海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >中東 >アラブ首長国連邦 >ドバイ >アラブ首長国連邦・ドバイを初めて旅行する方におすすめの観光スポット5選!

アラブ首長国連邦・ドバイを初めて旅行する方におすすめの観光スポット5選!

2018年05月27日

まるで未来都市のようなドバイ!

「世界一の◯◯」や「世界最大の○○」が大好きで、どんどん開発が進むアラブ首長国連邦の一大都市ドバイ。筆者がドバイにやってきた頃にはなかったものが、次々に作られています。それは新しい商業施設だけではありません。路面電車が走り、水平線が見えていた場所に島ができ、なんと本土を堀って川ができました。アラブ首長国連邦・ドバイは、とにかく発想が規格外! 今回は、はじめてドバイを旅行される方を対象に、新名所を攻める前に、まずは押さえておきたいドバイの定番観光スポットを5つ紹介します。

「ドバイ博物館」で歴史にふれよう!

日本の歴史と比較しながら観賞してみるのもおもしろい!

煌びやかなドバイをみる前に、最初に訪れたいのが「ドバイ博物館(The Dubai Museum)」です。1787年に建造された要塞を再利用した博物館には、石油が発掘される前の時代からの生活が蝋人形や映像を使って展示されています。暑さを凌ぐために考案されたヤシの木の家や遊牧民の生活用品の展示は必見です。

高層ビルが建ち並ぶドバイは、いったい何年に建国されたかご存知でしょうか。ぜひドバイ博物館で確認してみてください。あまりの若さと短い期間に急成長を遂げた国の革新力に、きっと驚くに違いありません。

ドバイ博物館は、入場料が大人3AED(約90円)というのもお財布にやさしく、「思いのほかおもしろかった!」という感想をよく耳にします。

■ドバイ博物館(The Dubai Museum)
・住所: Al Fahidi St، Opp. Grand Mosque, Dubai U.A.E.
・最寄駅:メトロAlFahidi駅
・URL:http://www.dubaiculture.gov.ae/en/Live-Our-Heritage/Pages/Dubai-Museum-and-Al-Fahidi-Fort.aspx

「スーク」巡りでアラブみやげを見つけよう!

オールドスーク(テキスタイルスーク)

次に紹介するのは、ドバイの古い街並みが残る「スーク(市場)」です。ドバイのスークは、大きく分けて3つのエリアに分かれます。おみやげ物全般と布製品が揃うオールドスーク(テキスタイルスーク)、スパイスが揃うスパイススーク、金製品が眩しいゴールドスークです。

スパイススーク
ゴールドスーク

オールドスークでは、カシミヤやパシュミナのストールを購入できます。

スパイススークでは、手作りカレーに使う香辛料を揃えるのもよいですし、20ミリリットルほどの小さなボトルに入ったアルガンオイルをばらまき土産に買うのもおすすめです。

ゴールドスークでは、自分の名前をアラビア語でデザインしてもらい、ネックレスにするのも思い出に残るでしょう。翌日の夜には宿泊ホテルに届けてくれるサービスもありますので、お店に確認してみてください。

オールドスークとスパイススークを結ぶアブラ

オールドスークからスパイススークへ移動するためには、アブラという木造船に乗って川を渡ります。旅行者だけではなく住民の日常の足でもあるこの船は、人数が揃うと出発し、運賃はたったの1AED(約30円)です。

乗船中にオールドスークの方を眺めると、古い建物の隙間にモスクのミナレット(塔)が見えます。お祈りの時間には、街中に響くアザーン(お祈りを知らせる合図)とオールドスークの景色が合わさり、何とも言えない風情が広がります。

毎日がエンターテイメント!「ドバイ・マリーナ」

高層ビルが立ち並ぶドバイ・マリーナ

3番目に紹介するのは、ドバイ西部の海側に位置する「ドバイ・マリーナ(Dubai Mairna)」地区です。高層ビルが建ち並ぶ住宅エリアである一方で、透明度の高いビーチとレストランやホテルが共存するエンターテイメントエリアでもあります。

なかでも、「ドバイ・マリーナ・モール(Dubai Marina Mall)」は、連日多くの人でにぎわいます。日本のテレビ番組でも紹介された、高層ビル群の中にあり、世界一の長さを誇るジップライン「X-LINE」がある所です。

■ドバイ・マリーナ・モール(Dubai Marina Mall)
・住所:Sheikh Zayed Rd, Dubai U.A.E.
・最寄り駅:メトロJumeirahLakesTowers駅
・URL:https://www.dubaimarinamall.com/

ザ・ビーチ

午前中は、ビーチで泳いだり、バナナボートなどのアクティビティーに挑戦したりするのもよいでしょう。昼はビーチサイドの「ザ・ビーチ(The Beach)」というエリアで、ドバイの定番ジュース、レモンミントで火照った体を癒すのもおすすめです。その後は、ボートツアーで世界一大きな人工島「パーム・ジュメイラ(Palm Jumeirah)」付近まで観光に行くのもよいでしょう。

■ザ・ビーチ(The Beach)
・住所:Opposite JBR, Dubai Marina, Dubai U.A.E.
・最寄駅:メトロJumeirahLakesTowers駅
・URL:http://www.thebeach.ae/

アルコール提供のあるピア・セブン

夜は、「ピア・セブン(Pier7)」という飲食店ビルでお酒を嗜んでみてはいかがでしょうか。このピア・セブンは、ドバイでは珍しいことにお酒を提供している飲食店ビルなのです。ドバイ・マリーナ地区は、イスラム教の国だということをつい忘れてしまいそうな雰囲気がありますが、飲み過ぎて酔っぱらうのは御法度です。私服警官が至る所にいますので、飲み過ぎには充分気を付けながらナイトライフを楽しんでください。

■ピア・セブン(Pier7)
・住所:Al Marsa Street Marina Mall, Dubai U.A.E.
・最寄駅:メトロJumeirahLakesTowers駅
・URL:http://www.pier7.ae/en/Dine/dine.aspx

砂漠をドライブ!スリル満点の「デザート・サファリ」

4WDで疾走するデザート・サファリ

これをドバイ旅行のメインに考えている方も多いのではないでしょうか。4番目に紹介するのは、砂漠を4WDで駆け巡る「デザート・サファリ(Dessert Safari)」です。「砂漠に行きたい」「らくだに乗りたい」「サンセットが見たい」など、これらすべてを叶えられる人気のアクティビティーです。

ドバイの街中から20分も車で走れば、道路脇は砂っぽくなり、やがて砂丘地帯に突入します。これまでに見てきた高層ビルが連なるドバイの街並みが、まるで嘘のようです。異国情緒溢れる景色に、目的地に到着する前からシャッター押す指が止まらないでしょう。

さて、デザート・サファリの内容は次のような感じです。

砂漠ドライブ、らくだ試乗体験、アバヤ試着体験、ファットバイクなどの車系のアクティビティー、ヘナペインティング、サンセット鑑賞、水タバコ(シーシャ)、ベリーダンスショー、タンヌーラショー(エジプト伝統舞踊)、夕食ビュッフェなど。

このように、まさにインスタ映えすることばかりです。デザート・サファリは、多くのホテルで催行していますので、滞在しているホテルに尋ねてみましょう。内容は、時期(例:ラマダン)によって異なりますので、申し込みの際に確認してみてください。

ヘナペインティングでアラブ女子気分を
広大な砂漠に落ちるサンセット

世界一大きなショッピングモール「ドバイ・モール」

ドバイ・モールとブルジュ・カリファ

最後に紹介するのは、世界一大きなショッピングモール「ドバイ・モール(The Dubai Mall)」です。フットボールコート約200個分の巨大ショッピングモールには、1,200を越える小売り店や数百ものレストランがあり、買物が大好きな方もそうでない方も楽しめる施設です。

巨大水槽で有名なドバイ水族館

「ここに作っちゃったの!?」と目を疑うほどの広さのスケート場「ドバイ・アイスリンク(Dubai Ice Link)」、ギネス級の巨大水槽をもつ「ドバイ水族館(The Dubai Aquarium)」、アラビック模様の食器や小物が揃うフランス系デパート「ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)」など、ショッピングモールの一言では言い表せない度肝を抜かれる施設です。

ラマダン(断食月)後や新年に行われる超ビッグ・セールは、爆買いの絶好のチャンスです。地元住民たちが手に持つ高級ブランドショップの袋の数に、誰もが驚くでしょう。そのほか、定時になると流れるアザーン(お祈り時間を知らせる合図)やお手洗いにお祈り部屋が併設されていることは、イスラム教圏のショッピングモールならではです。

ブルジュ・カリファ展望台から見下ろすドバイ・モール周辺

ドバイ・モールに隣接する世界一高いタワー「ブルジュ・カリファ(Burj Khalifa)」では、ドバイの景色を360度楽しむことができます。日の入り時刻の入場は大人気ですので、早めの予約をおすすめします。

大迫力のドバイ・ファウンテン

毎日18:00以降になると、30分ごとに行われる「ドバイ・ファウンテン(The Dubai Fountain)」も必見です。これを見ずしては帰れないというほど、迫力満点な噴水ショーです。30分ごとにさまざまな曲にあわせて水がダンスをするわけですが、なかでも盛りあがるのが、マイケル・ジャクソンの名曲『スリラー(Thriller)』が演奏される時です。噴水の見えるレストランで、食事をしながら何曲も鑑賞するのもよいでしょう。

とにかく広いの一言に尽きるドバイ・モール。気になる行き先の「階数」だけでもメモして向かうことをおすすめします。ドバイ生活6年目を迎える筆者も、未だかつてこの巨大モールを無駄なく回れたことはありません。必ず足が棒になるドバイ・モールでは、休憩を挟みつつ、楽しい時間をお過ごしください。

■ドバイ・モール(The Dubai Mall)
・住所:Financial Center Rd, Dubai U.A.E.
・最寄駅:メトロBurj Khalifa/The Dubai Mall駅
・URL:https://thedubaimall.com

いかがでしたか。初めてのドバイ旅行で参考にしてほしい定番の観光スポットを5つ紹介しました。今度のドバイ旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事