海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >甲信越 >山梨 >富士急ハイランドで2021年夏に開業予定の「FUJIYAMAタワー」。展望デッキから望む富士山は絶景!

富士急ハイランドで2021年夏に開業予定の「FUJIYAMAタワー」。展望デッキから望む富士山は絶景!

2021年01月23日

展望台はFUJIYAMAと同じ高さから富士山を一望できる

富士急ハイランドでは、絶景を望む「FUJIYAMAタワー」が2021年夏に完成する予定です。高さ55mの展望台「FUJIYAMAスカイデッキ」からは左右に美しく伸びる富士山のすそ野と眼下に広がる樹海を一望できます。

FUJIYAMAタワー

FUJIYAMAから見える富士山

2021年に誕生25周年を迎える「FUJIYAMA」は園内で人気のジェットコースターです。コース全長2045m、最高速度は時速130kmを誇り、何回乗っても“初心に戻れる怖さ”を感じることができ、これまでに2200万人以上がその高さとスピードから生まれるスリルを体験しています。

FUJIYAMAを安全に運転するため毎日の点検は欠かせません。これまでは作業員が乗り場からレールを歩いて登るという点検方法でしたが、FUJIYAMAタワーの完成後はコース途中からの点検が可能となります。さらに交換部品や機材をタワー内のエレベーターで運搬できるため、よりレベルの高い点検ができるようになると期待されています。

高さを生かしたアクティビティ

FUJIYAMAスカイデッキのイメージ

FUJIYAMAタワーは点検塔としての役割だけではありません。高さ55mにある最上階のFUJIYAMAスカイデッキからは、これまでFUJIYAMAに乗った人しか見ることができなかった富士山の絶景を望めます。FUJIYAMAの乗車中にゆっくり富士山を眺められなかった人や、ジェットコースターが苦手な人もゆっくり心ゆくまでその景色を目に焼きつけることができるスポットです。

FUJIYAMAタワーではほかにも、展望フロアから地上まで一気に滑り降りるチューブ型スライダー「FUJIYAMAスライダー」や、ハーネスを着用して手すりのない吹きさらしの通路を周回する「FUJIYAMAウォーク」など高さを生かした“絶叫アクティビティ”も導入予定です。高いところに自信のある人は、その爽快感をぜひ体験してみましょう。

FUJIYAMAウォークのイメージ

■富士急ハイランド
・住所: 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
・営業時間: 平日10:00~16:00、土・日10:00~17:00
・料金: 入園料無料、フリーパス料金 大人 6200円、中高生 5700円、小学生 4500円、幼児/シニア/妊娠している方 2100円
・URL: https://www.fujiq.jp/
・E-TICKES(オンラインチケット)購入URL: https://www.fujiq.jp/ticket/e-ticket.html
※FUJIYAMAタワー建設に伴い、FUJIYAMAは2021年2月頃から運休となります。新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、2021年1月1日から当面の間営業時間を短縮しています。詳しくは公式ウェブサイトを確認してください

都心からのアクセスも便利な富士急ハイランド。大人から子供まで楽しめるアトラクションが多くあり1日中楽しめます。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

≫≫≫(関連記事)山梨観光に役立つ記事はこちら

・・・・・・・・・・・・・・
★最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介したテーマパークにおいて、営業時間の変更や、休園の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2021年1月21日現在のものです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース