海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >アジア >タイ >バンコク >おいしい、かわいい、癒やし!いいとこどりハッピープラン(タイ・バンコク)

おいしい、かわいい、癒やし!いいとこどりハッピープラン(タイ・バンコク)

2018年01月30日

タイ・バンコク、24時間でここまでできる!

 刺激と癒やしが混在する「ほほえみの国」。寺院巡りやタイマッサージ、さらにはニューハーフショーまで、タイならではの体験がてんこ盛りです。グルメは辛ウマタイ料理で決まりっ!

~タイ(バンコク)で24時間でここまで出来るタイムテーブル~
●8:30:有名寺院3ヵ所回ってパワーチャージ
●13:00:サヤーム・スクエア周辺を街歩き
●16:00:タイ古式マッサージを体験
●19:00:タイスキの名店で豪華ディナー
●20:00:最旬スポットで買い物&ニューハーフショー

■quick info:
●時差:日本より2時間遅れ。
●ビザ:観光目的で、入国後30日以内に出国する航空便が予約済みの場合、不要。
●気候:1年を通して平均気温30℃を超える熱帯の国。雨季(5月中旬~10月中旬)、乾季(10月中旬~2月中旬)、暑季(2月中旬~5月中旬)の3つに分けられる。
●ベストシーズン:雨の少ない10月中旬~2月中旬がベスト。天気もよく、比較的過ごしやすい。

8:30~13:00 有名寺院3ヵ所回ってパワーチャージ

バンコクでも一番の格式を誇るワット・プラケオ
キラキラの像が建物を彩る

 仏教の国・タイで信仰を集める寺院を回って、神秘のパワーを集めましょう!バンコクには数多くの寺院があり、なかでもチャオプラヤー川のそばにあるワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンの三大寺院は、バンコクを代表する観光名所です。 カラフルなモザイクタイルの仏塔や仏像が並ぶワット・プラケオ&ワット・ポーを見学したら、渡し船でワット・アルンへ。

■ワット・プラケオ Wat Phra Kaeo
・住所: 2 Na Phra Lan Rd.

全長46mの巨大な涅槃仏像で有名なワット・ポー

■ワット・ポー Wat Pho
・住所: 2 Sanam Chai Rd.
・URL: http://www.watpho.com

暁の寺院の異名をもつワット・アルン

■ワット・アルン Wat Arun
・住所: 34 Arun Amarin Rd.

13:00~16:00 バンコクの渋谷・サヤーム・スクエア周辺を街歩き

近代名なショッピングセンターのサヤーム・センター

 BTS駅前に巨大ショッピングセンターが並ぶサヤーム・スクエアは、バンコクの若者が集まる流行発信地です。 ショッピングやグルメスポットも多く、楽しみには事欠かきません。まずはショッピングセンター内のフードコートでさくっとランチを取ったら、ショッピングセンターをはしご。タイを代表するシルクの名店「ジム・トンプソンの家」にも足を伸ばしてみてください。

■サヤーム・センター Siam Center
・住所: 979 Rama 1 Rd.

タイの伝統料理、カオマンガイは、フードコートの人気メニュー

■MBKフードアイランド MBK Food Island
・住所: 6F MBK Center 444 Phaya Thai Rd.

ジム・トンプソンの家はガイドツアーで見学可能
併設のショップでタイシルクの逸品を手に入れよう

■ジム・トンプソンの家 The Jim Thompson House
・住所: 6 Soi Kasem San 2, Rama 1 Rd.
・URL: http://www.jimthompsonhouse.com

16:00~19:00 タイ古式マッサージを体験

マッサージ中は痛いが、終われば体が軽くなる!

 観光&ショッピングでへとへとになったら、タイ式マッサージでリフレッシュ! 「アジア・ハーブ・アソシエイション」では、伝統的なマッサージと一緒に、ハーブを包んだ布のボールを“気”の通り道に押し当てるハーバルボールも体験できます。日本人経営なのも安心です。癒やし効果抜群の施術で疲れも癒えたら、ディナー&夜遊びへいざ出発です。

ハーブの香りに包まれ、リラックス
ハーブの効能を実感できる
日本語で予約できるのもうれしい

■アジアハーブアソシエイション Asia Herb Association
・住所: 58/19-24 soi 55 Sukhumvit Rd.
・URL: http://www.asiaherbassociation.com

19:00~20:00 タイスキの名店で豪華ディナー

タレは自分の好みの味にしよう
無農薬野菜や化学調味料不使用の絶品タイスキ
ぐつぐつと煮立ったら完成
見た目も鮮やかなグリーン麺

 ダシの効いたスープに、シーフードや野菜、肉などをたっぷり入れるタイスキは、絶対食べたいタイグルメです。スパイシーなタレにつけて食べれば、虜になること間違いなし! 人気のタイスキチェーンMKの高級版にあたる「エム・ケー・ゴールド」では、素材にこだわったハイグレードのタイスキを味わえます。鍋のシメは、サッパリしたグリーン麺で決まりです。

■エム・ケー・ゴールド MK Gold
・住所: 5/3 Soi 63(Ekkamai), Sukhumvit Rd.
・URL: http://www.mkrestaurant.com

20:00~ アジアティック・ザ・リバーフロントでショッピング&ニューハーフショー

たくさんのダンサーが踊る様子は圧巻

 チャオプラヤー川沿いに2012年にオープンしたアジアティック・ザ・リバーフロントは、レストランからショップ、エンタメ施設まで揃うおしゃれなナイトマーケットです。まずは、老舗キャバレーのカリプソ・キャバレーのニューハーフショーで大興奮! ショーの後はお買い物。 ほとんどの店は17:00~23:00オープンのため、ショーのあとでも買い物が楽しめます。

元男性とは思えないほど美しい
タイならではのプチプラグッズが満載
セレクトショップや雑貨店なども入っている

■アジアティック・ザ・リバーフロント Asiatique The Riverfront
・住所: 2194 Charoen Krung Rd.
・URL: http://www.asiatiquethailand.com


■カリプソ・キャバレー Calypso Cabaret
・住所: Warehouse 3, Asiatique The Riverfront
・URL: http://www.calypsocabaret.com


写真:グルーポ・ピコ

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事