海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >北米 >カナダ >バンクーバー(ワシントン) >初めての方・リピーターにも訪れてほしい、カナダ・バンクーバーでオススメのスポット3選+番外編

初めての方・リピーターにも訪れてほしい、カナダ・バンクーバーでオススメのスポット3選+番外編

2018年05月04日

カナダの西に位置するバンクーバー

カナダの西海岸にあるバンクーバー。カナダ国内でも温暖な気候であり、世界の住みたい街の上位に、常にランキングされています。ダウンタウンから車やバスで30〜40分も行けば、海山に囲まれた美しい自然を楽しめます。ダウンタウンでは、高層ビルが立ち並び、安全でクリーンな街です。レストラン・カフェの質も高く、シティ・ライフを味わうこともできます。今回は、そんなバンクーバーで必ず訪れたいスポット3選+番外編を紹介します。

食事もおみやげも満足できるグランビル・アイランド(Granville Island)

グランビル・アイランドの眺め

グランビル橋のたもとにあるグランビル・アイランド。フォールス・クリークに少し突き出した小さな半島です。バンクーバーのダウンタウンから、直通のバスも運行されていますし、アクアバス(the aquabus)と呼ばれる小型フェリーでもアクセスすることができます。

多くのアートギャラリーやショップがいくつかの建物の中に入っていて、それを見てまわる楽しさは格別です。パブリック・マーケット(Public Market)には、新鮮な野菜、果物、デリ、スイーツ、花などが並び、フード・コートでは、食事を楽しむことができます。

このエリアにあるグランビル・アイランド・ブリューイング(Granville Island Brewing)は、1984年に開設されたカナダ初の小規模醸造所です。この醸造所では、バンクーバーっ子が大好きなビールのテースティングを楽しむことができます。

■グランビル・アイランド(Granville Island)
・住所:Granville Island, Vancouver, BC, Canada
・URL:https://granvilleisland.com/

グランビル・アイランドのパブリック・マーケット

《ほかのおすすめスポット》
アーティサンサケメーカー(Artisan Sake Maker)
日本人が作っている日本酒の工房です。テースティングも可。
エディブル・カナダ(Edible Canada)
パブリック・マーケットの向かい側に位置するレストラン。カナダやブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー近郊の食材を使った料理がメイン。ワインはもちろんカナダ産。ショップも併設されていて、ソルト・ハニー等、おみやげも販売しています。
グランビル・ティー・カンパニー(Granville Tea Company)
パブリック・マーケットの中にあります。店内には、150種類以上の茶葉が、黒いお茶の缶に入れられて並んでおり、その姿は壮観。

バンクーバー発祥の地、レンガ造りのオシャレな街ギャスタウン(Gastown)

夕闇のギャスタウン

ギャスタウン(Gastown)は、1867年に初めてこの地域に酒場を開いたギャシー・ジャック・デイトン(John Deighton)の名を由来としています。ゴールドラッシュで集まってきた男達のために酒場とホテルを建てると、ギャスタウンは次第に発展していきました。当時を偲ばせる石畳のウォーター・ストリート(Water St.)が、今でも残っています。

ギャスタウン(Gastown)には、レンガ造りの建物をそのまま使用した、おしゃれなレストランやカフェ、ブティック・ショップが軒を連ねています。今や、バンクーバーでももっともトレンディな場所のひとつになっています。ネイティブのアートショップも数軒ありますので、自分のためにアートを探してみるのも、バンクーバーの素敵な思い出になるでしょう。

バンクーバーでは、ハリウッド映画の撮影がよく行われます。そのため、俳優たちが訪れるレストランもたくさんあります。古き良き時代と、モダンさが混ぜ合わされた、個性的な街ガスタウンをそぞろ歩きしてみましょう。バンクーバーのダウンタウンから、徒歩で10〜15分くらいで行くことができます。

■ギャスタウン(Gastown)
・住所:Cambie Street & Water St, Vancouver, BC, Canada
・URL:http://gastown.org/

ギャスタウンのスティーム・クロック

《ほかのおすすめスポット》
●スチーム・クロック(Steam Clock)
1977年製のバンクーバーのシンボルとも言える蒸気時計。キャンビー・ストリート(Cambie Street)とウォーター・ストリートにあります。10〜15分おきに蒸気が出てきますので、写真を撮るならタイミングを図りましょう。
●ギャシー・ジャクソン像
ウォーター・ストリートの東端にあります。ギャスタウンの名前の由来となった彼の銅像が立っています。

ショッピング・ダイニングに最適、バンクーバーの銀座ロブソン・ストリート(Robson St.)

ダウンタウンの中心を走るロブソン・ストリート(Robson St.)

これを外しては、「バンクーバーのおすすめ3選」にはならないであろうと思われるロブソン・ストリート。ダウンタウンの中心に伸びる大通りで、ビジネスやショッピングの拠点が集まり、バンクーバーで一番活気があります。

中央図書館(Vancouver Library)からスタンレー・パークに向けて、ブランドショップ、ホテル、レストラン、カフェ、おみやげ店、バンクーバー美術館(Vancouver Art Museum)などが立ち並びます。

バンクーバー中央図書館

バンクーバーはアジア系(日本、韓国、中国)の人々が多いため、和食、韓国料理、中国料理のレストランが、ロブソン・ストリートに点在しています。人気レストランは色々ありますが、その中で筆者のお気に入りのレストランを紹介します。
チンチン(CinCin Ristorante + Bar)
本格的なイタリアンでとてもおいしいです。来店の際は、予約するのがベストです。
ジョー・フォルテス・シーフード(Joe Fortes Seafood & Chop House)
新鮮なシーフードがおいしいと評判のレストラン。ムール貝、オイスター、サーモンは絶品です。
マーケット・バイ・ジャン・ジョルジュ(Market by Jean-Georges)
シャングリラ・ホテルの3階にある、ミシュラン3つ星シェフの料理が食べられるレストランです。

マーケット・バイ・ジャン・ジョルジュのディナー

つづいて、ショッピング情報です。数多いブランドショップの中でカナダ生まれのブランドも数軒あります。
クラブモナコ(Club Monaco)
レディーズ、メンズのアイテムが揃うアパレルグッズのショップ
アルド(Aldo)
シンプルだけどユニークさも備えた靴ブランドショップ
ルーツ(Roots)
ビーバーのロゴで有名な、アウトドアの衣類品や、ポーチ、ベルトなどの小物ショップ

ロブソン・ストリートの一番にぎわっているエリアは、スカイトレインのバラード駅(Burrard Station)やバンクーバー・シティ・センター駅(Vancouver City Centre Station)から徒歩5分くらいの所です。

■ロブソン・ストリート(Robson St.)
・住所:Robson Street Vancouver, BC, Canada

〈番外編〉美しいバンクーバーの景観が堪能できるコール・ハーバー(Coal Harbour)

コール・ハーバーからのノースバンクーバーの眺め

バンクーバーのダウンタウンの北側に位置するこのエリアは、コール・ハーバー(Coal Harbour)と呼ばれています。高級高層マンションやラグジュアリーホテル、海を眺めながらの食事が楽しめるレストランやカフェがたくさんあります。

コール・ハーバーには、バンクーバーのシンボルとなっているカナダ・プレイス(Canada Place)があります。1986年に行われたバンクーバー国際博覧会の時に建てられ、現在はアラスカ・クルーズのターミナルとしても使われています。バンクーバー冬季オリンピックの聖火台跡も保存されています。

■カナダプレイス(Canada Place)
・住所:999 Canada Pl, Vancouver, BC Canada
・URL:https://www.canadaplace.ca/

ラスカ・クルーズのターミナル、カナダ・プレイス(Canada Place)

近隣にあるスタンレー・パーク(Stanley Park)は、観光スポットとして外せません。訪れてみると「バンクーバーの魅力」が理解できる、バンクーバー市民にとっての「都会のオアシス」です。

遊歩道シーウォール(Sea Wall)を歩くと、ノースバンクーバーと海を一望できます。レンタル自転車で、年代を経ている森林を眺めながら、スタンレーパークをぐるりとまわってみてください。プロスペクト・ポイント(Prospect Point)と呼ばれる展望スポットから、ライオンズゲート・ブリッジ(The Lions Gate Bridge)やロスト・ラグーン(Lost Lagoon)の眺めを堪能してみてください。

《ほかのおすすめスポット》
フライ・オーバー・カナダ(Fly Over Canada)
カナダ・プレイスの中にある、最新の映像技術で作られた4Dアトラクション。カナダ全土をヘリコプターで飛んでいるような気分を味わえます。4Dというのは、映像だけではなく、上映中に顔に水滴の噴霧を感じたり、香りを味わったり、実際に飛行しているような体感ができるショーです。
バンクーバー水族館(Vancouver Aquarium)
スタンレー・パークの中にあり、イルカをはじめ多くの魚、クラゲを観ることができます。

バンクーバーの全景

いかがでしたか。カナダ西海岸の最大規模の都市で、カナダへ入る際の西の玄関口、バンクーバー。この街が初めての方にも、リピーターの方にも、訪れてほしいスポット3選+番外編をお送りしました。今度のパンクーバー旅行の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事