海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >スポーツ・アウトドア >北米 >アメリカ >セコイア国立公園(カリフォルニア) >セコイア国立公園で真っ暗闇体験。鍾乳洞ツアーで地球の中身を垣間見た

セコイア国立公園で真っ暗闇体験。鍾乳洞ツアーで地球の中身を垣間見た

2016年05月27日

ケーブツアーの切符を販売しているロッジポールビジターセンター

本格的な夏休み前に、セコイア国立公園の「クリスタルケーブ(Crystal Cave)ツアー」に参加してみました。サンフランシスコから車でフレズノ(Fresno)まで行き、隣接しているキングスキャニオン国立公園のビッグスタンプ入り口(Big Stamp Entrance)から入りました。

ツアーの切符は2ヶ所のビジターセンターで購入できます。ロッジポール(Lodgepole Vistor Center)フットヒルズ(Foothills Vistor Center)です。この日は午後2時からと3時からのツアーがありました。やはり夏休み中観光客の方が多いので希望の時間が買えないこともあるそうなので、時間的に制約がある方はネットで予約をした方がいいかもしれません。



傍にはマーケットもあってちょいと買い物

そして、ツアー集合場所に行きがてら見て回れるだけ行っておこうと、その前の腹ごしらえにサンドイッチ、飲み物、スナックを買いました。デリも併設されているのでここで食事ができるようになっています。ロゴマーク付きのグッツやお土産もあります。

キャンプ場もあるので食料品や調味料、大体の必要な道具はここで揃います。

とにかく大きいジャイアントセコイア

やっぱりでっかいジャイアントセコイア

山の麓は晴れていたのですが、ここは標高約2000m、霧が発生していて靄の中の散策、とにかく大きい木ばかり驚きです。だって大きいアメリカ人がちっちゃく見えるんですから。

倒れたジャイアントセコイア

そしてあちこちにゴロゴロと大木が転がっていて、一人で歩いていると自分が小人になった様な気がします。

ジャイアントフォレストミュージアム(Giant Forest Museum)

こじんまりとしたミュージアムを発見

ジャイアントフォレストミュージアム(Giant Forest Museum)は、ジャイアントセコイアの案内とその保護についていろんな形で紹介されてたすごく小さいミュージアムです。

中はすごく明るくて綺麗

時間があればゆっくり見学したかったけど、ケーブツアーの時間の間なのでさらっと眺めた程度でした(ごめんなさい、今度ゆっくり見学します)

モノロック(Mono Rock)トレイル

霧も濃くなってきたので、歩くことなく記念写真だけ。

トンネルログ(Tunnel Log)

1937年に倒れたジャイアントセコイアをくりぬいてトンネルにしてんだそうだ。通ってはいけないと書いていないので車で通過してみる事にして、ゆっくり通過。

乗用車なら問題無し

周辺に4~5台の車が停車していました。記念写真を撮っていたりしていたのですが、振り返ったら後ろから車でついてきているではありませんか!みんな通れるかどうか分からなかったのかもしれません。

いよいよゲートに到着

ここから、クネクネとした道をドライブ、看板には「この先に切符売り場はありません、ビジターセンターで売ってます」の表示。ここまで来てまたビジターセンターまで戻る人もいるんだろうなぁ。インターネットどころか携帯も繋がらないので戻るしか方法はなしという訳です。

携帯電話会社にも若干差があるかもしれませんが、基本的に携帯電話は使えないと思ってくださいね。公園内ほとんど圏外でアンテナは立っていませんでした。

道路表示もなくただひたすら運転

すれ違いもやっとの道なのでスピードの出し過ぎは本当に注意が必要です。道を間違ってないかどうか確かめる方法もなく、一本道のカーブをはみ出さないように慎重な運転でぴったり45分、集合場所に到着しました。

ツアーの諸注意の説明を聞く

ツアー開始5分前、トイレも済ませ参加者が集合し始め
スタッフからツアーの諸注意がありました。大きなカバンは置いて行く事。ポイズンオーク(日本の漆の木)もあるので遊歩道以外は歩かない事。ガラガラヘビもいるので見つけたら近づかず避け決して記念写真や一緒に写ろうとは思わない事。ハイキング用のステッキ、自撮り棒は持込みできないので車内に置いておく事。食べ物は車内に置いておかない事、食べ物を持っている人は専用の鉄の箱(ベアーボックス)に入れておく事。そして、ここから約800m急な下り坂を歩いていくのですが、洞窟に入るのが2時30分。全員降りてこれなくても時間通りに出発しますから、遅れたらまた坂道を上がってきてくだい。なんと制限時間付きというツアーだった。


「ベアーボックス(Bear Box)」というのは、食べ物の匂いでブラックベア(Black Bear)が寄ってきて車内の食べ物を車の窓ガラスとか割っちゃって取ったりするからから防止用に頑丈な箱に保管しておくという事です。ガラガラヘビに出くわすかもしれないし帰って来たら熊がいた!ってのもあり、なんともワイルドライフです。

キオスクみたいなブックストア(Cave Bookstore)

ネットで買った人はこのブックストアで切符と交換みたいです。

いよいよツアー開始

靴の埃を洗います

説明も終わり、鍾乳洞の中に入る前に靴底の汚れを落としてツアー開始です。

間に合おうが間に合わなかろうが、洞窟には2時半に入ると念を押されているのでみんな黙々と降り始める。写真を撮る人は誰もいない。

結構細くて急斜面を手すりにつかまりながら降りていく

道に迷うことはありませんが、遅れないように転ばないように早歩き、霧で歩道は特に滑りやすくなっているし時間制限があるので転んでも誰も助けてくれなさそうな雰囲気です。何人の参加者に追い越されたのですがその度に焦る焦る。ツアー料金16ドルが無駄になりませんように。

洞窟の入り口からこんな幻想的な光景、思わず「お~っ」と感嘆

参加者全員制限時間内に降りてこれたので、めでたく全員で洞窟の中へ入る。入り際にコウモリもいたりするので、特に静かにして欲しいとのことだった。(ごめん)

もちろん、フラッシュ撮影厳禁。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事