海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >交通 >アジア >中国 >ペキン(北京) >新路線スタート! 海南航空が成田=北京首都線に新規就航

新路線スタート! 海南航空が成田=北京首都線に新規就航

2019年11月03日

中国らしい獅子の像 ©iStock

2019年10月31日、海南航空の成田=北京首都線が新規就航しました。海南航空の成田路線は、今回の北京首都線の就航により、西安線に続いて2路線目となります。

海南航空の成田=北京首都線とは!?

人でにぎわう北京の通り ©iStock

海南航空は、2019年10月31日、成田=北京首都(北京首都国際空港)線を開設しました。月・火・木・土曜の週4便の運航となります。使用機材は、ボーイング737-800型機となります。ボーイング737-800型機の座席数は、ビジネスクラス8席、エコノミークラス156席、全164席です。

●フライトスケジュール
・HU440 東京/成田(NRT)13:55発 北京首都(PEK)16:55(火・木17:05)着
・HU439 北京首都(PEK)7:20発 東京/成田(NRT)11:55着
※2019年10月31日より週4便(月・火・木・土曜)運航
※時刻はすべて現地時間

北京のおすすめスポット(1)万里の長城(八達嶺長城)

万里の長城(八達嶺長城) ©iStock

海南航空の成田=北京首都線を祝して、中国・北京でおすすめのスポットを紹介しましょう。

万里の長城は、中国の歴代王朝が、北方辺境の防衛のために造った長城(城壁)です。中国の北辺、標高の高い山岳地帯沿い築かれています。現存する長城は、おもに明朝が造営したものなのだとか。

八達嶺長城は、北京近郊の長城のなかでも観光地として整備の進んでいるスポットです。全長約3,700mといわれる八達嶺長城には、2つの観光ルートがあります。入口を抜けると、北側の山に沿うように続く緩やかな坂のルート(通称:女坂)と南側の勾配のきつい階段が続くルート(通称:男坂)があります。

■八達嶺長城
・住所: 延慶県軍都山間構古道北口

北京のおすすめスポット(2)故宮(故宮博物院)

故宮(故宮博物院) ©iStock

故宮は、明朝と清朝の歴代の皇帝と皇后が暮していた皇宮です。かつては、その名を紫禁城といい、約600年にもわたり、中国王朝の中枢としての役割を果たしてきました。清朝最後の皇帝を描いた映画『ラストエンペラー』のロケ地としても知られます。

現在は、故宮博物院として、歴代王朝が連綿と受け継いできた器物、書画、建築などの国宝が展示されています。故宮博物院は総面積約72万㎡もあり、部屋数も約9,000といわれています。中国最大の木造建築「太和殿」や歴代皇帝が座った「玉座」などが見どころです。

■故宮(故宮博物院)
・住所: 東城区景山前街4号
・URL: https://www.dpm.org.cn/Home.html

いかがでしたか。2019年10月31日より新規就航した海南航空の成田=北京首都線を紹介しました。海南航空を利用して、北京旅行へでかけてみませんか。

■海南航空
・URL: https://www.hainanairlines.com/JP/JP/Home


≫≫≫北京旅行ガイド(地球の歩き方)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー