海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >ヨーロッパ >フランス >パリ >旅がもっとたのしくなる方法! In フランス編 

旅がもっとたのしくなる方法! In フランス編 

2019年06月18日

フランスのデパート「ギャラリー・ラファイエット」のマカロンづくりワークショップに参加!
フランス語で話しかけたら、先生がとても喜んでくれた♪

「語学ができれば、旅がもっとたのしくなる♪」は本当だった! 2018年からKUMONでフランス語の通信学習にトライしている、出版社でフランス担当の今井さん。継続1年を記念して、学習成果を確かめるためフランスへ旅立ちました! 中学生の時に、初めて訪れたパリ。「フランス語ができれば、もっと旅が楽しめるはず……!」と、何度も思いました。KUMONでフランス語を学習している、今回の旅は違います! 1年間、KUMONで培った学習能力「読む・聞く・話す・書く」をフルに活用して旅したパリはいかなるものか? 今井さんが行くパリ旅をレポートします。

【仏語が「読めた」】スイスイ読めちゃうから買い物や注文が楽しい!

フランス語の看板がたくさんある「パッサージュ・デ・パノラマ」。

まずは、オペラ地区にあるパリ最古のアーケード街「パッサージュ・デ・パノラマ」へ。パリの切手商が集まる一画は、今ではおしゃれなショップやレストランが並ぶ通りに変わり、ウィンドウショッピングをするのにぴったりの場所。どこを見ても看板やメニュー黒板が多いけれど、以前来たときよりわかる単語が確実に増えた気がする!

パッケージに書かれたフランス語もスイスイ読める!

次に向かったのは、オペラ地区を代表する老舗デパート「ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン」。ここのおみやげフロアは、迷って悩んじゃうほどたくさんのおみやげ品が揃っています。今まではパケ買いしていたチョコレートも、フレーバーの単語がわかるから自分や友人好みの商品を選べました。単語がわかるだけでも買い物の自由度が格段にUP!

念願だったレストランバス「Bustronome(バストロノーム)」で観光&グルメを堪能。

ショッピングのあとは、凱旋門から発着するバスレストラン「Bustronome(バストロノーム)」に乗車。エッフェル塔など主要な観光スポットを食事しながら回れるので、一度乗ってみたいと思っていました。メニューを渡されても、食材の単語がわかるから料理選びもスムーズ。旅行中、最も苦痛だった魔のメニュー選び時間が、楽しい時間に変わるとは驚きです!

【仏語が「聞けた」】ストライキの情報を街なかでキャッチできちゃった!

ストライキ情報を教えてくれたバスのスタッフさん。Merci♪

バスを降りるときに親切なスタッフさんが、ストライキの可能性を教えてくれました。フランス語で「grève(ストライキ)」と、しっかり聞き取ることができました!バスのスタッフさんの「Il y a des grève à la SNCF.」は、KUMONの教材で出てきたフレーズそのままです!パリは、デモやストライキが多いので、フランス語のリスニング力がもっとアップすれば、トラブル回避にも役立つんだなと実感するできごとでした。

【仏語が「話せた」】欲しいものを店員さんに伝えられるのってうれしい!

書店の店員さんに探している絵葉書の内容を伝えてみた。

KUMONの先生にパリからエアメールを送ってみようと思いつき、書店・雑貨店の「ブランタノス」へ。壁一面にたくさんの絵葉書が並ぶ店内に圧倒され、自力で探すには時間がもったいない気がしてきた。思い切ってフランス語で、「パリらしい、かわいい絵葉書はありますか?」と店員さんに尋ねてみると……。

親切にゆっくりフランス語で説明してくれる店員さん。そのやさしさに感謝。

「先生に感謝を伝えるなら、この絵葉書はどうかな?」と数枚選んでくれました。絵葉書になにが描かれているのかも、きちんとフランス語で説明してくれたので納得して買うことができました。本当に欲しいものを、会話を通じて買えるのって、こんなにうれしいことなんだ……!絵葉書探しを機に、店員さんと簡単な日常会話も楽しめて、思い出深いショッピングになりました!

【仏語が「書けた」】エアメールもスラスラ書けちゃう私ってスゴイ!

KUMONの先生宛てに、さっそくフランス語でエアメールを書いてみた。
パリの郵便局に初めて行きました。フランス語を学ばなければなかった体験かも。

KUMONは通信学習でも、担当の先生がついてくれます。担当の先生宛てに、さっそくフランス語でエアメールを書いてみました! KUMONで学ぶ前には、全くフランス語は書けなかったのに、1年間の学習の成果がここで発揮できるとは……。簡単なフレーズかもしれないけれど、学習継続を支えてくれた先生に感謝の気持ちが届きますように。

【実証】語学力があれば“やっぱり”海外旅行は楽しくなる!

「ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン」の美しいクーポールに再訪を誓う♪

KUMONでフランス語を1年間学んだ今井さんのパリ旅はいかがでしたか? 「読む・聞く・話す・書く」の4技能をバランスよく学べるKUMONだから、旅でもこの4技能をフル活用できていましたね。働きながら遊びながら隙間時間を見つけては、学習を続けてきた成果がパリでしっかり実証されました!

もちろん、1年間の学習だけではまだまだ足りません。「さらにKUMONを続けて、次回のパリ旅ではもっと冒険できるように頑張りたい!」と笑顔の今井さんでした。今井さんが、ドイツ語を学ぶ友人とともにKUMONの語学学習にトライした1年間を、下記のサイトで公開しています。ふたりの奮闘ぶりを要チェック!

▸1年間の体験レポート
http://pu.arukikata.co.jp/kumon_taikendan/index.html

▸旅がもっとたのしくなる方法! In ドイツ編 
https://news.arukikata.co.jp/column/travel-info/Europe/Germany/DUESSELDORF/146_506388_1558664901.html?w=146

写真/菊田真奈



お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 aruco magazine vol.2

地球の歩き方 aruco magazine vol.2

地球の歩き方編集室
定価:本体920円+税
発行年月: 2019年07月
頁数:144
ISBN:978-4-478-82377-4

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー