海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >交通 >リゾート >サイパン >サイパン >スカイマーク 2019年11月29日より成田=サイパン線に新規就航

スカイマーク 2019年11月29日より成田=サイパン線に新規就航

2019年10月31日

パラセーリング ©iStock

2019年11月29日(金)より、スカイマークの成田=サイパン線が新規就航します。日本からサイパンへは、スカイマークが運航するこの便が唯一の直行便となります。また、本路線は、スカイマークにとって初の国際線就航となります。

スカイマークの成田=サイパン線とは!?

白浜の続くビーチ ©iStock

スカイマークは、2019年11月29日(金)、成田=サイパン線を開設します。1日1往復のデイリー運航となります。使用機材は、ボーイング737-800型機が予定されています。ボーイング737-800型機の座席数は、全177席です。

●フライトスケジュール
・BC811 東京/成田(NRT)10:15発 サイパン(SPN)15:00着
・BC816 サイパン(SPN)16:35(土17:05)発 東京/成田(NRT)19:30(土20:00)着
※2019年11月29日(金)より毎日運航予定
※時刻はすべて現地時間

サイパンのおすすめスポット(1)マイクロ・ビーチ

マイクロ・ビーチの裏手にある庭 ©iStock

サイパンでおすすめのスポットを紹介しましょう。

マイクロ・ビーチ(Micro Beach)は、サイパンを象徴するような景観が広がるビーチです。ハイアットリージェンシー サイパンからグランヴィリオ リゾート サイパンまで、約1kmにわたり純白の砂浜が続きます。

マイクロ・ビーチは、タナパグ・リーフに囲まれた遠浅の海で、太陽の下、まったりと日光欲をするのにぴったりな場所。海水はどこまでも澄みわたり、打ち寄せる波音は心地よいリズムを刻みます。

ビーチの先、水平線に浮かぶのはマニャガハ島です。周辺の海の色は、太陽の位置、風向きによって1日に7回も変わるといわれるほど、さまざまな色合いを見せてくれます。特に、サンセット時のグラデーションはいつまでも忘れられない思い出のワンシーンになるでしょう。

サイパンのおすすめスポット(2)マニャガハ島

マニャガハ島 ©iStock

マニャガハ島(Mañagaha)は、北マリアナ諸島にある無人島で、面積は4ha、周囲は1.5kmとこぢんまりとした島です。サイパン観光の中心地、ガラパンの沖合にあり、ガラパンからは、高速ボートを利用すれば約10分で到着します。

島名の「マニャガハ」は、カロリン語で「ひと休み」を意味します。これは、カロリン諸島から移住したアグルブ大酋長の一行が、サイパン島上陸前に休憩をしたことに由来するのだとか。現在は、アグルブ大酋長の墓があることから、聖地として崇められます。

マニャガハ島に到着したら、シュノーケリングで海のなかの絶景を満喫しましょう。海水の透明度は、世界中のダイバーから折り紙つき。海底に自分の影が映るのがわかるほど、現実離れの海中世界に誰もが興奮すること間違いありません。

いかがでしたか。2019年11月29日(金)より新規就航するスカイマークの成田=サイパン線を紹介しました。スカイマークを利用して、サイパン旅行へでかけてみませんか。

■スカイマーク
・URL: https://www.skymark.co.jp/ja/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース