海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >アジア >インドネシア >ジャカルタ >【2021年11月 インドネシア 旅の最新事情】日常を取り戻しつつあるジャカルタの今を在住者がレポート

【2021年11月 インドネシア 旅の最新事情】日常を取り戻しつつあるジャカルタの今を在住者がレポート

2021年11月11日

活気を取り戻しつつあるジャカルタのオフィスビル群

2020年3月以降、厳しい社会・行動規制が敷かれていましたが、2021年10月にいよいよ緩和されモール、レストラン、オフィスの営業時間やキャパシティ制限も緩和となりました。2021年1月から開始されたワクチン接種は、インドネシア保健省によると10月20日時点で首都ジャカルタ特別州は99.4%(2回目)となりましたが、インドネシアは国土が広い群島諸国のため、地方でのワクチン接種はなかなか思うように進まず、全人口でいうと23%程度となっています。WFH(Work From Home)や厳しい行動規制で窮屈な生活をしていたジャカルタの人たちも、少しずつ日常を取り戻してきています。ジャカルタ在住16年の特派員が、ジャカルタおよび近郊の今の情報をお届けします!

Pedulilindungiアプリ

Pedulilindungiアプリの画面

ジャカルタで行動をするには、まずはこのアプリが必須です。モール、レストラン、オフィス、MRTなどでは必ずこのアプリを使い、入口にあるQRコードをスキャンしチェックインとチェックアウトを行う必要があります。QRコードでチェックインが許可されたという緑表示が出たところで、セキュリティにスマホの画面を見せます。ワクチンが2回終わっていない人やコロナに感染してから陰性証明をアップロードしていない人は、公共施設への出入りはできないという赤表示が出るため、入館・入室を断られることも(その他証明書の提示で許可されるケースもあり)。ただ、このアプリ自体にエラーが多く、完全運用可とは言えない段階なのですが、現状はこのアプリなしにはかなり行動に制限を受け不便な状況です。

このアプリで、ワクチン接種の予約、医療施設情報や旅行規制についてなども確認できるようになっています。以前はインドネシア語表示のみだったが最近は英語・日本語などにも対応。「QRコードを」というところから商業施設に入るためのチェックイン・アウトが必要で、チェックイン履歴のところで過去のチェックイン・アウトの記録も見られるようになっています。

アプリ内のワクチン証明書

ワクチン証明書に入ると、過去2回のワクチン証明書が表示されています。日本でワクチン接種した人は自動的にアプリには反映されないため、在インドネシア日本大使館に申請しワクチン証明書の認証依頼する必要があります。認証証明は最低でも7日必要。詳細は在インドネシア日本大使館のHPの情報を参照してください。
・URL: https://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase21_188.html

現在インドネシアへの入国には、2回のワクチン接種証明書は必須となっています。観光用の到着ビザはまだ発行再開されていませんが、旅行代理店等スポンサーでのビザを取得し、観光目的での入国も可能になりました。ただし、入国前のPCR(72時間以内)、入国後3日間の隔離があるため現実的ではなく、観光目的での入国はまだ本格化していません。

避暑地ボゴール・プンチャックの観光地

ヒツジやヤギ、ウサギなどに触れあうことができる

規制が緩和されたとはいえ、飛行機での海外・国内旅行は隔離やワクチン接種証明、PCRなどのハードルは若干あります。そのため、車で気軽に行けジャカルタから2~3時間にある
ファミリー向け屋外レジャー施設が、コロナ前に増して大人気になっています。ボゴールのプンチャックエリアは山麓で涼しく過ごしやすい気候でもあり、ジャカルタの人にとっての避暑地です。早朝にジャカルタを出発し日帰りも十分可能ですが、連休は週末は渋滞も予想されます。時間に余裕があれば、プンチャックエリアのホテルやヴィラに2~3日滞在して、いくつかの施設を楽しむのもおすすめです。

【チモリ・リバーサイド(Cimory Riverside)】

Cimory Riversideは週末だけでなく平日もジャカルタからの観光客でにぎわっています。もともと川沿いにあったレストランなのですが、川向う側に小規模な牧場コーナーを設置しファミリーやカップル向けに人気です。
動物に触れ、エサをあげたり、ポニーに乗ったりできるところも。川と山に囲まれ都会から来た人たちにとっての憩いの場となっています。入場料も1人約200円と安く、疲れたらCimoryのレストランで食事もでき1日楽しめます。近くにCimoryグループの牧場などもあり、まとめて訪れることも可能です。

■Cimory Riverside
・住所: Puncak Rd No.KM. 77 Leuwimalang, Cisarua, Bogor, West Java 16750
・アクセス:ジャカルタ市内から車で1時間半~2時間
・営業時間: 8:00~18:00(Cimoryのレストランは22:00まで)
・定休日: なし
・URL: https://cimory.com/hospitality.php 

クブンラヤ・チボダス公園では滝に癒やされる

【クブンラヤ・チボダス公園(Kebun Raya Cibodas)】

チモリリバーサイドから1時間ほどのエリアにはサファリパーク、乗馬施設、茶畑など見所はいろいろありますが、人が多すぎずゆっくりしたいという方にはクブンラヤ・チボダス公園がおすすめ。約85ヘクタールの広大な自然公園で、敷地内には自然の小川や滝もありピクニックやトレッキング、乗馬、草スキーなどもでき人気です。コロナ下でも安心して楽しめる野外レジャー施設のひとつ。公園内には食事をする場所は多くないため飲み物・お弁当を忘れずに持参。レジャーシートはその場で購入・レンタルも可。入園・入場料は1人300円です。

■Kebun Raya Cibodas
・住所:  Jl. Kebun Raya Cibodas, Sindangjaya, Kec. Cipanas Kabupaten Cianjur, Jawa Barat 43253
・アクセス: ジャカルタ市内から車で2時間~2時間半
・営業時間: 8:00~18:00
・定休日: なし
・URL: https://kebunraya.id/cibodas 

旅のバイブル「地球の歩き方」ガイドブック

『地球の歩き方 ガイドブック D25 インドネシア 2020~2021年版』

世界遺産「ボロブドゥール&プランバナン」、首都「ジャカルタ」、王宮の古都「ジョグジャカルタ」、コロニアル都市「スラバヤ」…。見どころ満載のジャワ島はじめ、バリ島、ロンボク島、スマトラ島、カリマンタンなど多彩な表情を持つインドネシアの魅力を網羅。絶景の撮影スポットから名物グルメ、おみやげ特集まで最強の1冊!

■地球の歩き方 ガイドブック D25 インドネシア 2020~2021年版
URL: https://hon.gakken.jp/book/2080135900

※当記事は、2021年11月7日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年11月7日現在、国によってはいまだ観光目的の渡航が難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、近い将来に旅したい場所として世界の観光記事を発信しています。渡航についての最新情報は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

≫≫≫(関連記事)各国の海外旅行最新事情はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック D25 インドネシア 2020年~2021年版

地球の歩き方 ガイドブック D25 インドネシア 2020年~2021年版

地球の歩き方編集室
定価:1,870円(税込)
発行年月: 2020年01月
判型/造本:A5変並製
頁数:512
ISBN:978-4-05-801359-5

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース