海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >アジア >タイ >バンコク >【2021年8月 タイ・バンコク 旅の最新事情】スクンビット地区にある“駅近”の公園とその魅力

【2021年8月 タイ・バンコク 旅の最新事情】スクンビット地区にある“駅近”の公園とその魅力

2021年08月23日

スクンビット地区にあるベンチャシリ公園

タイ・バンコクのスクンビット地区(スクンビット地区という行政区分はありませんが、一般的に、BTSアソーク駅~エカマイ駅周辺エリアのことを指します)にあるふたつの公共公園を紹介します。

プロンポン駅近くに位置するベンチャシリ公園の魅力

ベンチャシリ公園入口

1992年8月、シリキット王太后の還暦を祝して開園したベンチャシリ公園。多くの日本人在住者が暮らすBTS(バンコク・スカイトレイン)プロンポン駅を出てすぐの所にあり、アクセス抜群です。

ベンチャシリ公園園内奥

広さは11.6エーカー (4.7 ha)。日本で身近な住区基幹公園に比べると、広く感じると思いますが、タイ・バンコク都内にある公共公園のなかでは比較的規模が小さく、園内の草花等を見ながら1時間もあれば、散策できる公園です。

ベンチャシリ公園園内の売店

公園内の運動器具を使用しての筋肉トレーニングやバスケットボール、バレーボール目的で来る人もいます。園内には売店があり、水分補給もしやすいです。

ベンチャシリ公園の遊具(遊具は2ヵ所あり)

1歳児から利用できる遊具がありますので、子どもの遊び場としても人気があります。シャボン玉を飛ばして遊んだり、動植物を探したり……屋外ならではの遊びを楽しむ親子の姿も見られます。お昼寝やピクニックをして、長居する人もいます。
池もありますので、毎年11月頃に開催されるタイの伝統行事「ローイクラトン祭り(灯篭流し)」が開催される会場にもなり、開催日には、非常にたくさんの人が集まります。

ベンチャシリ公園内の地図と園内の禁止事項を記した看板

酒類の持ち込みや喫煙、ゴミのポイ捨て、盲導犬以外の飼い犬の散歩は、常時禁止されています。園内では、植物の手入れやゴミ掃除等をする人もいますので、美しく維持・管理されています。

■ベンチャシリ公園(英語表記:Benchasiri Park、タイ語表記:อุทยานเบญจสิริまたはสวนเบญจสิริ)
・住所: Sukhumvit road (between soi 22 and 24), Klongtan Klongtoei, Bangkok, 10110, Thailand
・アクセス: BTSプロンポン駅6番出口から徒歩すぐ。ショッピングモール「エンポリアム」の隣(アソーク駅側)。
・開園時間: 5:00~21:00(新型コロナウイルス感染症対策等により、閉園時間が早まる場合あり)
・定休日: 無(新型コロナウイルス感染症対策により閉鎖あり)

アソーク駅から徒歩10分!のベンジャキティ公園

ベンジャキティ公園入口

シリキット王太后の72歳の誕生日を祝して、2004年12月に公式に開園されたベンジャキティ公園。最寄り駅から5分以上歩かなくてはならないものの、BTSの駅からもMRTの駅からも徒歩圏内にあり、駐車場もありますので、便利な立地にあるといえるでしょう。
広さは52 エーカー (21 ha)といわれていますが、2006年から2022年にかけて敷地が拡張され、大規模な緑化計画が進行中です。今後の緑化がとても楽しみな公園です。

ベンジャキティ公園内の禁止事項を記した看板

公園の中央には、ボート乗り場(現在、ボートは撤去中)もある幅200m×800mの池があります。
2019年頃までは、同池内の生物(亀等)への餌やりができるスペースがあり、タイ人の間では人気でした。魚釣り等は禁止されています。

最近、設置された手すりのあるエリア(以前は、亀等への餌やり場)

現在、手すりが設けられ、餌やりができなくなったように感じます。柵の設置により、池への落下の心配が減り、安心感は増したのではないかと感じます。

ベンジャキティ公園内から撮影したバンコクの夜景

また、池にはアソーク周辺の商業ビル等が映り込み、夜景撮影スポットのひとつでもあります。
池がありますので、ローイクラトン祭りの会場イベントのひとつにもなっています。

ベンジャキティ公園のウオーキングロード(左側)とランニングロード(右側)

新型コロナウイルス感染症対策による規制がなかった頃、涼しい時間帯に行くと、散歩やランニング、サイクリングしている人のほか、太極拳、エアロビクス、ヨガ等のイベントを開催している団体もよく散見しました。

ベンジャキティ公園のサイクリングロードの様子

ウオーキングやランニングに加えて、サイクリングロードもあるのがベンジャキティ公園の特徴です。(現在レンタル自転車は撤去中)。サイクリングロードでは猛スピードで走ってくる自転車がいますので、うっかりサイクリングロードを歩かないようにくれぐれも気をつけましょう。

■ベンジャキティ公園(英語表記:Benjakitti Park、タイ語表記:สวนเบญจกิติ)
・住所: Ratchadapisek road (between Rama IV road and Sukhumvit road), Khwaeng Khlong Toei, Khet Khlong Toei, Bangkok, 10110, Thailand
・アクセス: MRT(地下鉄)クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅から徒歩約6分、MRTスクンビット駅から徒歩約14分、BTSアソーク駅から徒歩約10分。※ベンジャキティ公園への入口は、ラチャダピセーク通りにある入口とスクンビット・ソイ10の通りにある入口(公園の西側)があります。スクンビット・ソイ10の通りは2020年2月から一時的に閉鎖されています。
・開園時間: 5:00~21:00(新型コロナウイルス感染症対策等により、閉園時間が早まる場合あり)
・定休日: 無(新型コロナウイルス感染症対策により閉鎖あり)

ベンジャキティ公園とルンピニー公園をつなぐ遊歩道「バンコク・グリーンブリッジ」

バンコク・グリーンブリッジの一風景

スクンビット・ソイ10とつながるベンジャキティ公園北西側(第2駐車場近く)からルンピニー公園北東側(ウィッタユ通りとサラシン通りの交差点)まで約1.3km続く「バンコク・グリーンブリッジ(Bangkok Green bridge、สะพานเขียวหน้าสวนลุม)」と呼ばれる遊歩道(車は通行不可)があります。バンコク都庁は、2億6000万バーツをかけて、この遊歩道のリノベーションも推進しています。

バンコク・グリーンブリッジは、Google map上では、「Lumphini-Benjakitti Park Green Mile」として、ベンジャキティ公園北西側とルンピニー公園北東側を細い緑色で表示されています(2021年8月17日時点)。

バンコク・グリーンブリッジは、途中、数ヵ所階段があるものの、信号もなく、凹凸もないので歩きやすい遊歩道になっており、ウオーキングロードやランニングロード、サイクリングロードとして利用されています。写真撮影スポットとして人が集まっているときもあります。今後、リノベーションが進むにつれて、より一層魅力的な遊歩道になるでしょう。

ウィッタユ通りとサラシン通りの交差点に位置する歩道橋

ベンジャキティ公園とルンピニー公園は完全につながっているわけではありません。ベンジャキティ公園からルンピニー公園方面へ向かって、バンコク・グリーンブリッジを歩いていくと、ウィッタユ通りという大通りとサラシン通りの交差点にある歩道橋にたどり着きます。そこで、左折し(ウィッタユ通りへ進み)、階段を降りると、右手にルンピニー公園入口があります。

ルンピニー公園入口(ウィッタユ通り沿い)

2021年8月時点では、スクンビット・ソイ10の通りが途中で閉鎖しているため、ベンジャキティ公園側からルンピニー公園側へ向かっていくことはできませんが、ルンピニー公園側からベンジャキティ公園のスクンビット・ソイ10側の入口近くまで来ることは可能なので、MRTルンピニー駅近くで滞在される方で、屋外でウォーキングされたい方には、おすすめの遊歩道だと感じます。途中で、右側や左側に抜けられる階段もあり、遊歩道から抜け出すことも可能です。
2021年8月、新型コロナウイルス感染症対策の一環でバンコク都内の公園が閉鎖している間、健康や体力維持のため、バンコク・グリーンブリッジでウオーキングしている人は少なくありません。

以上、バンコク都内スクンビット地区にある、ふたつの公共公園と遊歩道を紹介しました。
バンコク都内の公共公園は、新型コロナウイルス感染症対策の一環で、2021年4月26日~6月13日、2021年7月23日~8月末の期間、閉鎖中です。9月以降開園になるか未定ですが、再び開園となった際、公園へ出かけてみるのはいかがでしょうか。(ただし、タイ・バンコクでは、新型コロナウイルス感染症対策の一環で、公園開園中であっても、園内の遊具や運動器具、イスが利用できず、2歳以上の人は全員マスク着用でのウオーキングとランニングしかできない場合がありますので、ご注意ください)。

旅のバイブル「地球の歩き方」ガイドブック

地球の歩き方 ガイドブック D18 バンコク 2021年~2022年版

やっぱりタイはおもしろい! バンコクで絶対やりたい15のことをピックアップ。必食グルメに買い物、インスタ画像もゲットできる最旬プランから、大ブームのナイトマーケットにパワースポット、人気エリアのディープな町歩きまで、いまのタイを体感できる最強ガイドです。スパ&マッサージ、おみやげの最新情報も満載!

■地球の歩き方 ガイドブック D18 バンコク 2021年~2022年版
URL: https://hon.gakken.jp/book/2080135200


※当記事は、2021年7月17日~8月20日現在のものです。冒頭の写真及び夜景の写真は、この期間以前に撮影したものです。

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年8月20日現在、ほとんどの国において観光目的の入国は難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、来たるアフターコロナの旅行再開に備え、世界のさまざまな国と地域の現況について発信しています。渡航の可否や条件等については、下記などを参考に、必ずご自身のほうでもご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

≫≫≫(関連記事)各国の海外旅行最新事情はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック D18 バンコク 2021年~2022年版

地球の歩き方 ガイドブック D18 バンコク 2021年~2022年版

地球の歩き方編集室
定価:1,760円(税込)
発行年月: 2020年08月
判型/造本:A5変並製
頁数:386
ISBN:978-4-05-801352-6

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース