海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >九州 >鹿児島 >初夏の鹿児島を満喫しよう! 魅力満載の観光スポット4選

初夏の鹿児島を満喫しよう! 魅力満載の観光スポット4選

2019年07月02日

「JR西大山駅」のひまわり畑

シンボルである「桜島」や世界自然遺産の「屋久島」、また、幕末の偉人・西郷隆盛らを癒した「指宿温泉」や「霧島温泉」、さらには、「黒豚」に「芋焼酎」などの地場グルメと、鹿児島旅行の楽しみを挙げたら枚挙にいとまがありません。今回は、現地在住者がおすすめする定番から穴場まで、初夏の鹿児島旅行で訪れるべき観光スポットを紹介します。

日本最南端の駅「JR西大山駅」のひまわり畑(指宿市)

辺り一面に咲くひまわり ©iStock

初夏に訪れたい鹿児島の観光スポットで最初におすすめしたいのが、鹿児島県指宿市の「JR西大山駅」です。この駅は、日本最南端の駅として有名です。緯度は、アメリカのテキサスや中国の杭州と同じです。

「JR西大山駅」のひまわり

のどかな田園地帯に囲まれたこの場所で、毎年夏になるとひまわりが一面に咲き誇ります。遠くに薩摩富士「開聞岳」がそびえ、その姿がとても美しいです。薩摩半島をドライブ(鹿児島中央駅から車で約1時間30分、JR指宿駅から車で約20分)するときには、ぜひ足を止めてほしい初夏の観光スポットです。

■JR西大山駅
・住所:〒891-0514 鹿児島県指宿市山川大山

140種類の動物が待ってるよ♪ 「平川動物公園」(鹿児島市)

「平川動物公園」の入口

「平川動物公園」は、鹿児島で唯一無二の動物園です。週末になると大勢の家族連れやカップルでにぎわいます。筆者も小さい頃から遠足で、今では家族で何度も訪れています。

「平川動物公園」のコアラ

「平川動物公園」の大人気の動物は、何といってもコアラ。枝の上で丸くなって眠っている姿がとってもかわいくて癒されます。筆者が訪れる時はよく眠っているのですが、運がよければ目覚めている時に会えるかも!?

■平川動物公園
・住所:〒891-0133 鹿児島県鹿児島市平川町5669-1
・開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
・休園日:12月29日~1月3日
・URL:http://hirakawazoo.jp/

南国フルーツたっぷりのパフェはいかが? 「天文館果実堂」(鹿児島市)

「天文館果実堂」のフルーツパフェ

最近、地元で話題のパフェ屋の紹介です。こちらの「天文館果実堂」は、南九州最大の繁華街「天文館」にあります。ここのパフェは、インスタ映えすることで話題沸騰中です。筆者たちも食べるために、ずいぶん長いこと列に並びました。

上の写真は、同店で一番人気の「季節のフルーツパフェ」(920円)です。見るだけでも元気になれるカラフルなパフェです。一つひとつのフルーツも瑞々しくておいしいです。ひとくち食べるごとに体が元気になるのを感じます。

「天文館果実堂」のイチゴパフェ

こちらは、イチゴがたくさん載った「イチゴパフェ」(1,000円)。イチゴ好きにはたまらない一品で、見た目もとってもかわいいです。もちろん。おいしさも文句なし。ぜひ一度ご賞味ください。

■天文館果実堂
・住所:〒892-0827 鹿児島県鹿児島市中町3-4
・営業時間:11:30~19:00
・休業日:水曜

メガ盛り食べるならココ! プチれすとらん「ボンド」(鹿屋市)

プチれすとらん「ボンド」の外観

最近はやりの「メガ盛り」ランチ。筆者がおすすめしたいのは、鹿児島県鹿屋市にあるプチれすとらん「ボンド」です。

地元の人たちに人気のお店で、いつもたくさんのお客さんでにぎわっています。お店の外観は、ふつうの喫茶店ですが、注文してみるとそのボリュームにびっくりします。

プチれすとらん「ボンド」のチキン南蛮定食

こちらは、同店で一番人気の「チキン南蛮定食」(750円)。チキンがとっても大きくてびっくりします。一見、脂っこいように見えますが、お酢が多めにかかっていますので、意外と気になりません。

フォークで持ち上げてみると、こぉ~んなに大きいです! あなたは食べきる自信がありますか?

顔の大きさほどもあるチキン南蛮

チキン南蛮定食はもちろん、ほかの定食もお手軽価格で、ガッツリ食べられます。プチれすとらん「ボンド」でメガ盛りランチを食べて、う~んと体力をつけて、暑い夏を乗り切りましょう。

■ボンド
・住所:〒893-0005 鹿児島県鹿屋市共栄町17-22
・営業時間:11:00~15:00、18:00~21:30
・休業日:日曜

いかがでしたか。現地在住者がおすすめする、初夏の鹿児島旅行で訪れるべき観光スポットを紹介しました。気の合う仲間を誘って、初夏の鹿児島を旅してみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー