海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >アジア >台湾 >タイペイ(台北) >今年のGWはドコに行く? 滞在日数別おすすめの海外旅行先5選<4日以内編>

今年のGWはドコに行く? 滞在日数別おすすめの海外旅行先5選<4日以内編>

2018年03月31日

マカオの聖ポール天主堂跡

春の大型連休を控え、旅行の計画を立てている人は多いのではないでしょうか。2018年の春の大型連休では、5月1日(火)と2日(水)の2日間を休むと、最大9日間連続となる長期休暇を取ることができます。夢の膨らむ春の大型連休はドコで過ごしますか。本記事では、滞在日数別におすすめの海外旅行先を5つ紹介します。

3~4日間で海外旅行を楽しむには!?

済州(チェジュ)名物のシーフード鍋

2018年の春の大型連休は、海外旅行を楽しみましょう。平日の5月1日(火)と2日(水)の2日間が休めなくても、4月28日(土)~4月30日(月祝)の3日間、または、5月3日(木祝)~5月6日(日)の4日間で楽しめる海外旅行先を紹介します。

3~4日間で海外旅行を楽しむ秘訣は、日本から乗り換えなしで移動でき、かつフライト時間が短い都市を選ぶことです。可能なら、成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港のみならず、地方空港からも直行便が運行されている都市が狙い目です。

台北(台湾)〔3日以内〕

食べ歩きをしながらの街散策が楽しい台北

短い滞在期間、たとえば3日間でも充分に楽しめる海外旅行先といえば、何といっても台北(台湾)でしょう。台北(台湾)では、おしゃれなカフェや雑貨店をはじめ、新旧が入り混じった街並みをのんびりと散策するのがおすすめです。台湾グルメの食べ歩きや夜市の露店巡りでは、誰もが楽しいひとときを過ごせるでしょう。

済州(チェジュ)(韓国)〔3日以内〕

美しいビーチやダイナミックな自然に囲まれた済州(チェジュ)

済州(チェジュ)(韓国)は、日本からとても近く、時差もないため、短い滞在の旅行にはぴったりの観光都市です。韓国のハワイともいわれる済州(チェジュ)は、美しいビーチやダイナミックな自然が楽しめるリゾート地です。ゴルフ場、カジノなどの娯楽施設も豊富で、朝から晩まで一日中楽しく過ごすことができます。

マカオ(中国)〔3日以内〕

カジュアルな格好でも入場できるカジノの街、マカオ

マカオ(中国)は、カジュアルな格好でも入場できるカジノが有名です。マカオ(中国)のカジノなら、初心者の方でも肩ひじ張らずにリラックスして本格的なカジノを楽しむことができます。また、世界文化遺産に登録されている、西洋と東洋の歴史と文化が融合した街並みは、そぞろ歩きにもぴったりです。

シンガポール〔4日以内〕

東京都23区よりも少しだけ大きいシンガポール

シンガポールは、東京都23区よりも少しだけ(約1.15倍)大きな国です。そのため、少ない滞在日数でもたくさんの観光スポットを短時間で巡ることができます。超豪華ホテル、マリーナベイサウンズの正面では毎日噴水ショーが行われていたり、夜だけ開園するナイトサファリがあったりと見どころが満載です。

ダナン(ベトナム)〔4日以内〕

ビーチバカンスでのんびりできるダナン

ダナン(ベトナム)は、ベトナムの中部に位置する、ハノイ、ホーチミンに次ぐベトナム第3の都市です。日本からの直行便就航により、一躍、「安近短」旅行の主役に躍り出たといってもよいでしょう。ダナン(ベトナム)では、ビーチバカンスと古都の街歩きといったふたつの旅が味わえます。

<番外編>ハバロフスク(ロシア)〔4日以内〕

もっとも日本に近いヨーロッパのひとつハバロフスク

ハバロフスク(ロシア)は、成田国際空港からわずか3時間足らずで行ける、限りなく日本に近いヨーロッパのひとつです。ハバロフスク(ロシア)は、ロシア正教会の影響を強く受けており、市内各所で極東ヨーロッパの雰囲気を感じることができます。また、シベリア鉄道の重要拠点にもなっており、バックパッカー憧れのシベリア鉄道旅行も楽しめます。

いかがでしたか。短い滞在日数でも楽しめる海外旅行先を5つ紹介しました。今度の春の大型連休の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事