海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >交通 >日本 >関東 >栃木 >真岡鐵道 満開の桜・菜の花と蒸気機関車 絶景日帰り旅

真岡鐵道 満開の桜・菜の花と蒸気機関車 絶景日帰り旅

2018年03月30日

満開の桜・菜の花と蒸気機関車

 真岡鐵道は、茨城県の下館駅と栃木県の茂木駅、41.9kmを結ぶローカル線です。土日祝日に1日1往復運行されるSL(蒸気機関車)と春限定の桜並木、菜の花とのコラボレーションが見られる絶景路線でもあります。例年3月下旬から4月上旬に見頃を迎えます。鉄道に興味がなくても楽しめる桜スポットとしておススメです。また、「金運上昇!?」の大前恵比寿神社・大前神社や陶器の産地として有名な益子などの観光スポットもあります。東京から日帰り旅行も可能な真岡鐵道の旅へ、皆様をご案内します。

真岡鐵道 桜並木と菜の花と蒸気機関車のコラボは!?

真岡・北真岡駅周辺イラストMAP

 真岡駅と北真岡駅をキーステーションに、桜並木と菜の花と蒸気機関車のコラボレーションが楽しめるスポットと周辺観光地を紹介します。イラストMAPで、各撮影・観光ポイントの位置関係を把握しながらバーチャル花見としてもお楽しみください。

北真岡駅 満開の桜並木・菜の花と蒸気機関車

北真岡駅から桜並木が続く

 「真岡鐵道 桜並木と菜の花と蒸気機関車のコラボ」風景を撮影すべく、北真岡駅に到着です。ひと駅先の西田井駅方向を見ると、桜の壁と菜の花が咲く風景が遠くまで続いています。この桜の壁に沿って、西田井駅方向へ歩きましょう。

菜の花の周りには、カメラマンがスタンバイ

 駅から2つ目の踏切(第一駒塚踏切)を渡ると、「メインディッシュ」の45分前にもかかわらず、多くのカメラマンが待機していました。何とか、先着の方々の反感を買わない範囲で場所を確保できました。撮影場所での割り込みは、周囲とトラブルになりますのでおやめください。また、菜の花畑の中に入って、菜の花を踏みつけたり、柵がないからといって、線路内に入ったり、線路に近づいたりなどの危険な行為は、列車の運行の妨げになりますので、絶対にやめてください。

蒸気機関車通過前に、本番撮影の練習も兼ねて・・・

メインディッシュの撮影のための予行演習!?

 10:44頃に下館行の普通列車、10:54頃に茂木行の列車が走り去っていきます。「メインディッシュ」前の撮影の予行演習、いわば前菜です。スイカのようなカラーリングの1両編成の列車が走る風景もいいのですが、狙いはもちろん・・・。

 「!!!!」。遠くで蒸気機関車(SL)の汽笛が鳴ります。筆者を含め、周囲のカメラマンたちに緊張が走ります。いよいよです。

「メインディッシュ」は、11:10頃!

SJが汽笛を鳴らしながら・・・。真打登場!
緊張で手が震えて・・・

 来た!!!

 予定通過時刻の11:10頃よりやや遅れて、「メインディッシュ」「真打」の登場です。「C11 325」型蒸気機関車が、ゆっくりとしたスピードで黄色の「菜の花の絨毯」と桜並木をバックに走り去っていきます。ややピントが合っていない画像は、緊張で手が震えたということでお許しください・・・。

第二駒塚踏切から北真岡駅方向へ
第二駒塚踏切から西田井駅方向へ

 「メインデッシュ」の失敗に少々の挫折感を味わいながら・・・。気持ちを切り替えて、さらに線路沿いに桜を見て行くことにしました。第二八切踏切まで線路沿いに進むと五行川に阻まれ、この先へは線路沿いに進めなくなります。桜並木の終点となりました。

 五行川に沿って下流方向へ歩き、大前(おおさき)神社へ立ち寄りましょう。

金運アップ!?大前恵比寿神社・大前神社

多くの参拝者に賑わう
「日本一えびす様」

 金運アップの神社として名高い、「大前恵比寿神社・大前神社」です。境内には、「日本一えびす様」という20mの大きな像が鎮座しています。お茶目な風貌ですが、インパクト絶大です。5mの金色の鯉を抱えていらっしゃいます。「日本一えびす様」は、その中にも入ることができます。

「金の釜」に祈りをこめて・・・

 「日本一えびす様」の中に入ると、「金の釜」があります。この釜の中に、自分の財布や現金をいれ、お祈りをすると金運がアップするのだそうです。「3億円宝くじ当たりました!」などという当選結果を神社側も多数把握しているとか。参拝者は、必死にお祈りしています。もちろん、お祈りが終わったら財布や現金を回収することをお忘れなく。金運アップをお祈りして、財布を忘れてきたではシャレになりません。

金運アップのビールでランチ

 筆者が訪問した日は、晴天ではなかったものの気温が上昇し、汗をかくほどの暑さでした。この日の暑さと長い歩きに疲れて、境内の休憩所でランチをすることに。食事はカレーライス(400円)のみで、選択肢はありませんでした。さらに、ビールを別注(700円)。その名も「金の使者」といいます。

 地ビールの「金の使者」は、色が金色に近い栃木県産「とちぎ麦芽」を100%使用し、この神社のご神水を使って醸造されたものだそうです。これで、内と外から金運アップです。現時点で、筆者には金運が回ってきていないことをご報告させていただきます・・・。

大前神社本殿

 本殿でも祈願しました。お金よりも健康第一(本音です)、健康で過ごせますように。

■大前恵比寿神社・大前神社
・住所: 〒321-4304 栃木県真岡市東郷943
・最寄駅: 真岡鐵道北真岡駅
・URL: http://www.ebisujinja.com/

絶景!桜川のしだれ桜

水路の両岸をしだれ桜が
白とピンクのしだれ桜のエリアも
住宅地の中の絶景

 大前恵比寿神社・大前神社での参拝を終え、来た道を第一駒塚踏切付近まで戻り、「桜川のしだれ桜」を見ていくことにしましょう。水路に沿って歩いていくと、途中に横断歩道があって、高いところからしだれ桜並木を見ることができます。住宅地の真ん中を桜の列が長く伸びています。また、桜並木の終点となる中ノ宿公園にも桜が咲いています。

風情ある「行屋川桜まつり」

散り始めた桜の花びらが川面に・・・
公園では、レシャーシートを敷いて宴会する人々の姿も

 「桜川のしだれ桜」から満開の中ノ宿公園を経て、10分ほど真岡駅方向に歩くと、「行屋川桜まつり」の「行屋川水辺公園」会場につきます。ソメイヨシノが終盤の情勢となっていて、花びらが散り始めていました。水面に浮かぶ桜の花びらが風情ある光景を見せていました。

■行屋川桜まつり(真岡一万本桜まつり)
・住所: 〒321-4306 栃木県真岡市台町4172-1
・最寄駅: 真岡鐵道北真岡駅
・URL: https://www.tochigiji.or.jp/spot/4106/

再び!北真岡駅 満開の桜並木と菜の花と蒸気機関車

復路のSLも撮影

 行屋川水辺公園から徒歩で「菜の花畑」に戻りました(以下で紹介する「真岡鉄道への東京からのアクセス・モデルコース」では、省略)。15:15頃、上りの下館行蒸気機関車を撮影しました。

 快晴だったらさらによかったと思いますが、満開(1週間程度)で、蒸気機関車が走り(土日祝日のみ運行)、快晴で・・・。三条件がタイミングよく揃う(あと、カメラの腕前も)のは、なかなか難しいところです。でも「インスタ映え」する絶景が撮影できる真岡鐵道、おススメです。

 このあと、北真岡駅から益子方面へ列車で向かうことにしました。普通列車で桜のトンネルを走り抜けました。列車内からの前面展望動画もご覧ください。

■桜のトンネルを走る列車の前面展望動画(YouTube)
・URL: https://youtu.be/CYagn3qP6lM?t=2m14s

陶磁器「益子焼」のふるさとへ

益子駅の駅舎
改札口付近には、巨大な益子焼が

 北真岡・西田井駅間の桜のトンネルを列車で走り抜け、「常総線・真岡鐵道線共通一日自由きっぷ」のフリーエリアの北限、益子駅で下車しました。

 益子といえば、益子焼という陶器の産地として有名です。改札付近に大きな益子焼がありました。駅から2km弱のところに、カフェや益子焼を購入できる施設もあります。

真岡駅「SLキューロク館」を見学

SLの形をした建物

 益子駅から再び列車に乗り、帰路につきます。真岡駅で途中下車し、駅前にある蒸気機関車(SL)の展示施設「SLキューロク館」を見て行きましょう。本物のSLと、SLの形をした真岡駅の駅舎をいっしょに撮影することをお忘れなく。

SLの運転台も見られる
レトロな旧型客車の車内も見学
本物のSLを間近で

 入場無料の「SLキューロク館」では、SLの運転室内にも入場でき、見学ができるようになっています。旧型客車もきれいに保存されていて、その車内にも入れます。

 鉄道と桜三昧&金運アップの旅の締めくくりに、「SLキューロク館」への訪問というのは、いかがでしょうか。

■SLキューロク館
・住所: 〒321-4306 栃木県真岡市台町2474−6
・最寄駅: 真岡鐵道真岡駅
・URL: http://sl-96kan.com/

真岡鉄道への東京からのアクセス・モデルコース

日帰りモデルコース(2018年4月現在)

*1:「常総線・真岡鐵道線共通一日自由きっぷ」を関東鉄道常総線守谷駅の有人窓口で購入。上記のケースでは、通常運賃より2,000円程度おトクになり、駅での切符の購入なども不要となるのでオススメ

*2:SL撮影(11:15頃、通過予定)や「大前(おおさき)神社」、周辺の桜スポットを散策

*3:「フリーエリア」の北限。益子の街を散策

*4:駅前の「SLキューロク館」を見学

★真岡鐵道の蒸気機関車(全席座席指定)に乗車する場合は、別途500円が必要。真岡鉄道の駅かJR東日本の「みどりの窓口」で指定券を購入可能


■真岡鐵道
・URL: http://www.moka-railway.co.jp/


■関東鉄道
・URL: http://kantetsu.co.jp/train/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事