海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >交通 >日本 >近畿 >大阪 >観光列車ランキングトップ10 人気の観光列車はどれ? Part1

観光列車ランキングトップ10 人気の観光列車はどれ? Part1

2018年09月19日

四国まんなか千年ものがたり(JR四国)

阪急交通公社が発表した「観光列車ランキングトップ10」を紹介します。国内外の旅行商品を取り扱う阪急交通公社の旅行サイトは、同サイト上で検索された情報をもとに「観光列車ランキングトップ10」を発表しました。数ある日本の観光列車のうち、ランキング1位に輝いたのは……。秋の行楽シーズン真っただ中! ランキング結果をもとに、シルバーウィークの予定を立ててみてはいかがでしょうか。

1位 しまかぜ(近畿日本鉄道)

しまかぜ(近畿日本鉄道)

運行区間:大阪難波駅、京都駅、近鉄名古屋駅~賢島(かしこじま)駅
運行開始年:2013年

関西の主要都市や名古屋から伊勢志摩へと向かう観光特急「しまかぜ」が、ランキング1位に輝きました。電動リクライニングを完備したシートは、座席の間隔が125センチメートルで広々としており、様々な設備やサービスで上質なくつろぎが味わえます。

和風、洋風の個室やサロン席もあり、カフェ車両では地元の特産品である松坂牛を味わえるメニューや地ビールなどが楽しめます。また、2018年3月には5周年記念イベントとして、通常は見ることができない3編成が賢島駅のホームに勢ぞろいして、鉄道ファンを喜ばせました。

■しまかぜ(近畿日本鉄道)
・URL:http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/

2位 四国まんなか千年ものがたり(JR四国)

四国まんなか千年ものがたり(JR四国)

運行区間:多度津(たどつ)駅~大歩危(おおぼけ)駅
運行開始年:2017年

四国の中央部を走行する「四国まんなか千年ものがたり」は、2017年に運行を開始した新しい観光列車です。車両ごとにコンセプトが異なり、いずれも座席の幅がゆったりとしており、ぜいたくな雰囲気が味わえます。

また、レストラン列車と呼ばれることもあるほど、食事のメニューが充実しており、地元の新鮮な食材を使った本格的な料理を味わうことができます。季節によって、桜や紅葉、雪景色などが楽しめます。

■四国まんなか千年ものがたり(JR四国)
・URL:http://www.jr-shikoku.co.jp/sennenmonogatari/

3位 SLやまぐち号(JR西日本)

SLやまぐち号(JR西日本)

運行区間:新山口駅~津和野(つわの)駅
運行開始年:1979年

「貴婦人(C57型)」「デゴイチ(D51型)」の愛称で親しまれているSLが、汽笛を響かせて走ります。デゴイチは2017年11月にデビュー、「貴婦人」より一回り小振りの「ポニー(C56型)」は2018年5月に引退しました。

車両は、展望車風客車、欧風客車、明治風客車などに分かれていて、それぞれ異なる内装が楽しめます。客車は、2017年9月にリニューアルされましたが、SL全盛期の客車を復刻しているため、レトロな雰囲気はそのまま。3号車の一部には、SL運転体験シミュレーターや投炭ゲームなどが新たに設置され、人気となっています。

■SLやまぐち号(JR西日本)
・URL:http://www.c571.jp/

4位 トーマス号(大井川鐵道)

トーマス号(大井川鐵道)

運行区間:金谷(かなや)駅~千頭(せんず)駅
運行開始年:2014年

大井川鐡道を、子供に大人気のトーマス号が期間限定で走ります。車内放送もトーマスが担当しており、子どもたちは大喜び。駅ではトーマスとの記念撮影も楽しめます。2018年6月からレール点検車の「ウィンストン」が仲間に加わり、こちらはペダルを漕いで進むアトラクションとなっています。1回300円で乗車できます。

また、大井川鐵道の各売店では、オリジナルグッズを販売しています。なかでも「C11きかんしゃトーマス号」のトミカは、子どもたちから高い支持を得る、人気のアイテムとなっています。
※2018年は、6月9日(土)から10月14日(日)までの期間、運行される予定です。

■トーマス号(大井川鐵道)
・URL:http://oigawa-railway.co.jp/dayoutwiththomas2018

5位 ゆふいんの森(JR九州)

ゆふいんの森(JR九州)

運行区間:博多駅~別府駅
運行開始年:1989年

湯布院(ゆふいん)へと向かう、リゾート感あふれる列車「ゆふいんの森」。クラシカルな雰囲気の車内は、木のぬくもりあふれるインテリアが目を引くフォトジェニックな空間です。また、車窓からの風景が魅力的で、慈恩(じおん)の滝や伐株山(きりかぶさん)といったスポットを目にすることができます。なお、各スポット到着前には客室乗務員による観光案内も受けられるなど、観光客向けのサービスが充実しています。

2017年7月九州北部豪雨によって鉄道橋が流されるなどの被害にあい、一部区間では列車が運転を見合わせていましたが、2018年7月に全線復旧しました。これを記念して、オリジナル弁当「飛翔」(要予約)が販売されています。

■ゆふいんの森(JR九州)
・URL:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/yufuinnomori/

「観光列車ランキングトップ10」は、阪急交通社のサイト内検索における2017年8月1日~2018年7月31日の検索数をもとに集計されたものです。

いかがでしたか。阪急交通社が発表した「観光列車ランキングトップ10」の1~5位までを紹介しました。6~10位までのランキングは、Part2をご覧ください。

■【関連記事】観光列車ランキングトップ10 人気の観光列車はどれ? Part2('18/9/19公開)も要チェック!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事