海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >ヨーロッパ >オーストリア >ウィーン >【2021年8月 オーストリア・ウィーン 旅の最新事情】大人も子供も夏休み!活気が戻るウィーン旧市街の目抜き通り「ケルントナー通り」を在住者がレポート

【2021年8月 オーストリア・ウィーン 旅の最新事情】大人も子供も夏休み!活気が戻るウィーン旧市街の目抜き通り「ケルントナー通り」を在住者がレポート

2021年08月06日

にぎわいを見せるウィーンのシンボル「シュテファン寺院」前の広場

夏真っ盛りのウィーン市内では、地元オーストリア人よりも観光客の姿が目立つようになってきました。現在までに、オーストリアでは少なくとも一度のワクチン接種率が国民の67.35%、そして59.77%が既に必要回数のワクチン接種を完了しています。7月1日から、ウィーンでは指定の場(飲食店、身体接触のあるサービス施設、宿泊施設、レジャー施設等)にて3-Gルール「geimpft接種済み」「getestetテスト済み」「genesen回復済み」が適用されています。飲食店や上記施設の利用時には、3-Gを証明する「陰性証明書」、「接種証明書」、「抗体証明書」のいずれかを提示する義務が6歳以上に課せられています。現在は、病院等の医療施設を除いては、立体型のFFP2マスクの着用は絶対ではなくなり、以前のように不織布マスクや布マスクも許可されています。しかしながら、マスクの苦手なオーストリア人は、基本的に着用義務のある場所以外ではノーマスク。ソーシャルディスタンスを取る義務もなくなり、コロナ禍を忘れさせるほどの活気が戻るウィーンに在住の筆者が、ケルントナー通りの現在の様子をお伝えします。

本当にコロナ禍!?活気あふれる真夏のショッピングストリート

スワロフスキーも本店を構えるケルントナー通り

去年は商店や飲食店の休業が続き、閑散としていたウィーン旧市街の目抜き通りケルントナー通りは、今夏は活気であふれています。特に夏休み期間中の現在は家族連れの観光客が目立ち、ガイドブックやカメラ、夏の風物詩であるジェラートを片手に街歩きを楽しむ姿が見られます。

営業時間制限がなくなり、深夜営業を再開する店舗も。右はお洒落な外観のカジノウィーン

ウィーンでは数ヵ月に渡るロックダウンが解除された後も、商店や飲食店、そしてサービス施設の営業時間は限られていました。現在では営業時間の制限がなくなり、夜もにぎやかな夏の再来に、ウィーンでは皆喜びを噛みしめています。

左はホテルザッハーのカフェ「Sacher Eck(ザッハー・エック)」のテラス席

いつもの観光シーズンに比べるともちろん少ないですが、宿泊施設や飲食店を利用する人は徐々に増える傾向にあります。名物だったカフェザッハー入り口の行列はまだ見られませんが、テラス席でザッハートルテに舌鼓を打つ人の姿が少しずつ戻ってきています。ホテル及びカフェ利用時にも3-Gルールが適用されるため、証明書をお忘れなく。また、利用時には個人情報の登録が義務付けられています。多くの場合はQRコードを読み取って簡単に登録することができます。

この夏は思う存分ショッピング!にぎわいを見せる商店

モーツァルトが再び観光客を引き寄せる、みやげ物店

長らく休業を強いられていたみやげ物店も徐々に再開し始め、今ではウィーン観光の思い出の品を探し求める旅行者であふれています。店内でのマスク着用義務はありますが、FFP2マスクに限られなくなったため、以前のようにユニークな柄の布マスクにお目にかかれます。

地元民はセール品を求めてショッピング

今の時期はウィーン市内のいたるところでサマーセールが開催されているため、お値打ち品を求める地元民もマスクを着けてショッピングに夢中です。

美しい歩行者天国グラーベンでも観光&ショッピング

高級ブランドショップが軒を連ねるグラーベンも、とてもにぎわっています。立ち止まって写真撮影に夢中になる人、両手いっぱいに紙袋を下げて次のショップへと足を運ぶ人等、長らく見られなかった光景にコロナ収束を期待する人たちも。

その他の観光情報

ウィーン名物の馬車「Fiaker(フィアカー)」も活動再開

ウィーン1区の旧市街が一斉ににぎわいを見せ、それと同時に観光産業も再び活性化。シュテファン広場の名物フィアカーやリキシャにも人が集まり、数年前と同じ夏の風景がコロナ禍を忘れさせます。

残念ながら外観が一部覆われているウィーン国立歌劇場では、現在オペラはお休み

8月のウィーン国立歌劇場はシーズンオフとなっているためオペラの公演がありません。シートで覆われている位置にあり、コロナ禍で、去年末に30年の歴史に幕を下ろさざるを得なくなったアルカディアオペラショップは現在改修工事中。

地下鉄やバス、そして路面電車内でのマスク着用義務はこの先も

地元民も観光客も利用頻度の多い公共交通機関内でも、FFP2マスクに限定されることがなくなりましたが、いずれかのマスクは必ず着用しなければなりません。とは言え日本と違い、マスクに不慣れなオーストリア人やヨーロッパの人々は、文字通り公共交通機関内のみマスク着用。乗車直前にマスクを着け、下車すると同時に外す人がほとんどです。

アフターコロナという新時代に向けて、ライフスタイルやビジネスモデルをいかに進化させるかという課題に、世界中が取り組まなくてはいけないこのご時世。でもとりあえず今はあまり深く考えずに、ルールを守りながら大好きな夏をいかに有意義に過ごすかがオーストリア人の課題です。

≫≫≫(関連記事)コロナ禍のいまだから欠かせない!ウィーン生まれの石鹸で毎日清潔に!の記事はこちら

※当記事は、2021年8月5日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年8月5日現在、ほとんどの国において観光目的の入国は難しい状況です。『地球
の歩き方 ニュース&レポート』では、来たるアフターコロナの旅行再開に備え、世界のさ
まざまな国と地域の現況について発信しています。渡航の可否や条件等については、下
記などを参考に、必ずご自身のほうでもご確認ください。

◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック A17 ウィーンとオーストリア 2020年~2021年版

地球の歩き方 ガイドブック A17 ウィーンとオーストリア 2020年~2021年版

地球の歩き方編集室
定価:1,870円(税込)
発行年月: 2019年11月
判型/造本:A5変並製
頁数:400
ISBN:978-4-05-801282-6

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース