海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >交通 >ヨーロッパ >フランス >パリ >エールフランス航空、 パリ、シャルル・ド・ゴール空港のビジネスラウンジを完全リニューアルオープン!

エールフランス航空、 パリ、シャルル・ド・ゴール空港のビジネスラウンジを完全リニューアルオープン!

2018年08月07日

ビジネスラウンジを全面改装

エールフランス航空は2018年7月10日(火)にパリ、シャルル・ド・ゴール空港ターミナル2EのLホールのビジネスラウンジを全面改装し、リニューアルオープンしました。今年1月には改装工事が終了した一部のスペースをオープンしており、既に20万人のお客様が利用しています。完全リニューアルオープンとなったラウンジは全床面積3,200平米、全540席。ラウンジのコンセプトも一新、さらに快適な空間が誕生しました。

【新ラウンジの特徴】

「ル・バルコン」

【新ラウンジの特徴】

- 「ル・バルコン」若手フランス人デザイナー、マチュー・ルアヌール(Mathieu Lehanneur)デザインのユニークな空間が誕生。

- ホテル ランカスター・パリがエールフランス航空のために創作したシックでエレガントなオリジナルカクテルの数々をラウンジで提供します。

- 全世界のエールフランスのラウンジで最も広いリラクゼーションスペースを設けました。

- お子様が搭乗前の時間を楽しく過ごせる専用のキッズスペースを設けました。

- レストランスペース、「グルメテーブル」ではオープンキッチンでシェフが常駐し、「本日のお勧め」をお客様の目の前で用意し、提供します。

- その他にも様々なテーラーメードのサービスが体験できるスペースを用意しました。

 ラウンジの入り口にはインタラクティブなラウンジ全体のタッチ式マップを設置、ラウンジで過す時間に応じて体験できるサービスがひと目で分かります。

中央にバーカウンター

仏人デザイナー、マチュー・ルアヌールは地上と空の間を漂う、時の流れが止まったような、160平米のバースペース、「ル・バルコン」をデザインしました。天井部分に金色の鏡を使用し、優美な曲線を描くデザインです。ユニークで居心地の良いバーは新ラウンジの中央に位置しており、滑走路に面しています。

「ル・バルコン」は中央にバーカウンター、その周囲を取り囲むように半円形のゆったりしたソファー席が設けられています。小さい丸テーブルのあるソファー席はブルーのベルベット張りで、一つ一つに番号が刺繍され、電源やWi-Fiも完備しています。「ル・バルコン」はデジタルでありながら、使用されている木、鏡、大理石といった材質と照明デザインにより、シックで安らぎを感じさせるスペースです。中央の床にはLED照明の、様々な時間帯の空の光を放つディスプレイが設置され、夜明けから日没に至る時間帯の空の色をリアルタイムに表現しています。まもなく始まる空の旅で体験する時差を予感させるような光の演出です。

【ホテル ランカスター・パリのオリジナルカクテルを提供】

ホテル ランカスター・パリのチーフバーテンダーが特別に創作

【ホテル ランカスター・パリのオリジナルカクテルを提供】
「ル・バルコン」では毎晩19時から21時まで、ホテル ランカスター・パリの女性チーフバーテンダーが特別に創作したカクテルの数々をご提供します。

『パリの気分』エールフランスのためのオリジナルカクテル、光り輝くエッフェル塔をシャンパンで、チュイルリー公園をオレンジリキュールのコアントローとコニャック、レモン果汁で表現しました。

『今月の都市』エールフランス航空を象徴するような目的地の街をイメージしたカクテルを月替わりでご提供します。上海、ヨハネスブルグ、ニューヨーク、東京など。

『モクテル』ノンアルコールのカクテル。月替わりでフランスの様々な地方を象徴する材料を選び、オリジナルのレシピでご提供します。

【シェフが常駐するオープンキッチン】

美食の世界をさまざまなバリエーションでご提供
ビュッフェコーナー

【シェフが常駐するオープンキッチン】
ラウンジ内では豊かな美食の世界をさまざまなバリエーションでご提供します。『グルメテーブル』エールフランスラウンジならではのコンセプト。パリ風のブラッスリーをイメージしたオープンキッチンにはシェフが常駐し、温かいお料理をお客様の目の前で仕上げてご提供します。ビュッフェコーナーでは冷たいお料理、温かいお料理の両方で季節の食材をお楽しみいただけます。煮込み料理、サラダ、スイーツなどをご提供します。ワインやシャンパンは2013年度世界チャンピオンソムリエのパオロ・バッソが選りすぐったものをご用意しています。

【世界のエールフランス航空ラウンジで最大のリラクゼーションスペース】

エールフランス航空のラウンジで初めて、550平米という空間がリラクゼーション専用スペースになりました。足を踏み入れると、時が止まったような感覚に包まれる洗練されたデザインの空間です。リラクゼーションスペースでは下記の設備をご用意しています。

『アンスタン・リラクゼーション』ゆったり休息できる長椅子と個室風のミニスイートルーム
気分をリフレッシュできるデトックスバーではパリのお茶専門店、パレ・デ・テの有機栽培デトックスドリンクの数々とエビアンウォーターのフレーバーミネラルウォーターをお楽しみいただけます。

『クラランススパ』熟練したエステティシャンによるフェイシャルケアが受けられる個室施術ルーム、2部屋。

リラクゼーションスペースの中央では3Dのデジタルアートが投影され、形、光の強さ、色合いが時間帯によって刻々と変化します。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事