海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >スポーツ・アウトドア >日本 >中国 >岡山 >瀬戸内海に浮かぶ「くじら島」で1日1組限定の貸し切りキャンプ!(岡山県玉野市)

瀬戸内海に浮かぶ「くじら島」で1日1組限定の貸し切りキャンプ!(岡山県玉野市)

2018年02月15日

シルエットがくじらに見える、通称「くじら島」

瀬戸内海に浮かぶ無人島、通称「くじら島」で実施される1日1組限定の貸し切りキャンプを紹介します。幼き頃、無人島で暮らしてみたいと思ったことはありませんでしたか。2018年4月、島の姿がくじらに見える、通称「くじら島」に、瀬戸内海をまるごと楽しめる新感覚のキャンプ場が誕生します。都会の喧騒とはかけ離れた、のんびりとした時間を味わいに無人島へ出かけてみませんか。

「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA 」とは!?

無人島を一島まるごと貸し切る新感覚のアウトドア体験

宇野港土地株式会社は、2018年4月28日(土)より、瀬戸内海に浮かぶ無人島、竪場島(たてばじま)にて、1日1組限定のキャンプアイランド「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA」を開業します。

「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA」とは、無人島を一島まるごと貸し切り、瀬戸内海の自然を存分に楽しむことができる新感覚のアウトドア体験です。周囲約2キロメートルの竪場島(たてばじま)に作られたキャンプ場では、都会では味わえない非日常的な空間に触れることができます。

竪場島(たてばじま)では、何もない無人島でもゆっくり過ごせるように、ウッドデッキやシャワー室、トイレ、アウトドアキッチンなどを整備する予定です。また、寝泊まりできるテントを10張りほど設置する予定だそうです。

また、島滞在中に楽しめるアクティビティーとして、海遊びや魚釣り、花火、シーカヤック、スタンドアップパドルボード、サンセットクルーズなどが用意されています。

貸し切りキャンプの収容人数と利用料金は?

利用料金は、1泊20,000円、日帰り10,000円

「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA」では、収容人数を最大80人程度と想定しています。1日の参加人数は、最小4名から最大80名までとなる予定です。利用料金は、1泊20,000円、日帰り10,000円(大人1名税別)です。

瀬戸内海に浮かぶ「くじら島」とは!?

瀬戸内海に浮かぶ無人島

竪場島(たてばじま)は、岡山県玉野市の宇野港から船で30分ほどの沖合に浮かぶ無人島です。竪場島(たてばじま)は、朝焼けや夕暮れ時、そのシルエットがくじらに見えることから「くじら島」と呼ばれるようになったそうです。

瀬戸内海には約3,000もの島が点在しますが、竪場島(たてばじま)は、宇野港土地株式会社が所有する島です。「日常とは無縁の島時間をたくさんの人に堪能してほしい」との思いから、宇野港土地株式会社は「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA」を開業したそうです。

「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA 」の楽しみ方

瀬戸内海は内海なので波も穏やか

「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA 」では、さまざまな楽しみ方ができます。竪場島(たてばじま)は完全なる無人島ですから、人の目も気にすることなく、気の置けない仲間たちと自由に過ごすことができます。

瀬戸内海は内海なので波も穏やかです。海遊びや魚釣り、シーカヤック、スタンドアップパドルボードなどをするには最適なロケーションです。シーカヤックなら20分ほどで竪場島(たてばじま)を一周できるそうです。

また、アウトドアアクティビティー以外にも、ウェディングパーティーをしたり、映画の野外上映会をしたり、ミュージシャンを呼んでプライベートライブをしたりと楽しみ方はいろいろです。

竪場島(たてばじま)へのアクセス方法

宇野港からチャーター船で竪場島(たてばじま)へ

竪場島(たてばじま)への移動手段は船です。発着港となる岡山県玉野市の宇野港より、チャーター船で竪場島(たてばじま)へ向かいます。片道約30分のクルーズとなります。帰路も同様、指定の時間になりましたら、宇野港までチャーター船にて送迎があります。チャーター船による送迎料は、キャンプの利用料金に含まれていますので、別途必要ありません。

なお、発着港となる宇野港へ行くには、電車を利用すると便利です。宇野港の最寄りとなる駅は、JR宇野みなと線宇野駅です。宇野駅から宇野港までは徒歩で移動できます。


■ 瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA(竪場島(たてばじま))
・住所: 岡山県倉敷市
・最寄港: 宇野港(岡山県玉野市)
・URL:  http://www.kujira-jima.jp/

1日1組限定で、一島まるごと貸し切れる竪場島(たてばじま)。都会の喧騒とはかけ離れたのんびりとした時間を味わいに、瀬戸内海に浮かぶ「くじら島」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事