキー場が「ドラゴンドラ」を運行

上越国境の雄大な自然が観覧できる「ドラゴンドラ」

新潟県湯沢町にある苗場スキー場は、2019年4月20日(土)から5月31日(金)までの期間、苗場スキー場とかぐらスキー場(田代エリア)を結ぶ「ドラゴンドラ」を運行します。

苗場スキー場が運行する「ドラゴンドラ」は、全長5,481メートルのゴンドラです。約25分の移動時間には、苗場山をはじめ、清津川(きよつがわ)や二居湖(ふたいこ)、田代湖など、上越国境の雄大な自然を観覧できます。




 

苗場スキー場の「ドラゴンドラ」とは!?

全長5,481メートルの「ドラゴンドラ」は、苗場スキー場とかぐらスキー場(田代エリア)を結ぶ、日本一の長さを誇るゴンドラです。ウィンタースポーツの時期には、移動手段(リフト)としてその役割を果たしますが、新緑の時期になりますと、苗場の絶景が楽しめる空中観覧車へと様変わりします。

「ドラゴンドラ」の移動時間は約25分です。山の起伏に合わせてアップダウンを繰り返しながら、残雪の峰々と新緑の渓谷の間を滑るように進みます。「ドラゴンドラ」は、ゆとりのある8人乗りですから、年配の方や子連れの方もゆったりと過ごすことができます。

「ドラゴンドラ」を楽しむポイント

エメラルドグリーンに輝く二居湖(ふたいこ)

5月になると、「ドラゴンドラ」からは、日々芽吹いていくブナ林の新緑を眺めることができます。ホウの木やトチの木、そしてフジなどが花を咲かせ、生命力にあふれた山の息吹を感じることができるでしょう。

また、眼下に流れる清津川(きよつがわ)の清流やエメラルドグリーンに輝く二居湖(ふたいこ)にも心が癒やされます。さらに、運がよければ、ニホンザルやニホンカモシカなどの野生の動物たちに出合うこともあります。

新緑散策ができるインデペンデンス・ボードウォーク

車椅子の方でも自由に行き来が可能

「ドラゴンドラ」山麓駅から約600メートルの所に、春の新緑散策が楽しめるインデペンデンス・ボードウォーク(木道)があります。車椅子の方でも自由に行き来ができるよう、木道の幅は2メートルとゆとりのある作りになっています。

また、「ドラゴンドラ」山麓駅付近には、ミズバショウやカタクリの群生地が広がります。5月になると各々に可憐な花を咲かせ、雪解けの爽やかな新緑シーズンに文字どおり花を添えます。

苗場スキー場へのアクセス方法

「ドラゴンドラ」山麓駅付近に広がるカタクリ群生地

「ドラゴンドラ」のある苗場スキー場へ行くには、電車とバスを利用すると便利です。苗場スキー場の最寄りとなる駅は、JR上越新幹線越後湯沢駅です。越後湯沢駅からは苗場スキー場行きのバスが運行されています。

自動車で苗場スキー場へ行くには、関越自動車道・湯沢インターチェンジ、または月夜野(つきよの)インターチェンジを利用すると便利です。苗場スキー場には、約3,800台分の駐車場があります。

■ 苗場スキー場
・住所: 〒949-6292 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202
・最寄駅: JR上越新幹線越後湯沢駅
・URL: http://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/

全長5,481メートルと日本一の長さを誇る「ドラゴンドラ」。残雪の峰々と新緑の渓谷を観に、苗場スキー場を訪れてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース