海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >中南米 >メキシコ >ユカタン >ハネムーナーにおすすめ! 一生の思い出になるメキシコ・カンクンのフォトジェニックスポット4選

ハネムーナーにおすすめ! 一生の思い出になるメキシコ・カンクンのフォトジェニックスポット4選

2019年02月08日

旅行者を魅了し続ける世界遺産チチェン・イツァ遺跡

世界中の旅行者を魅了し続ける真っ青なビーチと、真っ白な砂浜。メキシコ随一のリゾート地といわれるカンクン。世界遺産のチチェン・イッツァ遺跡をはじめ、ウシュマルやシアン・カーン、イスラ・コントイなど、観光名所に溢れています。今回は「フォトジェニック」をテーマに、きれいなビーチやおすすめテーマパークなど、ハネムーンや家族旅行、恋人との旅行におすすめな観光スポットを紹介します。カンクンには、人生で一度は訪れたくなるスポットが満載です。

海を見下ろす城壁都市の遺跡「トゥルム遺跡」

カリブ海に面した世界遺産「トゥルム遺跡」

ユネスコによって世界遺産に登録された「トゥルム(Tulu'um)」の重要な遺跡のひとつが、カンクンの外れ、カリブ海に面した崖の上にあります。

点在する遺跡の間を通り抜けると、突然現れるターコイズブルーのビーチと白い砂浜。そこにドンっと構える「エル・カスティージョ(El Castillo)」。高さ約12メートルの崖の上にある廃墟は、海と空、そして白い砂浜が合わさり、訪れた者の目を一瞬にして奪い去ります。

フォトスポットは、遺跡から少し下った場所にあります。こちらのスポットは、欧米人に特に人気です。写真撮影に最適なのはもちろん、無料で泳げるリヴィエラマヤのパラダイスビーチが広がっているのがその理由だとか。

岩陰で着替えて、海でリラックスしながら眺める遺跡は、現実を忘れさせ、まるで異次元にいるかのような感覚を与えます。遺跡とともにカリブ海の雄大な自然に包まれれば、日ごろの喧騒を忘れ、のんびりと過ごすことができます。

■トゥルム遺跡(Tulu'um)
・住所:Carretera Federal, Cancun - Chetumal Km 230, 307, 77780 Tulum, Q.R.
・URL:https://www.inah.gob.mx/




 

丸々1日遊べるウォーターパーク「シェル・ハ」

家族の楽しい休暇にはウォーターパーク「シェル・ハ」がぴったり

ウォーターパーク「シェル・ハ(Xel-ha)」は、Xcaretグループの公園のひとつです。カンクンとリビエラマヤでもっとも美しい景観のひとつとされ、息をのむような風景の真ん中で、スノーケリングやウォータースライダー、展望台、ビュッフェなどを楽しむことができます。

「シェル・ハ(Xel-ha)」は、遊泳エリアが海と繋がっているのが特長で、熱帯の魚と一緒に泳ぐことができます。澄んだ海でカラフルな魚と戯れる時間は、きっと一生の思い出となるでしょう。また、スノーケリングでは、フィンやライフジャケット、マスク、そしてタオルなど、すべての道具が無料で貸してくれます。重い荷物を運ばなくてもよいので、旅行者にとって助かります。

きれいな海と岩壁、そして、おいしいメキシカン料理を一日中堪能できますので、ハネムーンや家族旅行におすすめです。ウォーターパーク内にはフォトジェニックスポットがたくさんあり、なかでも、透明度の高い海と岩壁の造形美はおすすめです。ご自身の最高の一枚を収めるのはそう難しくはありません。

■シェル・ハ(Xel-ha)
・住所:Carretera Chetumal Puerto Juárez Km 240, locales 1 & 2, módulo B, 77780 Q.R.
・URL:https://en.xcaretexperiencias.com/




 

ノースビーチが美しい「イスラ・ムヘーレス島」

ゆったりとした島時間が流れるノースビーチ

カンクンの海岸からわずか13キロメートルの沖合にある「イスラ・ムヘーレス島(Isla Mujeres)」。島のなかでも特にノースビーチは、この地域でもっとも美しいビーチといわれる程のフォトジェニックなスポットです。こちらのビーチは、とにかく「きれい」のひとことです。ターコイズブルーの海と真っ白な砂浜に、「こんなビーチ、はじめて見た」と誰もがまず驚くでしょう。

「イスラ・ムヘーレス島」までは、本土からフェリーでわずか20分ほどでたどり着きます。島自体は小さく、ノースビーチまでは歩いて15分くらいです。ゴルフカートを借りることもできます。お酒を飲みながら運転している人もいますので、歩いた方が安全です。

海は、浅瀬になっていて、スノーケルをすることができます。ビーチのクラブでイスを借り、海を見ながら食事をし、気ままに海を眺めるのがおすすめです。「イスラ・ムヘーレス島」は、ハネムーンで訪れるのにおすすめ。カンクンよりも素朴で、のんびりと島時間を楽しむことができます。

■イスラ・ムヘーレス島(Isla Mujeres)
・住所:Isla Mujeres, Q.R.




 

「水」と表現するのが嘘のような「ドス・オホス」

透明感半端ない! 「セノーテ・ドス・オホス」

カンクンには、世界的に有名なセノーテがふたつあります。セノーテとは、石灰岩の陥没穴に、地下水が溜まってできた天然の井戸や泉のことです。カンクンのある中米ユカタン半島には、約3,500ヵ所のセノーテがあるといわれています。

有名なセノーテのひとつが、日本の旅番組などで話題になった「グラン・セノーテ(Gran Cenote)」。日本人をはじめ、多くの観光客でにぎわっています。もうひとつが、透明度100メートルともいわれる神秘の泉「ドス・オホス(Dos Ojos)」。

びっくりするほどの透明感! 「水」と表現するのがまるで嘘のような、そこに何もないような透明な世界。それが「ドス・オホス」です。日本では「グラン・セノーテ」の方が有名ですが、実は透明感でいったらこちらの方が遥かにきれいです。

いくら足をばたつかせても濁ることがない水が不思議です。手を伸ばせば、下の石に触れられそうですが、実は8メートルもの深さがあります。深いエリアは、ダイバーに人気です。朝早く行けば人も少なく、水もきれいな状態で撮影ができます。光が差し込んだ「ドス・オホス」は、絶好のフォトジェニックスポットです。

■ドス・オホス(Dos Ojos)
・住所:Cenote Jaguar Rd, Q.R.




 

いかがでしたか。「フォトジェニック」をテーマに、人生で一度は訪れたくなるメキシコ・カンクンの観光スポットを紹介しました。今度のカンクン旅行の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー