海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >四国 >香川 >実はベストシーズン?のんびり船旅で行く秋の小豆島

実はベストシーズン?のんびり船旅で行く秋の小豆島

2021年09月17日

道の駅「小豆島オリーブ公園」のオリーブ畑とギリシャ風車 ©istock

瀬戸内海で2番目に大きい島、小豆島。海水浴やマリンスポーツを楽しめる夏がベストシーズンといわれることが多いのですが、自然風景を楽しむなら台風シーズンが終わる10月以降もおすすめ。今すぐは難しいけれど、感染状況が落ち着いたら楽しみたい小豆島の秋の魅力をご紹介します。

小豆島の秋らしい絶景を見に行くなら……

断崖や奇岩が独特の景観を造っている ©istock

■寒霞渓(かんかけい)
日本三大渓谷美のひとつで、小豆島を代表する景勝地。約1300万年前の火山活動によってできた奇岩と崖地が圧巻の景色です。秋には赤・黄色・オレンジ色に染まった紅葉観賞に訪れたいもの。麓と山頂を結ぶロープウェイから、大迫力の岩肌を身近に見ることができますよ。ちなみにこの寒霞渓ロープウェイ、日本で唯一<空・海・渓谷>を同時に見られるロープウェイなんだそう。「表12景」、「裏8景」という登山道も整備されているので、体力に自信のある方はぜひ歩いてみてください。

標高差317mのロープウェイからの眺めは迫力満点 ©istock
7月には害虫を退治して豊作を願う伝統行事「中山虫送り」が行われる ©istock

■中山千枚田
島の中央に位置する中山地区にあり、「日本の棚田百選」にも選ばれる場所。約800枚もの棚田が、波のような美しい曲線美を描いています。この棚田は南北朝時代から江戸時代にかけて作られたものと考えられ、とても歴史のある場所。まさに日本の原風景のようで、眺めているだけで心が落ち着きそうですね。秋が深まってくると、稲が黄金色に輝き一層美しい景色が広がります。

稲が色づくと一気に秋らしい風景に ©istock

収穫期が到来!小豆島のオリーブを堪能

オリーブの新漬けは緑のオリーブを使った浅漬けのようなもの ©istock

島の名産品といえばオリーブですよね。地中海に似た気候もあり、小豆島は「日本のオリーブ栽培発祥の地」として知られています。またオリーブは香川県の、県花・県木にも指定されているんです。

オリーブの最盛期は10月~11月の約2ヵ月間で、島のあらゆる場所で収穫が行われています。この時期に収穫される若い果実を塩漬けにした「オリーブの新漬け」は、季節限定の貴重なもの。秋に小豆島を訪れたら、その時期しか出会えない旬な一品をぜひ食べてみてください。

オリーブのアーチに囲まれた小道の先には瀬戸内の海が ©istock

海を見下ろす丘の上にある、約2000本のオリーブの畑に囲まれた道の駅「小豆島オリーブ公園」も必訪です。真っ白いギリシャ風車とオリーブの木々、そして青い空が印象的で、まるで地中海の島に来たような気分になる場所。園内には19品種のオリーブが植樹され、オリーブ記念館やオリーブを使ったレストランなど、まさにオリーブづくし!例年10月~11月はオリーブ収穫祭が開催されています。最新情報は公式ウェブサイトで確認を!

■道の駅「小豆島オリーブ公園」
URL:https://www.olive-pk.jp/

中央奥に見えるのは園内にあるイベント広場 ©istock

小豆島への船旅を楽しもう

坂手港沖ですれ違うジャンボフェリーの船

小豆島へは兵庫県、岡山県、香川県から船でアクセスします。旅の出発地点から、最適な港を選びましょう。

船会社もいくつかありますが、例えば「ジャンボフェリー」なら神戸港(兵庫)~坂手港(小豆島)間を約3時間で、坂手港(小豆島)~高松東港(香川)間を約1時間で結んでいます。

(左)国際両備フェリー、(右)瀬戸内観光汽船の御船印

小豆島への船旅の間に、おすすめしたいのが「御船印」。「御船印」とは現在全国60近い船会社で発行している、船の御朱印のことです。

小豆島へ運航する船会社のうち、ジャンボフェリー、国際両備フェリー、瀬戸内観光汽船の3社で「御船印」をもらうことができます。国際両備フェリーは船内の売店で、瀬戸内観光汽船は港の切符売り場で御船印を販売中。ジャンボフェリーは2021年10月以降販売を開始する予定です。
※2021年9月現在

ジャンボフェリーの御船印は飛び出す仕掛けを予定中(発売時期は2021年10月以降)

これから小豆島を訪れたいと思っている方は、ぜひ「御船印」情報もチェックしてみてください。

■御船印めぐりプロジェクト事務局
URL:https://gosen-in.jp/index.php

島旅シリーズ『小豆島』

地球の歩き方 JAPAN 島旅13 小豆島

小豆島の“体験する・遊ぶ・観る・食べる・買う・泊まる”がギュッと詰まった一冊が『地球の歩き方 JAPAN 島旅13 小豆島』。地元住民の声とともに島中の魅力を伝えます。

■地球の歩き方 JAPAN 島旅13 小豆島
・URL:https://hon.gakken.jp/book/2080148300

御朱印シリーズ『御船印でめぐる全国の魅力的な船旅』

御船印でめぐる全国の魅力的な船旅

大人気の地球の歩き方御朱印シリーズから「御船印めぐり」初の公式本が誕生!全国50を超える船会社の御船印情報はもちろん、船旅を楽しむ基本情報や北海道から沖縄までの日本全国の航路を徹底的に解説しています。さらに寄港地周辺の訪れたい観光地情報やご当地グルメも満載。御船印帳を片手に船旅する方にぴったりの一冊です!

■御船印でめぐる全国の魅力的な船旅
・URL:https://hon.gakken.jp/book/2080167800

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した●施設(または、店舗、イベント)●において、短縮営業や休業の可能性があります。最新情報は、公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2021年9月14日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 御朱印シリーズ 45 御船印でめぐる全国の魅力的な船旅

地球の歩き方 御朱印シリーズ 45 御船印でめぐる全国の魅力的な船旅

地球の歩き方編集室(編)
定価:1,650円(税込)
発行年月: 2021年08月
判型/造本:A5変
頁数:128
ISBN:978-4-05-801678-7

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース